東京冒険紀行

東京に的を絞った冒険記。失われつつある追憶の風景・ワンダフルな建築物・愛しの公園キャラ・物語る廃墟・入りにくいけどイイ店・御馬鹿スポットから知られざるディープスポットまで...街で見つけた素晴らしいもの面白いものを独自の視点で紹介!!!

 
Category: 23区 > 台東区  

出逢いと旅立ちのターミナル 「上野駅 後編」

前編に引き続き、レトロでロマン溢れる駅舎に戻った上野駅を。

上野駅11
グランドコンコースの明るく広々とした空間。屋根を防水布(東京ドームと同様)に張り替えられた。
この空間は、博物館さながらの展示の数々がある。

上野駅12
中央改札上には、1951年展示の猪熊弦一郎作の大壁画「自由」が掲げられている。
壁画が掲げられた1951年はサンフランシスコ講和条約が結ばれ、翌年から日本が独立国となることが決まった。この壁画はまさに時代を象徴するものだ。

上野駅14
待ち合わせ場所の定番、朝倉文夫作のブロンズ像「つばさの像」。
お~い、こっちこっち~!

上野駅13
券売機上の壁面にあるのは、東北・北関東・東京の名産や名勝が描かれた平山郁夫作「ふる里日本の華」。
四季折々の美しさを屏風絵ふうに配した、日本的なモチーフと構成が特徴。

上野駅15
改札外広小路口には同じく朝倉作の「三相」。三相とは知・情・意だそうだ。
駅開業75周年記念式に列席した朝倉が、駅が自身と誕生年を同じくしている(明治16年)と知り喜懌、記念に台東区を通じ贈られたもの。

上野駅16
三相の近くには、石川啄木の短歌の歌碑。「ふるさとの 訛なつかし 停車場の 人ごみの中に そを聴きにゆく」
あの頃は日本が広かった。ふるさとへはそう帰ることは叶わなかったので、せめて訛を聴いて懐かしんだのだ。ま、今じゃヒューンと帰れますからね。

上野駅17
こちらは中央改札から直進の広小路口。

上野駅18
広小路口には、 井沢八郎のヒット曲「あゝ上野駅」の歌碑がある。

上野駅19
そうそう、忘れちゃならねぇ上野駅の名物といえばパンダ像。
実物の倍の大きさはあるというジャイアントパンダ像はパンダ橋口を出たトコ。

上野駅20
そしてあまり知られていないのが、もう一つの小パンダ像。
大連絡橋コンコースにいるが、おっさんポーズでドンと座るジャイアントパンダと比べると、いじけたような寂しげなポーズ。優しいアナタは是非会いに行ってあげて!

かつて長距離列車の多くが発着していた上野駅。集団就職で郷里を離れ、上野駅から新しい人生をスタートさせた人々にとっては、上野駅は出逢いと新たな生活への旅立ちのターミナルだったんでしょうな。
現在は東北・上越新幹線が東京駅まで延伸したためターミナル駅としての役割は終えたが、街の人気は言わずもがな。今日もたくさんの人々がこの駅に降り立っている。
スポンサーサイト

Comment

Trackback
05-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

«   »

姉妹サイト
プロフィール

kshun10

Author:kshun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
464位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
179位
アクセスランキングを見る>>