東京冒険紀行

東京に的を絞った冒険記。失われつつある追憶の風景・ワンダフルな建築物・愛しの公園キャラ・物語る廃墟・入りにくいけどイイ店・御馬鹿スポットから知られざるディープスポットまで...街で見つけた素晴らしいもの面白いものを独自の視点で紹介!!!

 
Category: 23区 > 中央区  

銀座のレトロなシャレオツビル 「奥野ビル 後編」

前編に続き、銀座に残るシャレオツビル、「奥野ビル」の魅力をお届け。

奥野ビル31
今回初めて覗いてみた非常階段エリア。
通り側のスクラッチタイルが貼られたモダンな姿とは打って変わって、むき出しのコンクリートと錆びた鉄に時代を感じる。

奥野ビル32
こちら306号室は前回閉まっていた部屋。
かつて「スダ美容室」として使われていた部屋で、当時のままの形を残してギャラリーとして利用している。

奥野ビル33
かつてのオーナーは須田芳子さんという女性で、ビルの完成後すぐに入居し開業。
1985年(昭和60年)頃まで営業し、2008年に100歳で亡くなったという。

奥野ビル34

奥野ビル35
丸い鏡が残された壁面。

奥野ビル36
塗装もだいぶ剥がれているが、あえてそのままにされている。

奥野ビル37
ギャラリーとなっている他の部屋も、様々なコンセプトで催されていて面白い。
やっぱり古いビルに愛情を感じるギャラリーが多いね。

奥野ビル38
上階に行くにつれ、階段の様子が少しづつ変わってくる。
蛇腹のシャッターが付いた箇所。

奥野ビル39
最上階には屋上への階段も。
こちらは関係者以外は入れない。

奥野ビル40
最上階には柱に丸い装飾が施されていた。
基本的に内部の装飾は控えめ。

外観のモダンな佇まい。左右の合体した建物。
手動式エレベーターに鏡面世界のような階段。
見どころたっぷりのモダンビルは、多くのファンに支えられてきっと末永く後世に伝えてくれるはずだ。
スポンサーサイト

Comment
須田さんにとっても 
この奥野ビルが営業しやすく、心地よかったのでしょうね。
今訪問する私達ですら、その心地よさ、建物の頑強さを感じますもの。その上、時代遅れなところが一切ないのも、この建物の魅力ですし。こんにちはkshun10さん、私もまた訪問したくなりましたよ。
またお邪魔します。
Re: 須田さんにとっても 
kozoh55さん、こんにちは。
本当に再訪するたび発見のある建物は、いくつかありますよね。我々にとってはこの「奥野ビル」もその一つです。
色々巡って改めて見てみると新しい発見が!...なんと時は、自分のキャパシティーが広がったのかな~なんて思ったりしています。

Trackback
04-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

«   »

姉妹サイト
プロフィール

kshun10

Author:kshun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
467位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
184位
アクセスランキングを見る>>