東京冒険紀行

東京に的を絞った冒険記。失われつつある追憶の風景・ワンダフルな建築物・愛しの公園キャラ・物語る廃墟・入りにくいけどイイ店・御馬鹿スポットから知られざるディープスポットまで...街で見つけた素晴らしいもの面白いものを独自の視点で紹介!!!

 
Category: 23区 > 中野区  

哲学のテーマパーク 「哲学堂公園 Ⅲ」

に続き「哲学堂公園」の冒険。
色々まわって頭よくなってきた気が...しなくも無い。

哲学堂公園21
郊外の料亭の入り口みたいな「常識門」。
こちらは正門の「哲理門」に対して、普通の出入口という意味で与えられた名称。

哲学堂公園22
小山になっている「三学亭」。
お堂は三角形になっていて、日本の古来からの神学、儒学、仏教学の各碵学、平田篤胤、林羅山、釈凝然を奉崇している。

哲学堂公園23
「三祖苑」。
思想史の始祖ともいえる、中国の黄帝、インドの足目仙人、ギリシアのタレスの各人を刻んだ石碑がまつられている。

哲学堂公園24
この辺で、公園キャラも出てくるぞ。まずはタヌキ。
「狸灯」は人生観を表しているキャラ。

哲学堂公園25
人は狸のごとく人を騙したりするが、光輝ある霊性を発することもある、と。

哲学堂公園26
お次は鬼。
人間の心の中に妄想や悪念があるのは心の鬼のためだが、心の中には良心もある。
鬼が良心を示す灯籠に圧倒させられ、苦しんでいる様子を示しており、人心観を表しているそうだ。

哲学堂公園27
そして最後に、公園キャラのファンには嬉しい「哲学の庭」。
2009年に設置されたハンガリーの首都ブダペストにあるものと同じもの。

哲学堂公園28
ガンジーは誰が見ても分かる感じ。

哲学堂公園29
この円形水場を囲む第一の輪と呼ばれるエリアは、どこか宇宙的な感じ。
異なった文化を象徴する、思想を作り世界の大きな宗教の祖となった人物たちが配置されている。

哲学堂公園30
特にこのエクナトン(イクナートン)。
SF映画『フィフス・エレメント』に登場しそうなヴィジュアル。

これ以外にも公園キャラはたくさんいるし、哲学を意識せずとも気持ちのよい公園である。
心霊スポットとしても名が挙がるし、妖怪好きの井上円了が開園したとあってずっと気になってた公園だったけど、期待と違った良さがあった。
スポンサーサイト
07-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

«   »

姉妹サイト
プロフィール

kshun10

Author:kshun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
254位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
96位
アクセスランキングを見る>>