東京冒険紀行

東京に的を絞った冒険記。失われつつある追憶の風景・ワンダフルな建築物・愛しの公園キャラ・物語る廃墟・入りにくいけどイイ店・御馬鹿スポットから知られざるディープスポットまで...街で見つけた素晴らしいもの面白いものを独自の視点で紹介!!!

 
Category: 多摩地域 > 東村山市  

狭山茶所情が厚い 「東村山駅周辺」

多摩地域北部にある東村山市。高田馬場駅から最短30分弱という地の利もあり、ベッドタウンとして開発された町でもある。
ベッドタウン開発が着手される前はほぼ全域が雑木林で占められていたため、その土地柄を活かして結核患者を対象とした診療所が多く点在していた。

東村山駅周辺1
駅周辺はロータリーがあり、高層マンションが聳え再開発が進んでいる印象。

東村山駅周辺2
そして東村山といえば何といっても志村けんの「東村山音頭」。
東口には、1976年に「東村山市の知名度を高めた」功績により「志村けんの木」が植えられた。

東村山駅周辺3
前述のように再開発が進みつつあるため、道も風景も全く変わってしまった部分が多い。
一時期住んでいたのである程度の土地勘はあったが、懐かしいと思える場所も少なくなってしまった。そんな中でレトロ街並を探すと、やはりさすが東村山な風景が。

東村山駅周辺4

東村山駅周辺5
地元住民が集まりそうな市場商店も。

東村山駅周辺6
昔ながらの商店街も、中途半端に新しくなっている印象。我々の琴線をくすぐるような風景は少ないかな。

東村山駅周辺7
そんな中で、どっこい生きてるオンボロ店舗が。「キッチンひの」だ。
下町に見られるような、このオンボロ加減。これだけの強烈なビジュアルながらこの地で生き残るためには、それなりのウリがあるってもんで。

東村山駅周辺8
そう、こちら結構人気の定食屋なのだ。このビジュアルで旨い定食屋ってのがいいんだろうね。
「ここ、まだあるよ~」と感動したが、この日は残念ながら休み。これは是非行ってみたいもんだ。

昔は「東村山市役所」方面一帯に、テラスハウスタイプの都営住宅が広がっていた。雰囲気的には「阿佐ヶ谷住宅」なんかに近かったと記憶している。それも現在では綺麗な住宅地に姿を変えていたため、ありふれた新興住宅地になってしまった感がある。
スポンサーサイト

Comment
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Trackback
09-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

«   »

姉妹サイト
プロフィール

kshun10

Author:kshun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
175位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
71位
アクセスランキングを見る>>