東京冒険紀行

東京に的を絞った冒険記。失われつつある追憶の風景・ワンダフルな建築物・愛しの公園キャラ・物語る廃墟・入りにくいけどイイ店・御馬鹿スポットから知られざるディープスポットまで...街で見つけた素晴らしいもの面白いものを独自の視点で紹介!!!

 
Category: 23区 > 新宿区  

残された戦後の新宿 「思い出横丁」

新宿駅西口は、東口に比べ古臭い建物が多く残っている。

思い出横丁01
その西口のやや北寄り、太平洋戦争後すぐに形成された闇市を起源とする商店街「思い出横丁」。

思い出横丁02

思い出横丁04
ここには「赤ちょうちん」と呼ばれる小規模な居酒屋が密集し、狭い路地、配管や鉄骨が剥き出しになっていていかにもな光景。

思い出横丁03
昔はトイレが無かったのか、はたまたトイレまで行くのが面倒だったのか、そこらじゅうに立ちションしていたそうで。
そこからかつては「しょんべん横丁」とも呼ばれ、おっさん以外は近寄り難い場所だった。

思い出横丁05
現在でも女のコが来ることは少ないと思うが、通りまで小便臭いような事は無くただただ古く懐かしい雰囲気だ。

思い出横丁06
ここが最も魅力的なのは、やはり暗くなってからだろう。提灯の明かりが多いのも特徴。ネオンでは出せないノスタルジックな光が、昭和のおっさんムードをグッと盛り上げる。

思い出横丁07
狭い通りに狭い間口で、やきとりやらモツ煮込みの煙が立ちこめる。歩いていると「空いてるよ~」「どうですか~」と声をかけてくる。そしてムードだけじゃない。庶民的な価格を維持している。ここが物価の高い大都会・新宿であることを考えると凄い事だ。謎のメニューも多いが。

闇市由来の「思い出横丁」。戦後かなりの年月を経て、さすがに建物の老朽化が進み火災や地震に対して脆弱であることは否めない。平成11年11月には大きな火災が発生し、その時は取り壊しの話も持ち上がったらしい。

変化の著しい新宿の町並みのなかでも戦災復興や昭和の時代の臭いを今なお残しているのは奇跡的ともいえる。
スポンサーサイト

Comment

Trackback

まとめteみた【東京冒険紀行】

新宿駅西口は、東口に比べ古臭い建物が多く残っている。その西口のやや北寄り、太平洋戦争後すぐに形成された闇市を起源とする商店街「思い出横丁」ここには「赤ちょうちん」と呼ば...

10-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

«   »

姉妹サイト
プロフィール

kshun10

Author:kshun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
290位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
104位
アクセスランキングを見る>>