東京冒険紀行

東京に的を絞った冒険記。失われつつある追憶の風景・ワンダフルな建築物・愛しの公園キャラ・物語る廃墟・入りにくいけどイイ店・御馬鹿スポットから知られざるディープスポットまで...街で見つけた素晴らしいもの面白いものを独自の視点で紹介!!!

 
Category: 23区 > 文京区  

合格祈願といえばここ 「湯島天神」

神田明神」と「湯島聖堂」をレポートしてからしばらくお預けになっていたが、いよいよ「湯島天神」をレポート。

湯島天神01
正式名称は湯島天満宮といい、古来より江戸・東京における代表的な天満宮である「湯島天神」。
緑青色の表鳥居は1667年(寛文7年)に創建。

湯島天神02
写真だとちょっと見えにくいが、装飾に唐獅子の頭が用いられている。
現在、都内に残っている鋳造の鳥居の中でも古いもので、東京都指定の有形文化財になっている。

湯島天神03
こちらは「宝物殿」。
展示エリアには神輿や掛け軸、広重の「江戸名所百景」などがある。俺のポケットには大きすぎらぁ。

湯島天神04
「撫で牛」は手水舎の両脇におわす。

湯島天神05
こちらが「本殿」。“学問の神様”として知られる菅原道真公を祀っているため、受験シーズンには多数の受験生が合格祈願に訪れるのは周知の事実だが、それ以外の時期も学問成就や修学旅行の学生らが多く訪れる。

湯島天神06

湯島天神07
この大量の絵馬。本殿に面する左右の棚にびっしりと下げられ、あまりのボリュームにこんもりと盛り上がっている

湯島天神08
こちらは「新派の碑」。新派劇創立90年を迎えた1977年(昭和52年)に新橋演舞場玄関脇に建てられたもの。新橋演舞場の改築にあたり新派と縁のあった湯島天神に移された。

湯島天神09
湯島天神境内にはかつて五基のガス灯があった。
泉鏡花の小説『婦系図』をテーマとした有名な歌「湯島の白梅」の歌詞には“青いガス灯 境内を 出れば本郷切り通し あかぬ別れの中空に 鐘は墨絵の上野山”とある(案内板より)。都内で唯一の屋外ガス灯だそうだ。

湯島天神10
所々に苔の生えた風情ある石段、こちらは38段の石段坂「男坂」。
江戸時代の書物「御府内備考」によると、湯島天神参拝のための坂だったそうだ。
スポンサーサイト

Comment

Trackback
05-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

«   »

姉妹サイト
プロフィール

kshun10

Author:kshun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
492位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
197位
アクセスランキングを見る>>