東京冒険紀行

東京に的を絞った冒険記。失われつつある追憶の風景・ワンダフルな建築物・愛しの公園キャラ・物語る廃墟・入りにくいけどイイ店・御馬鹿スポットから知られざるディープスポットまで...街で見つけた素晴らしいもの面白いものを独自の視点で紹介!!!

 
Category: 23区 > 墨田区  

多くの犠牲の慰霊の地 「横網町公園」

東京都慰霊堂や復興記念館があるところとして知られている墨田区横網の「横網町公園」。
両国にあるから横綱(よこづな)町と間違われる事が多いが、横網(よこあみ)町が正解。

横網町公園01
この公園はかつて陸軍被服廠があった場所。
その後、陸軍施設の移転に伴い公園として整備される事が決まったが、工事の最中に関東大震災が発生。造成中の公園を絶好の避難場所とみなして多くの人々が非難してきたが、そこへ火災による熱風が襲った。さらに避難の際に持ち出した家財道具に火が移り大火となって人々を飲み込んでいった。結果、横網町公園に避難した人だけで3万8000人が犠牲になったという。震災後、3万8000人の遺体はこの場で火葬された。
また、その後の東京大空襲の犠牲者も埋葬されている。
この公園は遊具などあり「公園」とは言うものの、関東大震災と第二次世界大戦のメモリアルパークである。

横網町公園02
メインの「東京都慰霊堂」は次回にして、今回はそれ以外の公園の見どころから。
まずこちら「東京都復興記念館」。東京都慰霊堂の付帯施設として1930年(昭和6年)に建てられた。

横網町公園03
建物は設立当時のもの。
装飾の妖怪に、かなりダメージが見られる。

横網町公園04

横網町公園05
屋外には関東大震災で被災した物を展示している。
爆風や熱波で変形し鉄屑と化したこれらを見ると、想像もできなかった当時の恐怖を少しはリアルに感じる事ができる。

横網町公園06
こちらは「関東大震災朝鮮人犠牲者追悼碑」。
大震災の朝鮮人犠牲者の碑かと思いきや、関東大震災の際に「朝鮮系の住民が震災に乗じて略奪や襲撃を起こしている」という情報が流れ、一部の朝鮮人(朝鮮人と間違えられた日本人も含む)が混乱下の避難民により殺害された、その犠牲者の碑。

横網町公園07
6000人あまりの朝鮮人が殺害されたと記されているが、これについては今となっては実態把握が困難で、誇張されている話もあるそうで。...難儀である。

横網町公園08
こちらは2001年に完成した「東京空襲犠牲者を追悼し平和を祈念する碑」。
斜面を覆う花は生命を象徴し、碑の内部には東京大空襲で犠牲になった人々の名が記録されているそう。

横網町公園09
子供達が並ぶ「震災遭難児童弔魂群像」。

横網町公園10
関東大震災で被災し犠牲となった児童らを弔うために作られた像。
1944年に完成したが、戦争により撤収され、現在のは1961年に作製されたもの。

さて次回は、公園の本丸、「東京都慰霊堂」をお届け。
スポンサーサイト

Comment

Trackback
10-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

«   »

姉妹サイト
プロフィール

kshun10

Author:kshun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
279位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
113位
アクセスランキングを見る>>