東京冒険紀行

東京に的を絞った冒険記。失われつつある追憶の風景・ワンダフルな建築物・愛しの公園キャラ・物語る廃墟・入りにくいけどイイ店・御馬鹿スポットから知られざるディープスポットまで...街で見つけた素晴らしいもの面白いものを独自の視点で紹介!!!

 
Category: 23区 > 千代田区  

ショッキングピンクの誘惑 「アテネ・フランセ」

アテネ・フランセ01
学校法人アテネ・フランセは、1913年(大正2年)創立の著名な多言語の学校。
竹久夢二・中原中也・淡谷のり子・大橋巨泉など、著名な受講生も多い。

アテネ・フランセ02
この建物、「アテネ・フランセ」は1962年(昭和37年)に竣工。元在校生の建築家吉阪隆正の設計。
駿河台の崖地を利用して建てられている。

アテネ・フランセ03
何といっても派手なピンクの壁が目を引く。淡いピンクは木造の建物にもたまにあるが、ショッキングピンクは日本ではなかなかお目にかかれない。それと深い紫色でツートーンをなしている。
シンボルマークは知識、工芸、技芸の女神・ミネルヴァ。

アテネ・フランセ04
壁は小さな四角窓とアルファベットが並んでいる。アテネ・フランセのスペルが散りばめられている。

アテネ・フランセ05
紫色に三角窓の高い塔、鉄骨構造の4階は後に増築された。

アテネ・フランセ06
そしてこちらのステンレスの外壁なども追加されたもの。
このピカピカして波打つステンレスは、元の部分とかなりギャップを感じる。

アテネ・フランセ07
地下にはカフェがあり、日によっては一般客の利用も出来る。
階段の壁には、こちらもミネルヴァ。

アテネ・フランセ08
階数サインのフォントは設計者のオリジナルだそうで、大きめでキュートな書体である。

アテネ・フランセ09
カフェは地下のはずなのに、窓からの眺めは2階~3階くらい。
それもそのはず、アテネ・フランセは高台に建っているのである。それも踏まえて見ると建築物としてより面白い見どころがあるわけ。

アテネ・フランセ10
一度見たら忘れられないピンクの壁。鮮やかな色彩には竣工当時の人々をさぞ驚かせただろうが、街の建物がどんどん灰色になっていくことを見越して派手な色にしたという。
アルファベットが浮かぶピンク壁なんて、側を通るだけで楽しい気分になる。
スポンサーサイト

Comment
見ていて飽きませんね 
お晩です、kshun10さん、
いつも新しい情報をありがとうございます。
今回も強烈ですね、見たことも無い姿の建物が
颯爽とそびえていて、作り手の細やかな思い入れが
ビシビシ伝わってきます、ピンクがこんなお洒落に見えるのは
デザインに品格があるからでしょうか。
アルファベットの文字が面白いデザインで
それもこの建物のイメージを高めてますね。
また見に行きたい場所が増えました。
ありがとうございます、またお邪魔します。
Re: 見ていて飽きませんね 
kozoh55さん、こんにちは。
強烈なインパクトがありますね。特に色。こんなカラーで不思議と下品にならないんだから、デザイン力なんでしょうね。
こんなオリジナリティあるビル、なかなか見つかりませんよね~。

Trackback
10-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

«   »

姉妹サイト
プロフィール

kshun10

Author:kshun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
290位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
104位
アクセスランキングを見る>>