東京冒険紀行

東京に的を絞った冒険記。失われつつある追憶の風景・ワンダフルな建築物・愛しの公園キャラ・物語る廃墟・入りにくいけどイイ店・御馬鹿スポットから知られざるディープスポットまで...街で見つけた素晴らしいもの面白いものを独自の視点で紹介!!!

 
Category: 23区 > 文京区  

知られざる昭和初期の和洋家屋 「島薗邸」

千駄木にある登録有形文化財の一つで、あまり知られていない洋館がある。

島薗邸01
こちら「島薗邸」は、1932年(昭和7年)に建てられた瀟洒な邸宅。
脚気とビタミン不足との関係を発見したという東大医学部教授・島薗順次郎の長男結婚を期に建てられたそう。長男ご夫妻は終生この家で暮らしたそうである。

島薗邸02
洋館のみに見えるが、奥には和室も併設されていて、和と洋の二つの部分を並べた「和洋併置式」という様式。
洋館の1階外壁に小アーチの連続装飾帯が施されている。

島薗邸03
内部は玄関からすぐに書斎があるというトリッキーな構造。中は医学書がぎっしり。
これも、いかに書物・勉学に重きをおいていた証かもしれない。

島薗邸04
食堂と奥はサンルーム。

島薗邸05
食堂に取り付けられたシャンデリア。電球の笠は雲母だという。
建物の保存活動の際には、照明がすでに古道具屋へ渡ってしまっていたらしく、危機一髪で買い戻したそうだ。

島薗邸06
元は平屋建てだったが、昭和16年に2階が増築された。

島薗邸07
その洋室・和室が公開されている。落ち着いた2部屋である。

島薗邸08
洋室にあるステンドグラス。モチーフは戦艦と戦闘機という珍しいもの。
建てた時代によるものだろう、戦意高揚デザインは歴史を物語る貴重なもの。

島薗邸09
帰る際に初めて気づいた玄関の窓。何ともエレガントである。

島薗邸10
そして、ギョッ!ドアの後ろには赤子の彫刻が。

最近になって公開された大医学部教授一族の邸宅。しかも月に1度の公開というレアな建物である。
興味のある人はよく調べてから行くのがオススメ。
スポンサーサイト

Comment

Trackback
07-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

«   »

姉妹サイト
プロフィール

kshun10

Author:kshun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
288位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
116位
アクセスランキングを見る>>