東京冒険紀行

東京に的を絞った冒険記。失われつつある追憶の風景・ワンダフルな建築物・愛しの公園キャラ・物語る廃墟・入りにくいけどイイ店・御馬鹿スポットから知られざるディープスポットまで...街で見つけた素晴らしいもの面白いものを独自の視点で紹介!!!

 
Category: 多摩地域 > 小金井市  

東京レトロ建築選抜 「江戸東京たてもの園 Ⅱ」

前回に引き続き、「江戸東京たてもの園」。

江戸東京たてもの園11
昔の商家や銭湯などを復元した東ゾーン。有名人の自邸でも異例の建築でもないので、保存されていなければ、そのまま歴史の波に消え行く運命だったであろう建物達だ。
ここはもう大好物!我々にとってのメインゾーンで、下町の風情を楽しめる。外観を中心に紹介。

江戸東京たてもの園12
まず紹介するのはこちら、元は中央区新富にあった「植村邸」。銅板で覆われた外観に、看板建築の特徴がよく表れている。

江戸東京たてもの園13
大変凝った装飾で、家紋なのかシェリフバッジのような六芒星が描かれていて、バランスがよくカッコいい。

江戸東京たてもの園14
続いては、神田神保町で荒物屋を営んでいた「丸二商店」。

江戸東京たてもの園15
ファサードは小さな銅板を巧みに組み合わせて、籠目のようなパターンを用いたデザイン、檜垣文様を形成。
数はだいぶ少なくなってしまったが、銅板葺きの装飾として時折見られるこの檜垣文様。帯や小紋の柄にも多く用いられた。

江戸東京たてもの園16
裏手には長屋も移築されていて、古き良き路地裏が形成されている。

江戸東京たてもの園17
右から“鰹節”と書かれたこちらは、乾物屋だった「大和屋本店」。
港区白金台にあった木造3階建ての商店。

江戸東京たてもの園18
たばこを売るスペースも雰囲気あるねぇ。

江戸東京たてもの園19
台東区池之端の不忍通り沿いに建っていた化粧品屋「村上精華堂」。化粧品を売ってる“精華堂”ってネーミングいいね。

江戸東京たてもの園20
古代ギリシアの建築様式であるイオニア式風の柱が並び、瓦葺きの和風屋根を組み合わせるなんてユニーク。
当時はかなりモダンだっただろうね。化粧品屋の建物としてしっくり合うデザイン。

次回もまだまだ紹介!続き→
スポンサーサイト

Comment

Trackback
11-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

«   »

姉妹サイト
プロフィール

kshun10

Author:kshun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
262位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
97位
アクセスランキングを見る>>