東京冒険紀行

東京に的を絞った冒険記。失われつつある追憶の風景・ワンダフルな建築物・愛しの公園キャラ・物語る廃墟・入りにくいけどイイ店・御馬鹿スポットから知られざるディープスポットまで...街で見つけた素晴らしいもの面白いものを独自の視点で紹介!!!

 
Category: 23区 > 墨田区  

墨田区に残る大正・昭和の長屋 「京島」

東京では数少ない第二次世界大戦による戦災を受けなかった地域であるため、昭和レトロブームで度々紹介されている曳舟駅周辺。
先日紹介した「鳩の街」も近いが、今回は住所でいうと墨田区・京島の探索。

京島01

京島02
京島2丁目から京島3丁目付近には大正時代からの昭和初期の長屋などが現存されており、古い家屋と町工場が混在していて、東京下町の古くからの街並みが色濃く残っている地域としても知られている。

京島03
“角にあるから”が名前の由来であろうメンズファッション店「カドヤ」。昔懐かしい町並みのその向こうには、対照的なスカイツリーが見える。

京島04
こちらも古そうな長屋とスカイツリーの光景。背の高い建物が少ないこの界隈では、至る所から聳えるスカイツリーの“ご威光”を拝める。

京島05
曳舟湯は古い破風造りと呼ばれる重厚で古風な建物の銭湯。昔は丸坊主やおかっぱ頭の子供達が、毎日同じ時間に来てたんだろうな。今もだったりして。

京島06
こちらは「キラキラ橘商店街」 。

京島07
全長およそ400mの通りに80軒あまりの商店が並ぶ。惣菜店、八百屋、魚屋などが軒先に商品をとにかくたくさん並べている。

京島08
コッペパンが名物の「ハト屋パン店」。子供が描いたみたいなヘタウマな絵が秀逸。この絵とは似ても似つかぬオバハンが無表情で応対してくれる。

京島09
「バーバー アラキ」「紅月ふとん店」は共に撤退してしまったようだが、これもレトロ・グッドな看板!

京島10
一方で狭い路地による車の通行の問題や、大規模地震などの災害時の対策も課題となっている。
その対策の一環として、現在京島1丁目では連続立体交差工事や市街地再開発事業が行われていて、2丁目・3丁目とはまるで違う光景になっている。

現時点では2丁目・3丁目には再開発事業の予定は立っていないが、スカイツリーが完成すると周辺には開発業者が入り、この風情は保っていられなくなるはずだ。
スポンサーサイト

Comment

Trackback
05-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

«   »

姉妹サイト
プロフィール

kshun10

Author:kshun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
359位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
144位
アクセスランキングを見る>>