東京冒険紀行

東京に的を絞った冒険記。失われつつある追憶の風景・ワンダフルな建築物・愛しの公園キャラ・物語る廃墟・入りにくいけどイイ店・御馬鹿スポットから知られざるディープスポットまで...街で見つけた素晴らしいもの面白いものを独自の視点で紹介!!!

 
Category: 23区 > 文京区  

文京の縛られ地蔵 「林泉寺」

葛飾区の「南蔵院」、品川区の「願行寺」とともに、縛られ地蔵があることで有名な「林泉寺」。
1602年(慶長7年)、伊藤半兵衛長光の開基よって創立。

林泉寺1
「林泉寺」は茗荷坂の途中にあり、通りからは見えないため見逃しがち。
階段を上ったところに隠れている「しばられ地蔵」。

林泉寺2
時期的なものなのか、顔の方まで縄がいっていてこんな状態。息苦しそうだ。

林泉寺3
“縄をお使いになられる方は、気持ちばかりの浄財をお願い致します。”

林泉寺5
そういえば、今まで人間を縛ってばかりだったなぁ(ウソウソ)。縛られ地蔵を縛った事なかった。
いい機会だ。縛って何かお願いしよ。願いが叶ったら解きに来るのが「しばられ地蔵」のルールである。

しばられ地蔵の由来となった昔話の一つを案内板より紹介。
“昔、呉服屋の手代が地蔵様の前で居眠りをしているうちに反物が盗まれてしまった。
方向は石地蔵が怪しいと言って地蔵を荒縄でしばり奉行所に運んだので物見高い見物人が一緒に奉行所に入ってしまった。許しもなく入った人々に罰として三日以内に反物を持参させた。その中に盗品があり犯人を検挙した。”
スポンサーサイト

Comment

Trackback
08-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

«   »

姉妹サイト
プロフィール

kshun10

Author:kshun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
470位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
177位
アクセスランキングを見る>>