東京冒険紀行

東京に的を絞った冒険記。失われつつある追憶の風景・ワンダフルな建築物・愛しの公園キャラ・物語る廃墟・入りにくいけどイイ店・御馬鹿スポットから知られざるディープスポットまで...街で見つけた素晴らしいもの面白いものを独自の視点で紹介!!!

 
Category: 23区 > 中央区  

銀座レトロ建築探訪 5~8丁目編

今回は銀座のレトロ建築探訪・5~8丁目編。
それも「銀座和光本館」や「交詢ビルディング」のような有名どころをあえて外し、意識しないと見逃しそうなレトロや、当ブログでまだ紹介していないビルを中心に紹介。

銀座レトロ建築01
まず銀座駅から新橋方面に歩くと最初に目に付くのが、こちら「坂口ビルⅡ」。
いかにも昭和な佇まいながら、詳細は不明。

銀座レトロ建築04
こちら6丁目の「銀座風月堂ビル」も、同じく昭和のオフィスビルの香りがプンプン。
1964年の竣工と、当ブログでは小結クラスのビルディングである。

銀座レトロ建築02
7丁目の端っこにある「電通銀座ビル」。こちらはレトロビルの中では比較的知れた存在で、深い緑色の渋いカラーリングのタイルで覆われている。

銀座レトロ建築03
1933年(昭和8年)に竣工。正面玄関上部には当時の社章の五芒星、その左に吉祥天、右に広目天のレリーフが飾られている。

銀座レトロ建築08
7丁目にある「第一菅原ビル」。菅原電気株式会社のオフィスビルとして、1934年(昭和9年)に竣工。

銀座レトロ建築09
1階から3階までは、現在「椿屋珈琲店」が入居し、外観も改装されている。
4階5階部分はスクラッチタイルが残っていて、昭和初期のビルの特徴が感じられる。

銀座レトロ建築10
階段室には上下に大きさの違う丸窓が付けられ、縦に長い窓が印象的。

銀座レトロ建築05
こちらも7丁目の「丸嘉ビル」。「交詢ビルディング」の向かいにある。

銀座レトロ建築06
2階までの白い壁面が後付けのため、よく見ないと古い印象がないが1929年(昭和4年)竣工。
スパニッシュ風の装飾やレリーフが見て取れる。

銀座レトロ建築07
こちら「ニューコンパルビル」も、縦長窓がリズミカルに付いたレトロモダンビル。
建物好きじゃないとあまり目が行かないかもしれないけど、なかなか良いビルじゃないか。

ちょっと地味な、銀座のこんな特集。
今後もちょいちょいやっちゃおうかしら。
スポンサーサイト
11-2016
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

«   »

姉妹サイト
プロフィール

kshun10

Author:kshun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
587位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
226位
アクセスランキングを見る>>