東京冒険紀行

東京に的を絞った冒険記。失われつつある追憶の風景・ワンダフルな建築物・愛しの公園キャラ・物語る廃墟・入りにくいけどイイ店・御馬鹿スポットから知られざるディープスポットまで...街で見つけた素晴らしいもの面白いものを独自の視点で紹介!!!

 
Category: 23区 > 葛飾区  

多才な住職の手による珍寺 「證願寺」

證願寺01
葛飾区立石にある真宗大谷派の寺院「證願寺(しょうがんじ)」。
元は1600年に上杉民部之輔の三男・證願が湯島に創建されたもので、江戸の大火で浅草に移転し、更に関東大震災の区画整理で昭和7年に現在地の葛飾区立石に移転し、現在に至っているという。

證願寺02
最初の写真でもチラッと写っているが、入り口の塀には猫と鼠と宝船?の壁画が描かれている。
この入口から期待しちゃったんだけど、期待通りのユニークな寺だったので紹介。

證願寺03
通りから見ると一見ごく普通の寺に見える。
第16代住職は読経・儀式作法などに詳し人だったそうで多くの弟子を指導したそうなんだけど、声楽家・アマチュア天文家・奇術師としても有名という第17代住職・春日了氏により、寺は本人の特技を活かしユニークな物に改革したのである。

證願寺04
敷地内にある宇宙ロケットの付いた建物は、1996年に設置された「銀河座」。

證願寺05
ペンタックスから試作品のプラネタリウム投影機を譲渡してもらったものを使って開設した完全予約制プラネタリウム。寺に併設されているプラネタリウムというのも珍しい。

證願寺06
境内の中央にある本堂は、古都の風情を醸し出す重厚な総檜造りの木造本堂。
この本堂には読経中用として電光掲示板による「お経の同時通訳機」を設置されていて、見ていればお経の中身がわかる仕組みになっているそうだ。

證願寺07
前庭にはライオンの石彫刻。住職はかなり動物好きと見たぞ。

證願寺08
はて、あっちにも動物がいるぞ。なんだろあれ。

證願寺09
ってトリケラトプスじゃねーか!しかもかなりデカくてリアルな出来。

證願寺10
そう、寺には動物ネタのみならず、裏手の塀40mには古代の森にいろいろな恐竜が遊ぶ姿が描かれている。

ちなみに住職・春日了氏は、声楽家として日本の他にヨーロッパでも歌ったり、日本プラネタリウム協議会(JPA)正会員だったり、「宇宙時代のお坊さん」をキャッチフレーズにマスコミ活動までしている積極的坊さんである。
スポンサーサイト

Comment

Trackback
05-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

«   »

姉妹サイト
プロフィール

kshun10

Author:kshun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
464位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
179位
アクセスランキングを見る>>