東京冒険紀行

東京に的を絞った冒険記。失われつつある追憶の風景・ワンダフルな建築物・愛しの公園キャラ・物語る廃墟・入りにくいけどイイ店・御馬鹿スポットから知られざるディープスポットまで...街で見つけた素晴らしいもの面白いものを独自の視点で紹介!!!

 
Category: 23区 > 練馬区  

枯れてまた濃密なりし歓楽地 「北町楽天地」

東武練馬駅付近にある二つのディープな横丁。
前回の「北町アーケード」に続き、二つ目は前回よりもより濃密な横丁の冒険。

北町楽天地1
現役なのかもよく分からない小さな店舗に挟まれた小さな路地。
かつては入り口にアーチ型の看板があった「北町楽天地」が今回の舞台だ。

北町楽天地2
うっかり見逃してしまいそうな細い路地に、ハッと二度見してしまう光景が広がっている。

北町楽天地3
絵に描いたような昭和の呑み屋横丁という感じ。

北町楽天地4
郷愁を誘い、妖しさを漂わせ、まさに退廃のロマンチズム。

北町楽天地5
横丁には撤退した店舗もそのまま放置されているよう。
一見、店舗なのか民家なのかも分からないトコも。いや、店舗なんだろうけど。

北町楽天地6
まるで映画のセットのように、小さなエリアに密集するバラック建てに飛び出た看板。
しかしこの濃密な雰囲気は、やっぱり本物じゃないと出せない。

北町楽天地7
片側は横丁の裏側を確認できる裏路地がある。
トタンに覆われ見事なまでのオンボロ具合。

北町楽天地8
ノーマークだった東武練馬というマイナータウンに、こんな物凄い横丁が存在していたとは。
晩年ともいえるオンボロ横丁は、健気なまでに淡い光を放っている。
Category: 23区 > 練馬区  

練馬にもあったアーケード横丁 「北町アーケード」

今回我々が訪れたのは東武東上線の東武練馬駅。
かつて10年近く練馬区に住んでいた俺も、実は初めて降りた駅である。

北町アーケード01
その目的は、二つのディープな横丁を冒険するため。
一つ目の今回は、駅から少し歩いたところにある、気になるアーケード付き商店街。
そして公明党のポスターだらけの気になる入り口...。

北町アーケード02
その名も「北町アーケードショッピングセンター」。

北町アーケード03
昭和臭プンプンな電飾が何とも香ばしい。

北町アーケード04
誕生したのは1975年頃というから、闇市から発展したとかではないようだ。
アーケード内は小さい明かり取りのみで薄暗い。

北町アーケード05
少し進むとようやくアーケード内が見えてきた。
ディープな昭和の雰囲気が色濃く残っている。

北町アーケード06
手前には現役の中華料理屋とペットショップ。

北町アーケード07
通りの真ん中にウサギやハムスターの檻を置いていて下町的フリーダム。

北町アーケード08
特にディープなのが奥の方。
スナックばかりが固まっている一角である。

北町アーケード09
この辺りは夜になればまた味わい深いはずだ。

北町アーケード10
横丁はL字型になっていて、曲がるとすぐに反対側出口が見えてくる。
距離にすれば短いものだが、雰囲気あってなかなか凄いぞ、このアーケード横丁。

次回はよりディープな雰囲気を持つ「北町楽天地」へ。
Category: 23区 > 練馬区  

アットホームな純喫茶 「喫茶&食事 アン」

西武池袋線・大泉学園駅の駅前に、好感触な喫茶店がある。

喫茶&食事アン01
駅前ながら雑居ビルの2階のため目立たない喫茶店。
我々のような純喫茶好きじゃないと目が行きにくいかも。

喫茶&食事アン02
そんな我々のアンテナに引っかかったのが、こちらのメニューサンプル。
ザ・喫茶店なラインナップが嬉しい、こちらの「喫茶&食事 アン」である。

喫茶&食事アン03
ランチメニューが豊富で、しかも土日はラストまでという。

喫茶&食事アン04
階段はちょっと急で、なかなかいい雰囲気の照明が付いている。

喫茶&食事アン05
意外と広い店内は庶民的な雰囲気。
アメリカン・オールディーズが流れ、ゆったりと寛げる。

喫茶&食事アン06
複数の丸っこいロウソクを逆さにしたような、ユニークな照明。

喫茶&食事アン07

喫茶&食事アン08
また、店内の手作り感溢れるインテリアの数々も微笑ましい。

喫茶&食事アン09
喫茶店といえばマンガが置かれているイメージだったが、そういえば最近はこのテの本棚を置くところは少なくなっている。

喫茶&食事アン10
スッキリとしたアイスコーヒーで一服。

感じのいいママさんと、アットホームな雰囲気が好感度高い喫茶店。
そもそも喫茶店って寛げないとね。改めて思い出させてくれるような純喫茶である。
Category: 23区 > 練馬区  

23区で唯一の牧場 「小泉牧場」

練馬区大泉学園町。
ここに23区で唯一、現役の牧場がある。

小泉牧場1
西武池袋線「大泉学園駅」から徒歩10分弱、白子川沿いに牧場はある。
住宅地から牧場特有のニオイが漂いはじめ、やがて牛舎が見えてくる。

小泉牧場2
こちらが創業昭和10年という「小泉牧場」。
23区の住宅地に突如現れる牧場。

小泉牧場3
この飼育タンクがまたインパクト大。
最盛期には区内だけでも数十箇所あった牧場も、現在では23区最後の1箇所となった。

小泉牧場4
牛舎の中にはもちろん...

小泉牧場5
牛だ!

小泉牧場6
なんと23区に牛が飼育されているぞ!

小泉牧場7
こちらは赤ちゃん牛舎と、手前には出産間近という雌牛。

小泉牧場8
「こっちは昨日生まれたばかり」「こっちのは黒毛和牛とのハーフで、来週出荷予定です」。2代目ご主人が、カワイイ子牛を前に説明してくれた。
可哀想だとか、そんな感情を抱いていたら商売できないもんね。

こちらでは、とれた牛乳で作ったアイスクリームを購入する事ができる。
ミルク・ソルト・ココアの3種で、350円とちと高いがやっぱり旨いです。
Category: 23区 > 練馬区  

ジャパンアニメーション発祥の地 「大泉学園駅」

大泉学園駅1
練馬区にある西武池袋線の駅「大泉学園駅」。
昨今再開発で目まぐるしく進化している同駅周辺。今回は、駅に出現した街キャラ・アニメネタを紹介。

大泉学園駅3
つい最近ペレストリアンデッキ上に出現した、超有名なキャラクター達や作品群。
彼らは全て練馬区ゆかりの作品なのである。

大泉学園駅2
1958年、日本初の劇場用長編アニメ「白蛇伝」(写真一番左のアニメ)は、ここ大泉の地で製作された。
以降、練馬区内のスタジオから数々の名作アニメが世に送り出された。

大泉学園駅4
それではこちらの住人たちを紹介。有名すぎるキャラ達なので紹介の必要もないくらいだが。
まずは日本のロボット開発の原点ともいえる名作「鉄腕アトム」のアトム。

大泉学園駅5
続いて「銀河鉄道999」の鉄郎とメーテル。作者の松本零士氏は大泉学園在住。
ちなみに同駅は発車メロディに「銀河鉄道999」を採用している。所謂「音鉄(鉄ちゃんの中でも音に興奮するコアなファン)」の人々も、この駅の発車メロディは要チェックだ。

大泉学園駅6
「あしたのジョー」の矢吹丈。
何かと冒険紀行に登場するジョー。ふるさと山谷の「いろは商店街」は、実に当ブログ向きの商店街である。

大泉学園駅7
伝説のラブコメディー「うる星やつら」のラムちゃん。
「ダーリン」「~だっちゃ」等のラムちゃん語は、今もなお男たちを萌えさせる。
ファンの方、くれぐれもこちらのラムちゃんをお持ち帰りしないように!

大泉学園駅8
世代によって夢中になった作品は違えど、誰もが一度はハマったはずのアニメ。
日本が誇るアニメ文化にとって、大泉学園は聖地の一つなのである。
07-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

«   »

姉妹サイト
プロフィール

kshun10

Author:kshun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
521位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
195位
アクセスランキングを見る>>