東京冒険紀行

東京に的を絞った冒険記。失われつつある追憶の風景・ワンダフルな建築物・愛しの公園キャラ・物語る廃墟・入りにくいけどイイ店・御馬鹿スポットから知られざるディープスポットまで...街で見つけた素晴らしいもの面白いものを独自の視点で紹介!!!

 
Category: 23区 > 中野区  

サブカル聖地は超カオス 「中野ブロードウェイ 前編」

今回は、言わずと知れたサブカルの聖地「中野ブロードウェイ」の冒険。

中野ブロードウェイ01
1966年(昭和41年)開業。地上10階・地下1階建てで、商業施設は地下1階から地上4階まで。5階以上は住宅施設になっている。

元々はブロードウェイとサブカルチャー・オタク文化とはなんの関係もなかったが、開館当時の商店街ライクな雰囲気をサブカルチャーの殿堂と評される雰囲気に塗り替え、より高い発展を遂げることに成功したのが「まんだらけ」だった。“中央線文化”の呼び名があるとおり、アニメ制作会社や大学、学校、若者といったマニア向け商品の顧客層が多い土地柄だったことも成功の大きな要因だ。

中野ブロードウェイ02
地上1階は生活日用品を扱う店が多い。

中野ブロードウェイ03
この靴屋はすごい。これは靴積みすぎじゃねぇか。地震があったら凄い事になりそう。

中野ブロードウェイ04
地下1階も同様に生活日用品のよう。食料品売り場が多いかな。

中野ブロードウェイ05
名物となっている「デイリーチコ」のソフトクリーム。
数段重ねた特大ソフト(見にくいけどサンプル右端)は圧巻。

と、ここまでを見ている限りは、普通のショッピングエリアの範疇だ。
それではいよいよ、超カオスエリアの2〜4階へ行ってみよう。

中野ブロードウェイ06
上り用エスカレータは地上1階から3階への直通運転のみ。目的地が2階なら乗ってしまうと慌てる事になる。多くの人はこれを利用するので、ある意味これが正規ルートともいえる。我々もこれに乗って3階へスキップ。
なんか、こっから見える2階がホラータッチに見える。

中野ブロードウェイ07
エスカレーターの先、3階には漫画古本などのマニア・オタ向け商品店の「まんだらけ」。
前述のとおりブロードウェイが“サブカルの聖地”になったのも、「まんだらけ」無くしては語れない。

中野ブロードウェイ08
ブロードウェイはコスプレの店も充実している。オーダーメイドも受け付けている店もあって、ファンにはたまらない。

中野ブロードウェイ09
階段の踊り場にある案内板と店舗の看板を見ると、ここのカオスっぷりが如実に現れている。
時計屋に印刷屋にメイドカフェ。他にも骨董、眼科や歯科医院などなど。

中野ブロードウェイ10
おぉ、サイババまでいるぞ。そう、ブロードウェイには占いの店舗も多い。
このカオスっぷりには愕きを禁じえない。

続き→
スポンサーサイト

Comment

Trackback

まとめtyaiました【サブカル聖地は超カオス 「中野ブロードウェイ 前編」】

今回は、言わずと知れたサブカルの聖地「中野ブロードウェイ」の冒険。1966年(昭和41年)開業。地上10階・地下1階建てで、商業施設は地下1階から地上4階まで。5階以上は住宅施設にな

05-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

«   »

姉妹サイト
プロフィール

kshun10

Author:kshun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
540位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
210位
アクセスランキングを見る>>