東京冒険紀行

東京に的を絞った冒険記。失われつつある追憶の風景・ワンダフルな建築物・愛しの公園キャラ・物語る廃墟・入りにくいけどイイ店・御馬鹿スポットから知られざるディープスポットまで...街で見つけた素晴らしいもの面白いものを独自の視点で紹介!!!

 
Category: 23区 > 杉並区  

意外なところに琉球小町 「沖縄タウンとバラック通り」

沖縄タウンというと、東日本最大の沖縄県人会がある横浜市鶴見区が有名だが、実は東京23区にもある。代田橋駅から甲州街道を挟んだ先に小さな沖縄の町があった。そして、さらにその先にも凄いモノがあったのだ。

沖縄タウン01
こちらが入り口のゲート。なるほどなデザイン。公式HPによると、「都会の人が出会ったことのない沖縄の発見&体感できる街!をコンセプトに、寂れた商店街を活性化させるために、商店街の強みである『個店の連なり』を最大限活かして街を再生させようとする、全国初の試み」とのこと。

沖縄タウン02

沖縄タウン03
沖縄料理や物産店のほか、「めんそ〜れ市場」という飲食店のみならず楽器や雑貨など沖縄関係の店舗が並ぶ通りもある。

沖縄タウン05
ちょうど昼時だったので、ソーキそばで沖縄エネルギーを補給。沖縄タウンのエリアはそろそろ終わりかな?と思っていたら...。

沖縄タウン06
本当のディープスポットは、この先からだった!
商店が疎らになってきた頃、環七へ出る一直線の道に急に異様なオーラを感じる。

沖縄タウン07

沖縄タウン08
目の前に現れたのは、両脇にバラック建ての家屋がビッシリと並んでいる異様な光景だった!
このバラック通りを抜けると大通りになっていた。

沖縄タウン10
バラック通りの裏側。先ほどのバラック通りでは、通りの光景にただただビックリだったが、こちらからは家屋の構造に注目できる。継ぎ接ぎや増築が見られ、凄い事になっている。建築基準法などが無かった時代の物だろう。

大通りにぶつかるバラック通りが、一体どういった経緯で残っているのか。興味深い。
都内の沖縄タウンの向こうには、古いバラック建てがそのまま残っているディープな空間が広がっていた。
スポンサーサイト

Comment

Trackback
06-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

«   »

姉妹サイト
プロフィール

kshun10

Author:kshun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
280位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
117位
アクセスランキングを見る>>