東京冒険紀行

東京に的を絞った冒険記。失われつつある追憶の風景・ワンダフルな建築物・愛しの公園キャラ・物語る廃墟・入りにくいけどイイ店・御馬鹿スポットから知られざるディープスポットまで...街で見つけた素晴らしいもの面白いものを独自の視点で紹介!!!

 
Category: 23区 > 墨田区  

春情の鳩居 「鳩の街」

太平洋戦争末期に、東京大空襲で玉の井を焼け出された業者が何軒か、この地で開業したのが始まりという赤線地帯「鳩の街」。墨田区向島と東向島の境界付近、玉の井から1kmほどの距離にある。

現在も商店街や道路の名称として「鳩の街」の名は残っている。
玉の井と同様に永井荷風をはじめ、この街も訪れる作家や芸能人が多かったらしい。昭和33年に売春防止法が完全施行され、すべての業者が廃業。後に商店街となった。

鳩の街01
現在はレトロな商店街だが、シャッターを下ろした店が多い。こうなってくると再開発という話になってしまいそう。スカイツリー近いし。

鳩の街02
ただ、古い家屋を生かした古民家カフェがオープンするなど、廃れていくのみではない。
こちらは古本とギャラリーのある古民家カフェ「こぐま」。昭和2年築の木造長屋のカフェだ。

そんじゃ、「鳩の街」私娼窟の名残を探し始めよう。
商店街から細い路地を入っていく。

鳩の街03

鳩の街04
玉の井同様、細い路地に残るカフェー建築で、綺麗な色タイルで飾られた娼家風の建物が残っている。

鳩の街05

鳩の街06
チョコレート色に統一されたカフェー建築。同色のタイルが板チョコみたいになっている。営業中と書いてあってもおかしくないほど状態良好だ。

鳩の街07
「OFF LIMIT’S」と書かれている場所を発見。終戦直後の「鳩の街」が米軍兵士の慰安施設として出発した事を考えると米兵向けなのか。
後に兵士が性病に感染することが多いため、米兵の立ち入りは禁止され日本人相手の赤線となる。

鳩の街08

鳩の街09
これも面白い建築物。1階が洋、2階が和になっている。特に2階は斜めの張り出し窓の中に丸窓があったりと非常に凝った造り。
老朽具合に時代を感じるが、非常に趣のあるカフェー建築だ。米兵にとってはまさに異国情緒だっただろう。

鳩の街10
予想では玉の井ほどは残っていないと思っていたのだが、なかなかどうして、状態も良く残っていた。
多くは民家になっているのだが、やはり廃墟になってしまうと老朽化による建て替えとなってしまうので、どんどん減ってきている。
スポンサーサイト

Comment
川^▽^) _旦 
古い家屋を生かした古民家カフェって、落ち着くんですよね。v-273
ついつい長居してしまいます。  川^▽^) _旦
Re: 川^▽^) _旦 
古民家カフェも増えてきましたよね。昔の建物をうまく保存しているのは微笑ましいです。
それからフェチ話題がのぼっていましたが、俺もありますよ。でもここでは書きにくい...v-13。文面だけだと変態チックに捉えられそうなので...。

Trackback
06-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

«   »

姉妹サイト
プロフィール

kshun10

Author:kshun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
280位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
117位
アクセスランキングを見る>>