東京冒険紀行

東京に的を絞った冒険記。失われつつある追憶の風景・ワンダフルな建築物・愛しの公園キャラ・物語る廃墟・入りにくいけどイイ店・御馬鹿スポットから知られざるディープスポットまで...街で見つけた素晴らしいもの面白いものを独自の視点で紹介!!!

 
Category: 23区 > 中野区  

哲学のテーマパーク 「哲学堂公園 Ⅰ」

中野区の北部、松が丘に位置する「哲学堂公園」。
憩いの公園でありながら、心霊スポットとしても有名である。

哲学堂公園01
園内には77場の哲学に由来するユニークな名前の建物や石造物、通路などが点在。哲学の思想と世界観を垣間見ながら散策できる、いわば哲学のテーマパークなのである。

哲学堂公園07
一万七千坪の広大な敷地を擁するこの公園。
開園したのは、哲学館(現東洋大学)創立者で、妖怪学博士としても有名な哲学者・井上円了。

それでは、いざ哲学の冒険に出発!

哲学堂公園02
さあ、まず出ました入り口の「哲理門」。
四聖堂の正門にあたり、この地に幽霊梅と天狗松があったことにちなんで、仁王の代わりに幽霊と天狗の彫刻像を設置したという。

哲学堂公園03
幽霊は精神界の象徴、

哲学堂公園04
天狗は物質界の象徴だという。

哲学堂公園05
門から入ると広場「時空間」に出る。
哲学の時空間を表した場所で、見どころある建物が集中している。

哲学堂公園06
公園の中心的な建物である「四聖堂」。1904年(明治37年)に建てられ、孔子、釈迦、ソクラテス、カントを奉祀している。

哲学堂公園08
この四聖堂を建設したのが公園のはじまりで、この四聖堂を当初「哲学堂」と称し、それがそのまま公園の名になった。

哲学堂公園09
堂内に誰か寝てるのかと思ったら、釈迦涅槃像が安置されていた。

哲学堂公園10
「宇宙館」。
講義室で、哲学は宇宙における真理を追究する学問であるから、この名に。

続き→
スポンサーサイト

Comment

Trackback
11-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

«   »

姉妹サイト
プロフィール

kshun10

Author:kshun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
254位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
96位
アクセスランキングを見る>>