東京冒険紀行

東京に的を絞った冒険記。失われつつある追憶の風景・ワンダフルな建築物・愛しの公園キャラ・物語る廃墟・入りにくいけどイイ店・御馬鹿スポットから知られざるディープスポットまで...街で見つけた素晴らしいもの面白いものを独自の視点で紹介!!!

 
Category: 23区 > 中央区  

失われた風景? 「数寄屋橋公園」

街の風景は移り変わりが早い。都内では尚の事だが、目まぐるしく変わりゆく風景の中で、失われ忘れ去られる風景。
特に目覚しく風景が変わる街の一つ、銀座。

数寄屋橋公園1
銀座と有楽町を結ぶ数寄屋橋交差点には、お馴染の風景が見られる一方で、

数寄屋橋公園2
斜向かいには新スポット「東急プラザ銀座」が登場し、目立つ建物で早速新しい人の流れを作っている。

数寄屋橋公園3
すぐ横の「数寄屋橋公園」が新しくなっている事に、この日初めて気付いた。
それはいいが、あるべき物が無くなっている!

岡本太郎作の「若い時計台」だ!
まさか、撤去されてしまったのか!

数寄屋橋公園4
よく見ると後方の、公園の端っこにそれらしき姿が。

数寄屋橋公園5
よかった。セットバックされただけだったのか。
そのせいで後ろの「泰明小学校」とのコラボ写真が撮れるようになった。

数寄屋橋公園6
個人的な話になるが、この時計台。かつて付近で働いていた時期に、休憩時間に毎日のように缶コーヒーを飲みながら時計台の足元で休息していた思い出がある。
仕事の息抜きに訪れ、今思うとまるで時計台にグチを聴いて貰ってたような感覚だった。

時計台が無くなったら寂しかったな。キミがいて良かったよ。
Category: 23区 > 中央区  

宵闇の地下に潜みし酔いどれ酒場 「バー・ルパン」

バールパン1
今回の「魅惑の銀座・夜シリーズ」は、銀座5丁目の路地裏。
「ニュー鳥ぎん」へと続く路地にある店。

バールパン2
そう、こちら銀座の有名店「バー・ルパン」である。

バールパン3
かつて文藝春秋の本社横だったこともあり、太宰治や永井荷風など多くの文豪がひいきにした伝説的な店である。

バールパン4
店は地下にあり、入り口ドアを開けるといきなり階段が現れる。
今や超有名店ではあるが、この地下に降りるというアプローチが、隠れ家という気分を盛り上げてくれる。

バールパン5
地下へと続く階段をゆっくり下りていくと、そこに絵に描いたようなロマンティックなバーが姿を見せる。

バールパン6

バールパン7
店内にはバーカウンターで寛ぐ太宰治のポートレイトが飾られている。

さすが銀座を代表するバー。抜群の雰囲気を持っている。
Category: 23区 > 中央区  

銀座に残る花街の香り 「銀座8丁目の路地 夜編」

銀座8丁目の路地11
前編に引き続き、「銀座8丁目の路地」。
かつて江戸時代に能の名門・金春家の屋敷があった銀座8丁目のこの界隈。
後に花街へと発展した、その名残を探して夜の街へ。

銀座8丁目の路地12
こちら「金春小路」は、煉瓦街時代の路地に戦後に出来た路地が加わったT字型の路地である。

銀座8丁目の路地13
「金春小路」から続く路地、バーの赤い壁がアダルトな雰囲気を放つ。

銀座8丁目の路地14
路地裏にこんなキャラを発見。

銀座8丁目の路地15
銀座ウォータービルは、ライトアップされた壁に水のカーテン。
ウォータービルの名の通りの建物通路には、夜の蝶が行き交う。

銀座8丁目の路地16
路地の突き当りには木造3階建ての焼き鳥店。
路地裏のこんな店にも、どことなく銀座らしい気品が漂う。

銀座8丁目の路地17
焼き鳥店から路地を覘くと、狭いながらも飲食店の看板が並び風情がある。

銀座8丁目の路地18
工事中の赤いランプが点滅している。
その灯りはまるでクリスマスのイルミネーションのように、妖しくそして華やかに路地を彩る。

銀座8丁目の路地19

銀座8丁目の路地20
この路地の魅力は、やはり明治時代初期の煉瓦街の趣きを残す箇所。
濃密な雰囲気を漂わせているのだ。

何ともツウっぽい店が並ぶ、銀座8丁目の路地。
本当の銀座を知るには、こんな路地の冒険がオススメなのである。
Category: 23区 > 中央区  

銀座に残る花街の香り 「銀座8丁目の路地 昼編」

銀座8丁目の路地01
銀座8丁目の界隈は、江戸時代に能の名門・金春家の屋敷があり、町奉行が取り締まれない治外法権の場所だったそう。
そのため芸者置屋が徐々に増え、花街へと発展していったという。
現在も路地裏を中心に、かつての情緒が残っている。まず前編では昼間の様子を。

銀座8丁目の路地02
近年新しくなった「金春湯」。歴史を知らないと「金春」という名にもピンと来ない。

銀座8丁目の路地03
建物の間には、入れるのかも分からないような小さな路地がいくつかある。

銀座8丁目の路地04
足を踏み入れると、昼間でも薄暗い。

銀座8丁目の路地05

銀座8丁目の路地06
こんな路地裏を見ていると、思わず銀座である事を忘れてしまう。

銀座8丁目の路地07

銀座8丁目の路地08
頭上に電気の配線が絡まりあっている。
下町の飲み横と見まがうほどである。

銀座8丁目の路地09
ただ、やはりこの界隈は夜の街である。
夜になると本当の姿になるのだ。

銀座8丁目の路地10
この路地の夜の姿は、後編をお楽しみに。
本番は、夜なのです。

夜編へ→
Category: 23区 > 中央区  

魅惑の銀座・夜シリーズ 「ティファニー銀座本店脇の路地」

下町の風情あるそれとは趣が違うが、色んな人間模様や華やかな街の裏側を垣間見る事が出来る銀座の街。
以前の記事「ルイ・ヴィトン銀座並木通り店」もそうだが、特に夜になると魅力は倍増するのである。

ティファニー銀座本店脇の路地1
今回を機に、「魅惑の銀座・夜シリーズ」をスタートさせようと思う。
初回は、銀座2丁目にある「ティファニー銀座本店」の、その脇の路地を紹介。

ティファニー銀座本店脇の路地2
この建物と「銀座英國屋」との間にある小さな路地。
一見、通れるかも分からないようなこの小さな路地は、日が落ちるとロマンチックな路地へと変貌する。

ティファニー銀座本店脇の路地3
夜も賑わう銀座の街角。
入り口はさらに人目につきにくい印象。

ティファニー銀座本店脇の路地4
足を踏み入れると...、
路地に何か赤い光が見える。

ティファニー銀座本店脇の路地5
さらに近づいてみると、その光は赤い水玉模様。

ティファニー銀座本店脇の路地6
まるでメルヘンの世界へと誘うかのような大小様々の水玉が、暗闇の路地の道標となっている。

とめどなく流れる銀座通りの人並み。
夜になるとその街並の目立たない路地に、ひっそりとこんなメルヘンチックな路地が現れる。
09-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

«   »

姉妹サイト
プロフィール

kshun10

Author:kshun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
259位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
100位
アクセスランキングを見る>>