東京冒険紀行

東京に的を絞った冒険記。失われつつある追憶の風景・ワンダフルな建築物・愛しの公園キャラ・物語る廃墟・入りにくいけどイイ店・御馬鹿スポットから知られざるディープスポットまで...街で見つけた素晴らしいもの面白いものを独自の視点で紹介!!!

 
Category: 23区 > 北区  

団地今昔物語 「赤羽台団地 前編」

赤羽駅の西側は再開発により大型スーパーやマンションが建ち並ぶ姿に変貌した。
しかし少し歩くと住宅地となり、やがて丘陵地帯が現れる。

赤羽台団地01
その丘陵地帯を貫通する道路には赤羽台トンネルがあり、その上が今回の冒険地「赤羽台団地」である。
久しぶりの団地冒険、スタート。

赤羽台団地02
1962年(昭和37年)、東京23区内で初めての大規模団地として造成された「赤羽台団地」。
以前の「ひばりが丘団地」で外観しか紹介できなかったスターハウスが、この団地では8棟も残っている。

赤羽台団地03
今回はスターハウスが住居として現役なので、おジャマしちゃいましょ。

赤羽台団地04
スターハウスは三角形の螺旋階段を中心に、三ツ矢型に住居が付いている構造。

赤羽台団地05
一番の見どころは螺旋階段を上から見た画。
三角形が連なる独特の螺旋をおがめる。

赤羽台団地06

赤羽台団地07
都内では数えるほどしか残っていないスターハウス。
8棟も残っているのは、やはり貴重だ。

赤羽台団地08
さてそんな団地も、現在は住棟の老朽化が進んだため「ヌーヴェル赤羽台」への建て替えが進んでいる。
その姿は同じ団地とは思えないほどの変貌ぶり。ま、同じ団地じゃなくなってるわけだが。

赤羽台団地09
ヌーヴェル赤羽台の敷地内には、年季の入った謎の遊具が設置されている。

赤羽台団地10
おそらく赤羽台団地にあった遊具がそのまま使われているんじゃないだろうか。
名称も分からないアート作品のような遊具。

そうそう。赤羽台団地は古い案内板にもあるように、敷地内には「くらげ公園」「おばけ公園」など小さな公園が複数ある。
そして遊具がなかなかユニークなのだ。
後編は、そんな敷地内の公園を巡ってみようと思う。
続き→
スポンサーサイト

Comment

Trackback
11-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

«   »

姉妹サイト
プロフィール

kshun10

Author:kshun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
208位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
78位
アクセスランキングを見る>>