東京冒険紀行

東京に的を絞った冒険記。失われつつある追憶の風景・ワンダフルな建築物・愛しの公園キャラ・物語る廃墟・入りにくいけどイイ店・御馬鹿スポットから知られざるディープスポットまで...街で見つけた素晴らしいもの面白いものを独自の視点で紹介!!!

 
Category: 23区 > 港区  

麻布台の巨大な墓標 「ノアビル」

桜田通りと外苑東通りが交叉する飯倉交差点のトコにあるワンダフル建築「ノアビル」。

ノアビル4
1974年竣工。設計は、モダニズム建築に背を向け、哲学的と称される独自の建築を生み出した白井晟一氏。楕円形の円筒部分は、表面は硫酸銅で処理され怪しく黒光りしていて、ところどころに縦長の窓が設けられている。
このプリミティブアートのような存在感抜群の外観。煙突のようでもあるが、墓標のようにも見えるではないか。

ノアビル2
中央付近の外壁には「NOA」の金色のロゴが描かれている。
上の方がアーチ型になっている高い入り口も特徴的。

ノアビル5
入口ホールは黒光りの大理石か。

ノアビル6
ノアビルのNが、人の顔のように彫られたところに。
近くで見ると煉瓦の表面がボコボコしているのが分かる。

ノアビル3
円筒の根元はレンガ造り。そしてここにも縦長の窓が。
ヨーロッパの城に見られる銃眼によく似た形状。

赤褐色のボコボコなレンガで、部分的に煤けていて味わい深い。
絵になるワンダフル建築なのである。
スポンサーサイト

Comment

Trackback

まとめteみた【東京冒険紀行】

桜田通りと外苑東通りが交叉する飯倉交差点のトコにあるワンダフル建築「ノアビル」。1974年竣工。設計は、モダニズム建築に背を向け、哲学的と称される独自の建築を生み出した白井

まとめteみた.【麻布台の巨大墓標 「ノアビル」】

桜田通りと外苑東通りが交叉する飯倉交差点のトコにあるワンダフル建築「ノアビル」。1974年竣工。設計は、モダニズム建築に背を向け、哲学的と称される独自の建築を生み出した白井

08-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

«   »

姉妹サイト
プロフィール

kshun10

Author:kshun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
587位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
226位
アクセスランキングを見る>>