東京冒険紀行

東京に的を絞った冒険記。失われつつある追憶の風景・ワンダフルな建築物・愛しの公園キャラ・物語る廃墟・入りにくいけどイイ店・御馬鹿スポットから知られざるディープスポットまで...街で見つけた素晴らしいもの面白いものを独自の視点で紹介!!!

 
Category: 23区 > 台東区  

ああ愛しのデンキブラン 「神谷バー」

神谷バー1
浅草にある有名なバーであり、日本最初のバーでもある「神谷バー」。
1880年(明治13年)に銘酒店として開業し、1912年(明治45年)に内部を西洋風にして屋号を「神谷バー」と改めた。

神谷バー2
建物は1921年(大正10年)に建てられたもの。右から左に“神谷バー”と渋いフォントで書かれ、2階のアーチ窓の中に、さらに丸窓。かなりオシャレな装飾がなされた建物だ。
もちろん浅草で最古の鉄筋コンクリート造の建造物となる。

神谷バー3
住所は浅草1-1-1となるのか。

神谷バー4
店内にあるサンプル。昔ながらの洋食メニューが並ぶ。

神谷バー5
そして、神谷バーの名とともに有名なのがこちらの「デンキブラン」である。

神谷バー6
書かれているように、デンキブランは生ビールと交互に飲むものらしい。
電気が珍しかった明治の頃、目新しいものを“電気~”と呼ぶ傾向があったそうで、その上デンキブランは当時アルコール45度!それが電気とイメージが重なって、この名にピッタリだった事が名前の由来。
1882年(明治15年)にデンキブランが登場しているらしいので、約130年以上経っている事になる。

神谷バー7
店内には懐かしい雰囲気もあるが、予想よりもずっと綺麗である。
メニューは洋食屋でありレストランという位置付けでいいと思うんだが、続々と入ってくる年配客を中心とした客のほとんどが、デンキブランを注文。でき上がってすぐに賑やかになるわけで...。その雰囲気はやはりバーである。

神谷バー8
エビフライ、ミックスフライ、ハンバーグ等、洋食屋ならではのメニューで、食事だけでも十分楽しめる。
散歩の締めにはデンキブランでいいと思うが、これから散策って時は食事として入るのがいいかもね。
スポンサーサイト

Comment
こんにちは 
浅草は かなり行っていますが、↑こちらのお店は知りません。v-271

浅草の老舗なら、100パーセント美味しいですよね。v-136v-145v-145点ー!!

今年5月に行ったから(ステーキの松波。ほか)、
暫くはいいけど、神谷バー、一度行ってみたいです。

Re: こんにちは 
浅草はウマイ店多いですね。天丼とかうなぎとか。
このあたりは国際的な観光地になってますからディープ感は無くなってきますね。

Trackback
09-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

«   »

姉妹サイト
プロフィール

kshun10

Author:kshun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
167位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
67位
アクセスランキングを見る>>