東京冒険紀行

東京に的を絞った冒険記。失われつつある追憶の風景・ワンダフルな建築物・愛しの公園キャラ・物語る廃墟・入りにくいけどイイ店・御馬鹿スポットから知られざるディープスポットまで...街で見つけた素晴らしいもの面白いものを独自の視点で紹介!!!

 
Category: 23区 > 足立区  

足立の北端にゃ何がある 「竹ノ塚駅周辺 前編」

今回の冒険は竹の塚にある竹ノ塚駅の周辺。
足立区でも北部にあたる「竹ノ塚駅」は、日暮里・舎人ライナーが開業するまでは東京23区内で最も北端の駅だった。

竹ノ塚駅周辺01
東口を出て駅前ロータリーを眺めると、いきなり団地がロータリーを囲むように建っている。

竹ノ塚駅周辺02
低層階は「竹の塚駅前商店街」になっていて、チェーン店と古臭い店舗が並んでいる。

竹ノ塚駅周辺03
駅からの道は団地の間を抜けるような道になっていて、同じく団地の低層階にスーパーや飲食店が入居。

竹ノ塚駅周辺04
商店、団地、公園...。
道行く人々は高齢者が目立ち、公園に集まって話をしたり、ずっと独り言を言っていたり。
アンニュイな空気が充満している。

竹ノ塚駅周辺05
商店に目を向けてみる。
目立つのは中華料理、韓国料理にインド料理の店。

竹ノ塚駅周辺06
珍しい物も並んでいる中国物産の店も。

竹ノ塚駅周辺07
こちらは古い木造平屋の一角がタバコ屋になっている。
缶コーヒーを飲みながら眺めていると、子連れのDQNがやってきて子供を待たせつつタバコを吸っていた。

竹ノ塚駅周辺08
DQNといえば、御用達なのが「ドン.キホーテ」。
やっぱりこの街にもありました。これは似合いますなぁ。

後編へ→
Category: 23区 > 足立区  

千住の奥にはミドリあり 「千住緑町」

久しぶりに足立区のマイナータウンを冒険。
今回は北千住駅からだいぶ西にある「千住緑町」の冒険。

千住緑町01
隅田川の大きなカーブに囲まれるような地形から、やはり川の氾濫が絶えない土地だったという。
こちら町内にある「緑町商店街」。

千住緑町02
商店街の入り口にある「鈴木薬局」は、時代を感じる。
いかにも昭和な木造モルタルの店舗兼築。

千住緑町03
一時は大いに賑わったと言うこの商店街だが、現在は隔世の感を禁じ得ない。

千住緑町04
こちら「戸井田商店」と書かれているが、現在は住居となっている模様。
こういった建物が多い。

千住緑町05
また千住緑町には「緑湯」という、唐破風屋根の古い銭湯がある。
さすが銭湯の聖地といわれる千住。こんなレベルの銭湯が界隈に点在しているのだ。

千住緑町06
建物のオーラが通常のそれとは異なる「足立幼稚園」。
昭和25年創立との事だが、建物はもっと古い印象だ。

千住緑町07
路地は植木や金魚鉢等がたくさん置かれた下町らしい風景が続く。

千住緑町08
そんな中で物凄い建物を発見。

千住緑町09
ゴチャゴチャと大量におかれているのは仏像やお面だ。

千住緑町10
見たところ主に日本や中国の物と思われるが、西洋のエンジェルやハワイ土産みたいなのもある。
統一感の無い謎過ぎる飾り付け。ただただ愕きである。
Category: 23区 > 足立区  

それが私の生きる道 「喫茶マイウェイ」

喫茶マイウェイ1
北千住マルイの向かいにポツンとある「喫茶マイウェイ」。
外観は新しそうにも見えるが、創業から30年位は経っているの事。

喫茶マイウェイ2
看板はシンプルなデザインながら4色のカラフルなライン入り。
店名はあの名曲「My way」からなのだろう。

喫茶マイウェイ3
店内に入ると、やはり外観の印象に比べ年季が入っている。

喫茶マイウェイ4
花デザインの照明もレトロ。

喫茶マイウェイ5
インテリアはやはり渋めで、入口のピンク電話も懐かしい。
ちなみに電話は使えないそうなので、こちらもインテリアとしての役割となっている。

喫茶マイウェイ7
革製のカバーが付いたメニュー。

喫茶マイウェイ8
ブレンドコーヒーは420円。
店内に流れるクラシックを聴きながら、懐かしい気分で一服できる。

こちらの店、モーニングなどは無く営業時間も11:00~19:30と喫茶店としては短め。また店の名刺やマッチなども全く無く、商売っ気があまり感じられない。
しかし、それでいいのだ。趣味のようなスタンスで、ゆるく営業するスタイルがこの店のカラーなのである。
そう、それが...マイウェイ!
Category: 23区 > 足立区  

足立の宇宙は現役です 「コスモ」

今や絶滅危惧種の現役駄菓子屋。商業施設に入ってるようなコンセプト駄菓子屋は数あれど、街中にあって今も子どもたちのたまり場になってるような現役リアル駄菓子屋となると、本当に少なくなってきている。

コスモ01
そんな寂しい昨今の時流を考えると、嬉しくなるような発見があった。
それがこちら興野にある「コスモ」である。

コスモ02
もう見るからに我々がかつて遊んでいた駄菓子屋のオーラを放っている。

コスモ03
無駄買いと言われてしまうであろう、なんだか分からんオモチャが入ったガチャガチャ。
これこれ、こうこなくっちゃ。

コスモ04
なんだかこの販売機も、缶のデザイン懐かしいのが多いぞ。

コスモ05
店内には年代モノのゲーム機がズラリ。そうだ、こんなんで我々は遊んでいたぞ。

コスモ06
見たこと無いコインゲーム「サーブ アタック」は現役。
店主自らメンテナンスしているそうだ。

コスモ07
ジャンケンポン!あいこでしょ!ズコ~。
懐かしいなこれ!

コスモ08
駄菓子に加えプラモデルも販売。

コスモ09

コスモ10
ショーケースにはファミコンのカセットやゲームウォッチ等。今やレアな品々が飾られている。
これ持ってた!これやったなぁ!の連続だ。

店は40年近くやっているそうで、昔遊んでいた子どもたちが大人になって、今度は子どもをつれて来るなんてことも最近ではよくあるそう。こりゃホンマモンの駄菓子屋だ!是非とも長く続けて欲しいなぁ。特にアーケードゲーム等は「浜屋長崎店 プレイランド」以来の興奮だった。
なお、今回は懐かしさのあまり全体的にテンション高めだったことをお詫び申し上げます(笑)
Category: 23区 > 足立区  

昔の足立の姿を留めて 「興野バス通り周辺」

今回は足立区西新井の近く、最寄り駅がどことも言いにくいマイナータウン・興野というところ。
路線バスが走る「興野バス通り」から「興野銀座会」あたりを冒険。

興野バス通り周辺01
何とも昔ながらの足立区の姿を保っているこの辺り。
どんどん都市化する北千住エリアから川を隔てると、これだけ風景が変わるものかとしみじみ感じる。

興野バス通り周辺02
減りゆく手書き看板も、この街では今だ主流。

興野バス通り周辺03
そして焼き肉店や韓国系の店舗も目立つ。

興野バス通り周辺04
モロにハングルで書かれた看板なども普通に存在している。

興野バス通り周辺05
こちらキムチの店も。

興野バス通り周辺06
空き家状態の建物には政党ポスターがベタベタ。これも特に下町では宿命。

興野バス通り周辺07
軒並みオンボロ店舗が続いていて、相当古そうな木造家屋やバラック建てが並んでいる。

興野バス通り周辺08
裏側から見ると、さらに凄いことに。

興野バス通り周辺09
小道に入ってみると、そこにはまた韓国系店舗、その名も「コリアショップ」。
こりゃまんまで分かりやすい。

興野バス通り周辺10
これなんか凄いね。その名も「小山臓器食品」。
焼き肉店でもメニューとしてホルモンとか様々な肉を食べてはいるが、臓器食品と書かれると違和感が。いや、意味は全然間違ってないんですよ、はい。

次回はこの「小山臓器食品」の向かい辺りにあるステキな店を紹介。
11-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

«   »

姉妹サイト
プロフィール

kshun10

Author:kshun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
262位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
97位
アクセスランキングを見る>>