東京冒険紀行

東京に的を絞った冒険記。失われつつある追憶の風景・ワンダフルな建築物・愛しの公園キャラ・物語る廃墟・入りにくいけどイイ店・御馬鹿スポットから知られざるディープスポットまで...街で見つけた素晴らしいもの面白いものを独自の視点で紹介!!!

 
Category: 23区 > 足立区  

そこは静かな海の底 「ニューあわや」

北千住の商店街にある、地元住民に愛される老舗レストラン。

ニューあわや01
こちらレストラン「ニューあわや」。
今や“ニュー”と名の付くものは、一昔前の物が多いの法則。

ニューあわや02
看板のフォントやショーウィンドウが、ニンともカンともレトロ感たっぷり。
昭和13年に和菓子屋として開業、昭和38年に和菓子・洋菓子と洋食を兼ねたレストランとしてリニューアルオープンした。

ニューあわや03
メニューは、ハヤシライスやハンバーグ等、いかにも洋食屋といった洋食が中心。
ロシアの声楽家の名前を冠したシャリアピンステーキも人気メニュー。

ニューあわや04
店内は独特の懐かしさが漂っている。中でも壁を埋め尽くす絵や写真、サイン色紙の額縁は、店の長い歴史を示す意味もあり特徴的。

ニューあわや05
どこかキッチュな店内の奥には、何故かイルカバルーン(浮き袋)が。

ニューあわや06
入り口にも魚の飾りつけが施されていて、なるほど海の中というコンセプトがあったのかも知れない。そういえば椅子も貝っぽいデザインだ。
私達が逢ったのは静かな海の底~♪

ニューあわや07
注文したのは、こちらも人気の「カツカレー」。
カレーのベースは玉ねぎ・人参・セロリから、林檎・バナナ・蜂蜜まで入ったこだわりのルー。懐かしくも実力を感じる。

ニューあわや08
「特製ポークカツ」も、サクサクで旨かった。

ニューあわや09
会計後、改めて店の外観を見直すと和菓子・洋菓子が売られているブースが。

ニューあわや10
こんな和菓子屋の名残が、カオスで独特なレストランの雰囲気をよく表している。

かつて海の底がコンセプトだった(かも知れない)レストラン。
時代を経て、そのコンセプトが薄れるほどレトロな雰囲気が逆に新鮮である。
スポンサーサイト

Comment
(✿^_^✿)イイね! 
北千住、次、行こうかな。

「私達が逢ったのは静かな海の底~♪」は、
だれかの歌ですか?

Re: (✿^_^✿)イイね! 
ナイス質問です!
モコ・ビーバー・オリーブっていうグループの「海の底でうたう唄」ですよ。60年代の歌で、あんまり知られて無いと思います。だいぶ後になってル・クプルがカバーしました。結構マニアックな歌。

北千住周辺はもう少しネタ集めたらアップ予定ですよ。参考にしてねv-519

Trackback
10-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

«   »

姉妹サイト
プロフィール

kshun10

Author:kshun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
279位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
113位
アクセスランキングを見る>>