東京冒険紀行

東京に的を絞った冒険記。失われつつある追憶の風景・ワンダフルな建築物・愛しの公園キャラ・物語る廃墟・入りにくいけどイイ店・御馬鹿スポットから知られざるディープスポットまで...街で見つけた素晴らしいもの面白いものを独自の視点で紹介!!!

 
Category: 23区 > 港区  

オッサンタウンの怪獣たち 「怪獣酒場 新橋蒸留所」

おまっとさんでした。ようやく東京版の2018年の記事を開始します。
今年の1発目は、去年に続きグルメレポート的な記事で。

怪獣酒場新橋蒸留所01
こちら、2017年にオープンした「怪獣酒場 新橋蒸留所」。
ちなみに川崎市の川崎駅前に1号店があり、こちらは2号店にあたる。

怪獣酒場新橋蒸留所02
入り口にはジャミラの口があり、ヒーローに変身できる者ではないかの判別がある。

怪獣酒場新橋蒸留所03
この新橋蒸留所は、地下洞窟に造られた秘密の蒸溜所を酒場にしているというコンセプト。
怪獣コンセプトだが、なかなかオシャレな内装。

怪獣酒場新橋蒸留所04
店内中央には蒸溜釡が設置されている。
おや?誰か釜に乗ってるぞ。

怪獣酒場新橋蒸留所05
何と!ケムール人だ!
これは結構マニアックな怪獣セレクトではないか。

怪獣酒場新橋蒸留所06
3種のステンドグラスがあり、もちろん人気怪獣のデザインだ。

怪獣酒場新橋蒸留所07
よく見ると、至るところに怪獣デザインが隠れている。
ウルトラマン好き・怪獣好きは思わずニンマリ。

怪獣酒場新橋蒸留所08
ウルトラマン関係の、主に怪獣フィギュアのディスプレイ。
人気怪獣のみならず、マニアックな怪獣もいる。ギガスもいるし、ニセウルトラマンはあの独特の歩き方の感じが出てる!

怪獣酒場新橋蒸留所09
さて料理の紹介も。
「ウルトラマン 夕陽に死す ナックル星人ドリア襲来」

怪獣酒場新橋蒸留所10
「グドンも歓喜! 特製ツインテールカツサンド」

酒場とはいうものの、昼から営業している。
しかし、注意点が一つ。幼児連れや赤ちゃん連れも、昼間から容赦無くチャージ料一人500円を取られるようで。
ファミリー客も多く訪れそうな店だけに、幼児赤ちゃんのチャージ料は無しでもいいのでは?
個人的にはウルトラマンも怪獣も好きだし、店自体はコンセプト居酒屋として合格点です。
Category: 年末総括  

東京冒険紀行 2017年総括

いよいよ今年も終ります。今年も刺激の多い年でした。
色々キツイ事があっても、年の終わりに「今年もイイ年だった」と思えるように、日々頑張っちゃいたいものです。

パペルブルグ07
今年の冒険は、どこだこれ?って異空間にたくさん迷いこんだ。
八王子市の異空間珈琲店「パペルブルグ」。

港町架道橋02
港町架道橋」。

2017振返02
夜には一層色気が増す「イタリア公園」。

哲学堂公園05
ずっと気になっていた「哲学堂公園」にも行けた。

また今年は横丁記事が充実。
仕事が終わってから冒険に繰り出す事が増えたせいもあり、夜のイイ写真が沢山。
のんべい横丁22
渋谷の文化遺産、「のんべい横丁」。

柳小路06
中央線西荻窪の「柳小路」や、阿佐ヶ谷の「いちょう小路」。

2017振返03
果たして、もう一度見ることができるのだろうか立石の「呑んべ横丁」。

2017振返05
深夜の街の哀愁を写真にできるのは怪我の功名といえる。

2017振返04
去年に引き続き、今年もオフの日が少なく、冒険もかなりターゲットを絞って行かざるを得ない状況だった。
その分、昨今は写真に拘りが強くなった。
来年も限られた機会のなかで、色んな角度から本質に迫るような冒険をしたいものだ。
皆々様、良いお年を。
Category: 23区 > 葛飾区  

マイ・ラグジュアリーナイト 「呑んべ横丁」

突然ですが、ワタクシ職場が銀座です。
銀座25
銀座では、宵の口ともなりますと、それはもう賑わっておりまして。

銀座26
高級ブティックに入っていく人。沢山の買い物袋を抱える人。華やかな女を連れて歩く人。
それぞれに、思い思いのラグジュアリーな夜を過ごしているようで。

そんな夜ももちろん魅力はあるんでしょうが、ワタクシはそんな華やかな銀座から離れ。
下り電車に揺られながら、あえて帰路とは反対方面へ。

呑んべ横丁21
わざわざこんな暗く薄汚れた街の、
その路地裏へと溶け込む。

呑んべ横丁22

呑んべ横丁23
上弦の月夜に、誰とも知れぬ人の歌声。

呑んべ横丁24
銀座ですれ違う華やかな女は、
この街ではとんと見かけない。

呑んべ横丁25
煌びやかなネオンは?

呑んべ横丁26
クリスマス前の浮かれたムードは?

呑んべ横丁27
それらに飽きたワタクシは、
この汚れた、しかし愛すべき街角で、

呑んべ横丁28
一度自分を見つめなおしに、
訪れてみるのです。

呑んべ横丁29
これがワタクシにとっての、
そう、マイ・ラグジュアリーナイト。なのです。

今回はよりアーティスティック志向で撮ってみました。
そしていつもと違った趣向で文章を書いてみました。
以前にも昼バージョン夜バージョンとお届けした「呑んべ横丁」。それほどこの場所は気に入っている。
呑んべ横丁30
そんなこちらも所々で工事用フェンスが張られ、いよいよ再開発が間近に迫っている。
訪れるたびに現役店舗が減ってきているのも、これは気のせいではない。
立石の聖域は、間もなくその灯火が消えようとしている。
Category: 23区 > 板橋区  

ひょっこりトライアングル 「大山・三角地帯」

前回の「ハッピーロード大山」の一角。
大山三角地帯01
ラーメン屋とお茶屋の間に、奥へと続く小路がある。

大山三角地帯02
ここを入ると、闇市風情のエリアが現れる。

大山三角地帯03
商店街からの入り口は、どうやら2つあるようだ。

大山三角地帯04
そして奥へ行くにしたがって、奇妙に狭くなっていき、三角形のエリアを形成している。
特に名前は無いようなので、我々は三軒茶屋の三角地帯に習い、「大山・三角地帯」と呼ぶことにする。

大山三角地帯05
ここまで来ると、人同士がすれ違うのもやっとの道幅になっているのが分かる。
このエリアは完全に飲み屋街で、戦後のドサクサ感が漂う。

大山三角地帯06
一番細い路地部分で振り返ると、何とも俺好みな風情。

大山三角地帯07
ここで三角地帯は終わり。エリアの規模としては三軒茶屋に及ばないが、なかなかのレベルである。
それにしても、店の名前がいちいち渋茶ですなぁ。

大山三角地帯08
最後に線路からなの眺め。
大山駅のホームからも見えるそのエリアは、明らかに前時代の物であることが判別できる。
Category: 23区 > 板橋区  

幸せの激アツストリート 「ハッピーロード大山」

板橋区大山町。
ハッピーロード大山01
丁目の設定がない単独町名である。

ハッピーロード大山02
今回は南口にある「ハッピーロード大山」を紹介。
1977年(昭和52年)に2つの商店街が合併する形で誕生したこの商店街。常に多くの人々が行き交い、1日の通行人は2万人を超えるという。

ハッピーロード大山03
アーケードの延長は560m。
大山駅と川越街道を結んでいる。

ハッピーロード大山04
気になるのはパチンコ屋の多さ。

ハッピーロード大山05
ジョイフル三の輪」や「十条銀座」の様に、魅力的な総菜屋や純喫茶等を期待していたのだが。
大型パチンコ屋が幅を利かせた街並みは、我々にとっては陳腐で魅力を見いだせない。

ハッピーロード大山06
そんな中でもレトロ店舗は点在し、ホッと一安心。

ハッピーロード大山07
長らく商店街の歴史とともに歩んできたような店舗が、まだまだ残っている。

ハッピーロード大山08
これこれ。こういうのを期待していたのだ。
思ったよりチェーン店が多くて、ちょっと拍子抜けだったが。

ハッピーロード大山09
こちらが川越街道側の出口。
駅からだと、こっちが出口となる。

ハッピーロード大山10
筆記体のフォントやパステルカラーのイラストが80年代チックでいい。
02-2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

«   »

姉妹サイト
プロフィール

kshun10

Author:kshun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
300位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
111位
アクセスランキングを見る>>