東京冒険紀行

東京に的を絞った冒険記。失われつつある追憶の風景・ワンダフルな建築物・愛しの公園キャラ・物語る廃墟・入りにくいけどイイ店・御馬鹿スポットから知られざるディープスポットまで...街で見つけた素晴らしいもの面白いものを独自の視点で紹介!!!

 
Category: 多摩地域 > 小金井市  

赤と白のモダンな洋館 「デ・ラランデ邸」

江戸時代~昭和初期までに建てられた建造物を移築復元し展示している「江戸東京たてもの園」。
その貴重な建造物を紹介するシリーズの第2弾。

ラランデ邸01
今回は、かつて新宿区信濃町にあった西洋式住宅「デ・ラランデ邸」。
明治時代の学者・北尾次郎が自邸として設計したと伝わる木造平屋建てで、1910年(明治43年)頃にドイツ人建築家ゲオルグ・デ・ラランデの住居となった。

ラランデ邸02
ラランデによって木造3階建てに大規模増築され、元の1階部分も大改造されたと言われている。
この赤白ツートーンの特徴的なカラーリングには、そういう経緯があるわけか。

ラランデ邸03
スレート葺きのマンサード屋根と下見板張りの外壁が特徴。

ラランデ邸04
室内は残された古写真を基にデ・ラランデ居住時(大正期)を想定した復元がなされ、1階にはカフェ「武蔵野茶房」が出店している。

ラランデ邸05

ラランデ邸06
何ともラグジュアリーな1階のインテリア。

ラランデ邸07
暖炉には聖マリアだろうか。装飾が見られ西洋館らしい。

ラランデ邸08
とてもオシャレなランプシェードの照明。
まるで貴婦人のスカートのようなエレガントでモダンなデザイン。

ラランデ邸09
1階のカフェエリア以外は、通常の見学が可能。

ラランデ邸10
カフェエリア以外は比較的質素な印象。
ただ当時の庶民の暮らしと比べると全然質素じゃないんだが。むしろ当時の庶民の暮らしぶりの方が、我々からしたら驚きの連続かもしれない。

紅白のマンサード屋根の洋館。
何とも目立つ派手な洋館は、、1956年(昭和31年)から、カルピス株式会社の創業者三島海雲の住居となった。
その事からこちらのカフェ「武蔵野茶房」ではカルピスもメニューにある。ここでカルピスを飲みながら一服なんてのもオツ。
スポンサーサイト

Comment

Trackback
08-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

«   »

姉妹サイト
プロフィール

kshun10

Author:kshun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
416位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
165位
アクセスランキングを見る>>