東京冒険紀行

東京に的を絞った冒険記。失われつつある追憶の風景・ワンダフルな建築物・愛しの公園キャラ・物語る廃墟・入りにくいけどイイ店・御馬鹿スポットから知られざるディープスポットまで...街で見つけた素晴らしいもの面白いものを独自の視点で紹介!!!

 
Category: 23区 > 新宿区  

嗚呼、胸に染むノスタルジック横丁 「思い出横丁」

新宿駅の東口には、かつて広く闇市が占めていた。その勢い余って線路を越え西口にまではみ出したのが、現在の「思い出横丁」。
今回はそんな「思い出横丁」が最も活気付く、宵の口に訪れた。

思い出横丁11
東口の闇市は再開発でほとんど跡形もないが、一方の西口「思い出横丁」にあたるエリアだけが、再開発を免れ線路沿いにしぶとく残ったのだ。

思い出横丁12

思い出横丁13
闇市といえば、やはり空襲で出来た空き地が不法占拠されて発生したもの。この横丁には、その名残であるカオスな雰囲気が色濃く残っている。これがここの大きな魅力でもある。

思い出横丁14
赤提灯と路地に飛び出た看板。
左には路地に開かれたカウンターが郷愁を誘う、創作メニューが人気の串焼き店「辰乃屋」が見える。

思い出横丁15
古き良き昭和の雰囲気を残すエリアとして「思い出横丁」と名付けられたわけだが、古くから通う人々には「しょんべん横丁」と呼ばれている。
横丁の中央に公衆便所があり、「しょんべん横丁」と呼ばれる由縁はここから漂う...みなまで言わせるな(笑)

思い出横丁16
路地には色とりどりの看板と、頭上にゴチャゴチャした配線。
高層化した周辺の街並とは別世界である。

思い出横丁18

思い出横丁19
線路側の路地にも古い店舗が並んでいる。
電車の車窓からも見えるその横丁の姿は、多くの人の郷愁を誘っているはずだ。
スポンサーサイト

Comment
 
思い出横丁というと、真っ先に「カブト」という店を思い出します。
ウナギの串焼きの店ですが、この横丁ができた当時からやっているというだけあって、年季入りまくりです。
何しろ、焼き場の上にぶら下がっている電気の傘が油と煤の樹形みたいになっているのですから。
あれで火事になったらと思うと冷や冷やモンですが、肝心の串の味もさることながら、昭和の雰囲気も味わえるのに十分の店です。
Re: タイトルなし 
鰻の店、確かにありました。
あの横丁には気になる店がいくつもあって、ゲテモノ料理の店にうどんの店などなど。
この日は焼き鳥屋でビール片手に楽しみましたが、やっぱりチェーン店の居酒屋では味わえない雰囲気がいいですね。

Trackback
10-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

«   »

姉妹サイト
プロフィール

kshun10

Author:kshun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
279位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
113位
アクセスランキングを見る>>