東京冒険紀行

東京に的を絞った冒険記。失われつつある追憶の風景・ワンダフルな建築物・愛しの公園キャラ・物語る廃墟・入りにくいけどイイ店・御馬鹿スポットから知られざるディープスポットまで...街で見つけた素晴らしいもの面白いものを独自の視点で紹介!!!

 
Category: 23区 > 荒川区  

ナメたらいかん再現コーナー 「荒川ふるさと文化館」

荒川ふるさと文化館1
「荒川ふるさと文化館」は平成10年5月1日に、郷土の歴史・文化を楽しみながら学び、探求する場として開館。南千住図書館と併設されている。

荒川ふるさと文化館2
資料館なので展示品などの写真は控えるが、是非紹介したいのが昭和の路地風景を再現したコーナー。
よくあるテーマパークのレトロ再現の一種ではあるのだが、入場料100円という割りに凝ったギミックで見どころがある。

荒川ふるさと文化館3
高度成長期の昭和41年夏・町工場という設定。町工場といえば、昔の南千住の雰囲気もまさにこんなだったろうなぁ。

荒川ふるさと文化館4
特筆すべきは、景観のみならず路地で遊ぶ子供達の声、豆腐屋のラッパの音等の音も再現されている事。なかなかリアルなのだ。

荒川ふるさと文化館5
どうやら日中から夕暮れ、夜と時間帯によって照明が変化するようだ。

荒川ふるさと文化館6
夜になると結構暗い。当時は実際にこのくらい暗かったろうなぁ~と思いを馳せていると、どこからともなく
「ばいばい...」(!!)おぉ~ビックリした!
絶え間なく音が鳴ってるわけじゃないので、油断したトコで鳴るとドキッとする。ここは作り手の意図とは違う面白さだろうけど。

荒川ふるさと文化館7

荒川ふるさと文化館8
長屋の室内も、まさに高度成長期の懐かしい感じ。

ブラウン管に桐箪笥、扇風機もカーテンも懐かしい。そして吉永小百合。ビールにナイター。ボンボン時計が鳴ると、いつの間にか子供は寝る時間...ってな具合か。
親父~お袋~!
危ない危ない。「オトナ帝国」の罠にはまるトコだった...。
スポンサーサイト

Comment
おはようございます 
荒川ふるさと文化館、「千住散策マップ」にチラリと
掲載されていましたよ。
機会があれば、こちらを含めて
南千住をテクテク散歩してみたいです。

昭和41年夏の風景が100円で見られるなんて
いいわ~♪('▽'*)♪
Re: おはようございます 
是非是非ここはおすすめですよ!
三ノ輪・南千住の散策の際は寄ってみてね。じっくり見てると面白いよ!

Trackback
05-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

«   »

姉妹サイト
プロフィール

kshun10

Author:kshun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
540位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
210位
アクセスランキングを見る>>