FC2ブログ

東京冒険紀行

東京に的を絞った冒険記。失われつつある追憶の風景・ワンダフルな建築物・愛しの公園キャラ・物語る廃墟・入りにくいけどイイ店・御馬鹿スポットから知られざるディープスポットまで...街で見つけた素晴らしいもの面白いものを独自の視点で紹介!!!

 

奥多摩の廃線跡 「水根貨物線 後編」

前編に引き続き「水根貨物線」。
水根貨物線11
トンネル内部は紹介したが、今回は外のレール跡へ。

水根貨物線12
右はダムへ向かう「奥多摩むかし道」のトレッキングコース。
そこからも廃線跡が眺められる位置関係にある。

水根貨物線13
木々が生い茂り、自然に還りつつある廃線跡。
これはこれで退廃的な美しさもある。

水根貨物線14
映画『スタンド・バイ・ミー』よろしく、レールを辿って廃線跡を歩いてみる。
すると、ふと足下の不安定さに違和感...。

水根貨物線15
何と!
ここには敷石どころか地面が無く、レール以外は朽ちた木製の骨組みしか無いのだ。

水根貨物線16
隙間から見えるのは、奈落の崖である。
訪れる際は細心の注意が必要。

今回紹介したトンネルも、奈落の廃線跡も、奥多摩公認のトレッキングコースのエリア外。
トンネルには水が滴り落ち蛇も出る。奈落の崖下に落下する危険も有り。
絵的にソソる冒険スポットだが、訪れる際は自己責任となるエリアであることを踏まえておきたい。
スポンサーサイト

Comments

時折、その恐ろしさに気が付きますね
お晩ですkshun10さん、いつも貴重な情報ありがとうございます。
私も北海道で、羽幌、幌内、ヒグマの恐怖におののきながら
遺構に踏み込んでいきました。
羽幌はマジ怖くて、必ず車のホーンを鳴らしてから車から降りました。
タウシュベツの橋梁の近くでは動物の糞が無数に落ちていて、
地元の方も無理しないでという場所だったようです。
どこか、やはりリスクを恐れることを、改めて肝に銘じていきますね。
またお邪魔します。
Re: 時折、その恐ろしさに気が付きますね
kozoh55さん、こんにちは。
廃線跡のあの魅力、やっぱりいいですね。
まだまだ全国にもありますし、追いかける価値があります。


 

 
10-2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

«   »

Search
姉妹サイト
プロフィール

kshun10

Author:kshun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
 
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
238位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
80位
アクセスランキングを見る>>