東京冒険紀行

東京に的を絞った冒険記。失われつつある追憶の風景・ワンダフルな建築物・愛しの公園キャラ・物語る廃墟・入りにくいけどイイ店・御馬鹿スポットから知られざるディープスポットまで...街で見つけた素晴らしいもの面白いものを独自の視点で紹介!!!

 
Category: 23区 > 台東区  

帝冠建築の博物館 「国立博物館 本館」

東京冒険紀行でも、多数のワンダフル建築物を紹介してきているが、レトロ建築物の内部はなかなか見る機会が無い。歴史的価値のあるものはもちろん、民家として利用されているケースも多く、外観を楽しむにとどまるのが通例だ。
そんな中、貴重なワンダフル建築物の内部まで存分見学できるものの一つに“博物館”がある。

国立博物館本館01
今回の「国立博物館・本館」もそんな一つ。1937年(昭和12年)に竣工し、翌1938年開館した帝冠様式の代表的建築だ。
今回展示品は割愛し、冒険紀行ならではの建築物にスポットをあててのレポート。

国立博物館本館02
瓦屋根に寺院のような破風を付している。
帝冠様式とは、コンクリート造の現代建築に瓦屋根を載せた和洋折衷の建物をいう。
他にも九段の「九段会館」や、横浜の「神奈川県庁舎」が有名。

国立博物館本館03
入るとまず、洋画に出てきそうな豪華な大階段があらわれる。

国立博物館本館04
装飾のついた照明が柔らかな明かりを灯し、味わい深い。

国立博物館本館05
ステンドグラスまで。う〜ん、ラグジュアリー。

国立博物館本館06
ぬおぉ、ただでさえ立派な扉は黄金だ!

国立博物館本館07

国立博物館本館08
1階の展示エリアには応接間のような部屋が。何ともロマン溢れる装飾。

国立博物館本館09
壁にはモザイクタイルによるアートが。

国立博物館本館10
大階段以外にも立派な階段がいくつもある。個人的にはこれ気に入った。

2001年に「旧東京帝室博物館本館」の名称で重要文化財に指定されている。(帝室博物館の名称は昭和22年まで使用された)
俺みたいな、にわかレトロ建築物ファンのみなさん。博物館でレトロ建物に注目してみる、これオススメ!
スポンサーサイト

Comment
実に良いですね 
こんばんは。
神奈川県庁に行った時、帝冠様式を知りましたが、ここもそうなんですね。
内部も重量感あって存在感あり過ぎって感じです。
紹介されるところが、実に興味深いところばかりで、目の付け所が違うなあと感心仕切りです^^
国立博物館、是非行って見ます。
次を楽しみにしています。
Re: 実に良いですね 
コメントありがとうございます!
帝冠様式は存在感ありますね。重々しさが他とは違います。
古い建物は個性があるからいいですね。

Trackback
09-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

«   »

姉妹サイト
プロフィール

kshun10

Author:kshun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
175位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
71位
アクセスランキングを見る>>