東京冒険紀行

東京に的を絞った冒険記。失われつつある追憶の風景・ワンダフルな建築物・愛しの公園キャラ・物語る廃墟・入りにくいけどイイ店・御馬鹿スポットから知られざるディープスポットまで...街で見つけた素晴らしいもの面白いものを独自の視点で紹介!!!

 
Category: 23区 > 中央区  

圧倒的な天女の降臨 「日本橋三越本店 天女像」

日本橋のすぐ近く、圧倒的な、物凄い、絢爛豪華な像があるのをご存知だろうか。

天女像01
日本橋三越本店にある「天女像」。完成は昭和35年。
本館1階中央ホールから、吹き抜けの4階に届くようにそびえる。樹齢500年の檜が用いられ、高さは11mにもなる。

天女像02
この像は、三越の基本理念「まごころ」をシンボリックに表現する像として「まごころ像」ともいわれ、日本橋三越本店の象徴ともいえる存在。
制作は木彫界の名匠・佐藤玄々。完成までには約10年の歳月を要したという壮大な作品。
「瑞雲に包まれた天女が花芯に降り立つ瞬間の姿」だという。

大きさだけでもビックリだが、近づくと造りの細かさに思わず息をのむ。
では、フォトジェニックな各所を見てみよう。

天女像13
こちらは天女。絢爛たる色彩とひだや曲線に施された超絶技巧の数々は圧倒的な存在感。

天女像14
天女の頭上に舞う鳳凰。この写真も天女の羽衣の曲線美がよく現れている。

天女像05
これは裏側。背後を覆う瑞雲は炎のよう。赤、黄、青、緑と様々な色が混じっている。

天女像06
赤と青のたくさんの鳥が舞っているのにも注目。列をなして飛んでいるのか、それとも1匹が残像を残して飛んでいるのか。

天女像07
この、造りの細かさと絢爛たる色彩!

天女像08
そして目玉のような部分もある。何だろうこれは。

天女像09
写真では伝わりにくいが間近で見ると大迫力。まさに爆発的芸術!

天女像10
複雑すぎるほど複雑、グロテスクなまでに仰々しく、派手派手しいともいえる色彩。
だが、見事に調和しているから見事だ。奇怪でありながら艶麗なのである。
スポンサーサイト

Comment

Trackback
10-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

«   »

姉妹サイト
プロフィール

kshun10

Author:kshun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
279位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
113位
アクセスランキングを見る>>