東京冒険紀行

東京に的を絞った冒険記。失われつつある追憶の風景・ワンダフルな建築物・愛しの公園キャラ・物語る廃墟・入りにくいけどイイ店・御馬鹿スポットから知られざるディープスポットまで...街で見つけた素晴らしいもの面白いものを独自の視点で紹介!!!

 
Category: 23区 > 港区  

地球をのぞむ夢叶う 「日本科学未来館 後編」

日本科学未来館10
前編に続き「日本科学未来館」。
前回写真を紹介しただけだった科学未来館のシンボル。

日本科学未来館11
こちらは「Geo-Cosmos(ジオ・コスモス)」。
1000万画素を超える高解像度で、宇宙空間に輝く地球の姿をリアルに映し出す。
画面上を流れる雲の映像は、気象衛星が撮影したデータを毎日とりこんで反映させたもの。
有機ELパネルを10,362枚使った世界初の「地球ディスプレイ」で、「宇宙から見た輝く地球の姿を多くの人と共有したい」という館長・毛利衛氏の思いから生まれた。

日本科学未来館12
1階からは寝そべりソファーで見上げる事ができる。
ただ、普通に睡眠用にソファーを使っている客も多い...。

日本科学未来館13
直径約6m、重さは約13t。
近くで見るとなかなか迫力があり、本当に宇宙から地球を望む感覚を味わえる。

日本科学未来館14
おもむろにソファーに腰掛ける女性。

日本科学未来館15
こちらは「オトナロイド」。人と会話が出来るアンドロイドで、操作によって様々な会話の状況を作り上げる。
オトナの女という事で、アダルトな会話も楽しめるのかと頭に浮かんでしまった我々。すっかり歪んだオトナになってしまったようだ。

日本科学未来館16
こちらは隣にいたアンドロイド。この出で立ちでまばたきしたり口をモゴモゴしたりする。
抱っこして話しかけるアンドロイドのようだが、なかなか不気味で面白い。

日本科学未来館17
横長のわずかな隙間から、何かを覗き込む人々を発見。

日本科学未来館18
今度は白い服の女性アンドロイドがいた。

日本科学未来館19
何かをアナウンスしていたが、そのリアルな表情に見入ってしまい、話の内容に気持ちが行かなかった。

日本科学未来館20
しかし、何といってもここでの最大の楽しみは、やはり「ジオ・コスモス」だろう。
宇宙から地球を見てみたいという願望は多くの人が抱くものだと思うが、それが叶う人はほんのほんの一握り。でも、ここに来れば気象衛星が撮影し反映させた地球の姿を眺める事ができるのだ。
ねぇガガーリン、あなたの言っていた事を俺も実感できたよ。地球は確かに...青かったぜ!
スポンサーサイト

Comment

Trackback
10-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

«   »

姉妹サイト
プロフィール

kshun10

Author:kshun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
236位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
91位
アクセスランキングを見る>>