東京冒険紀行

東京に的を絞った冒険記。失われつつある追憶の風景・ワンダフルな建築物・愛しの公園キャラ・物語る廃墟・入りにくいけどイイ店・御馬鹿スポットから知られざるディープスポットまで...街で見つけた素晴らしいもの面白いものを独自の視点で紹介!!!

 
Category: 23区 > 中央区  

古代インドな忠太ワールド 「築地本願寺」

築地本願寺01
東京都内における代表的な寺院の一つ「築地本願寺」。
京都にある「西本願寺」の直轄寺院で、著名な人物の葬儀が多く執り行われる。

築地本願寺02
江戸時代から明治期にかけ何度か再建された木造建築は震災で焼失。
現在の本堂は1934年(昭和9年)竣工で、当時の宗教施設としては珍しい鉄筋コンクリート造。

築地本願寺03
設計した建築家・伊東忠太は、日本の伝統的な寺院様式ではなく、仏教の発祥地・インドの建築様式を取り入れ特異な雰囲気を持つ伽藍を創立した。
建物中央の本堂は、上部に巨大な円形屋根がのせられている。

築地本願寺04
そして、妖怪好きといわれる伊東忠太ワールドは建物だけでは終わらない。動物彫刻も大きな見どころだ。
まず入り口には羽の生えた獅子。

築地本願寺05
他にも牛、馬、象、鶏など。どれも堂々とした勇ましい姿で、どこか可愛らしさもある。伊東忠太は、もともと画家(漫画家)になりたかったということで、さすがの造形!

築地本願寺06
公園アニマルやマンガキャラ好きの方、紹介しきれない色んな動物がまだまだいるので、これは是非実際に見に行ってもらいたい。

築地本願寺07
ステンドグラスも付いた豪勢な入り口。

築地本願寺08

築地本願寺09
内部は伝統的な浄土真宗寺院の本堂形式。

築地本願寺10
入り口側には、仏教寺院としては大変珍しくパイプオルガンが設置されている。
パイプ(笛)は、長いものでは約3メートル、短いものでは約1センチほどのものまで、大小約2,000本のパイプで構成されている。

今回の冒険で伊東忠太の設計による建物を初めて訪問したわけだが、俄然興味が沸いてきた。現存する建物も全国にあるので、今後もどんどん見て行きたい。
スポンサーサイト

Comment
お初です☆ 
築地は本願寺・・・・
2年前の今頃に1枚目の右側辺りで桃売ってたりしましたw
ちょっと懐かしいですv-46

中も凄く豪華なんですよね!

そういえば今頃は盆踊りも開催されてるかもしれないですね!!
一度言って見ましたが凄い盛り上がりでしたv-33
Re: お初です☆ 
そうなんです、中も豪勢な造りでさすがでした。
俺なんかもう10年かもっと前にカレーミュージアムのイベントか何かで行ったきりで、細かく見たのは初めてでしたよ~。
盆踊りがありそうな、祭り準備みたいな雰囲気はありましたよ。
 
一昨年でしたっけ・・・?お鮨を食べに行きました。(`▽´)

「築地本願寺」は素通りしましたが、こうやって拝見させて頂くと
なかなか立派な建物ですね。


Re: タイトルなし 
さすが、寿司好きまゆかさん!
築地の寿司はたまに誘われていますが、実はまだ食った事ないんですよ~。やっぱり朝早いほうがいいらしいですね。

「築地本願寺」みたいに変わった寺院は惹かれますね。設計した伊藤忠太の建物にも興味わきました。

Trackback
11-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

«   »

姉妹サイト
プロフィール

kshun10

Author:kshun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
262位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
97位
アクセスランキングを見る>>