東京冒険紀行

東京に的を絞った冒険記。失われつつある追憶の風景・ワンダフルな建築物・愛しの公園キャラ・物語る廃墟・入りにくいけどイイ店・御馬鹿スポットから知られざるディープスポットまで...街で見つけた素晴らしいもの面白いものを独自の視点で紹介!!!

 
Category: 23区 > 台東区  

上野の山の守り神 「花園稲荷神社」

上野公園にある「花園稲荷神社」は、上野山の守護神といわれているが知名度はイマイチ。
見どころ満載の上野ではついつい見過ごされがちだが、実は中々趣きある異空間なのである。

花園稲荷神社01
「花園稲荷神社」、は忍岡稲荷や穴稲荷とも呼ばれ、創建年代は諸説あるが、江戸時代初期には創建されていた。この付近が寛永寺の花畑だったため、明治時代に「花園稲荷神社」と改名した。(案内板より)

花園稲荷神社02

花園稲荷神社11
鳥居連なる風情ある石段は「稲荷坂」と呼ばれ、江戸時代からこの名があるそう。
異空間に誘われるように、鳥居のトンネルをくぐって「稲荷坂」を進む。

花園稲荷神社04
坂を下りきると「花園稲荷神社」の本殿がある。
縁結びの神様として有名らしく、男女の縁のみならず、全てにおいて良い縁を結び、人間関係を円滑にしてくれるといわれている。

花園稲荷神社05
こちらは「穴稲荷」。鳥居の向こうが真っ暗に見える。実はこここそ異空間への入り口。

花園稲荷神社06
両側の狛狐はかなり厳しい表情。

花園稲荷神社07
そして奥へと続く道。静けさの中に赤い提灯の明かりが浮かぶ、妖気ただよう入り口。
どこからともなく冷たい風が当たり、暗がりへと誘われる。この“和”の不気味さがたまらない。妖怪とか幽霊の“ひゅ〜どろどろどろ”って世界。

花園稲荷神社12
案内板によると“寛永のはじめ、天海が寛永寺を草創の際、住処を失った狐を哀れんで一洞を作り、その上に祠を建てて祀った”そうだ。
暑い日だったんだけど、この中は不思議な程に涼しい。

花園稲荷神社08
こちらが「お穴様」。現在の花園稲荷は明治になって再建されたもので、かつてはこの場所にあったようだ。

花園稲荷神社10
ちなみにこの場所、幕末には彰義隊の戦で最後の激戦地(穴稲荷門の戦)だった事でも知られているそうだ。
「上野恩賜公園」内には彰義隊の墓がある。
スポンサーサイト

Comment

Trackback
05-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

«   »

姉妹サイト
プロフィール

kshun10

Author:kshun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
540位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
210位
アクセスランキングを見る>>