東京冒険紀行

東京に的を絞った冒険記。失われつつある追憶の風景・ワンダフルな建築物・愛しの公園キャラ・物語る廃墟・入りにくいけどイイ店・御馬鹿スポットから知られざるディープスポットまで...街で見つけた素晴らしいもの面白いものを独自の視点で紹介!!!

 
Category: 23区 > 千代田区  

円盤搭載の名門ホテル 「ホテルニューオータニ Ⅰ」

以前お届けした「ホテルオークラ東京」は、予定通り建替工事のため本館は2015年8月31日をもって閉館し休業。残念ながら芸術的な建物は本当に建て替えられてしまうようだ。
そんなホテルオークラ東京に続き、今回もホテルの「御三家」の一角「ホテルニューオータニ」をお届け。

ホテルニューオータニ01
「ホテルニューオータニ」の開業は1964年(昭和39年)。東京オリンピックを控え、設計図を書きながら建設していくという突貫工事が行われ建物が竣工。
現在「ザ・メイン」と呼ばれる旧館は地上17階・地下3階。3方向に延びる客室の真ん中には、飛び出すように円盤状の最上階が載っかっている。

ホテルニューオータニ02
特にこのシンボルともいえる最上階の回転ラウンジ。直径は45mで東洋一と謳われ、東京タワー等と並ぶ名所となっていた。(今回は入らなかったが、機会があれば紹介したい。)

ホテルニューオータニ03
正面玄関から入ると、まず目に飛び込んできたのがメインラウンジにある世界地図時計。
ホテルオークラでも見られた、インターナショナルな名門ホテルならではの誇りを感じる。

ホテルニューオータニ04
現在ホテルの構造は、ザ・メインとガーデンタワー、そしてガーデンコートの3棟からなり、各棟は通路で繋がっている。

ホテルニューオータニ05
ザ・メインとガーデンタワーを繋ぐ長く真っ直ぐな通路。
華やかなカーペットと大きな半円アーチ窓が目を引く。

ホテルニューオータニ06
そしてニューオータニ自慢の日本庭園を見下ろすガーデンラウンジ。

ホテルニューオータニ07
シャンデリアやインテリアに絶妙に昭和が入った空間。
余裕を持ったスペース、モダンでどこか懐かしいラグジュアリー感。

ホテルニューオータニ08
店に沿うようにあるこちらの大理石の半円形ベンチ。

ホテルニューオータニ09
翡翠色のレトロモダンなベンチは、通路に向かって設置してある。
背後にはガーデンラウンジの大きな絵が見える。

ホテルニューオータニ10
次回はガーデンタワーのモダンを訪ねて。

続き→
スポンサーサイト

Comment
(/`o´)/ 
「オークラ」と「オータニ」、名前が似ているから
間違えそうです。v-539

テッペンのじんわ~~り回るとこ入りましたよ。v-377
私は大丈夫だったけど、位置によっては(外側)
ちょっと酔うみたいですv-404

やっぱいろんな箇所が豪華で優雅ですね。
お食事などもハズレなしですし・・。ლ(╹◡╹ლ)
Re: (/`o´)/ 
名前似てますねぇ。
でも確かに大倉さんと大谷さんのホテルだから仕方ないですなლ(╹◡╹ლ)
この時期のホテルはモダンなインテリアで、アイデアの宝庫です。

Trackback
07-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

«   »

姉妹サイト
プロフィール

kshun10

Author:kshun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
449位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
165位
アクセスランキングを見る>>