東京冒険紀行

東京に的を絞った冒険記。失われつつある追憶の風景・ワンダフルな建築物・愛しの公園キャラ・物語る廃墟・入りにくいけどイイ店・御馬鹿スポットから知られざるディープスポットまで...街で見つけた素晴らしいもの面白いものを独自の視点で紹介!!!

 
Category: 23区 > 葛飾区  

何といっても大相撲の街 「両国駅周辺」

今回は大相撲の街、両国駅周辺。

両国駅周辺01
現在の両国駅・駅舎は関東大震災発生後の1929年に再建された駅舎。
ホーム横にはターミナル駅の面影を残す駅舎とホームが残されていて、旧駅舎コンコースを利用し「大江戸八百八町・花の舞」が営業。店内にある土俵が名物。

両国駅周辺02
両国といえば、何といっても大相撲の興業施設「両国国技館」。
1985年1月場所より使用されている現在の建物は二代目。

両国駅周辺03
よく見りゃ案内地図も力士型になっていて微笑ましい。
相撲部屋や力士サイズの服を取り扱う洋品店、そしてちゃんこ鍋の店など、街の大相撲関連の物を挙げるとキリが無いので今回は割愛。

両国駅周辺04
とはいえ相撲とは直接関係無い店名や建物名等にまで、どうしても相撲が入ってしまうのは場所柄か。
元力士が始めた店だとか相撲好きの集まる店だとか、細かいことは知らんけどね。

両国駅周辺05
街には下町特有のオンボロ食堂なども点在している。

両国駅周辺06
大型の新しい建物が増えつつある場所ながら、こういった古い店が残っているのにはホッとする。

両国駅周辺07
さてこちらは一見何の変哲も無いビル。

両国駅周辺08
このビルにある、「もんじゃ」と読んでしまいそうになる店、こちらは「もゝんじや」。
1718年(享保3年)創業の猪料理店。ももんじとは百獣(ももんじゅう)の意で、かつては動物の肉を扱う店を「ももんじや」と総称した。この店も当初は「ももんじや・豊田屋」という屋号だった。

両国駅周辺09
看板に“猪初入荷致しました”とある。
はて?隣にある黒い影は...

両国駅周辺10
よく見るとギョッ!猪の骸がぶら下がっているではないか。
この店では、猪の肉は味噌仕立てのすき焼き。その他にも鹿刺しや狸汁など珍しい肉料理を味わえるらしい。

江戸時代、両国橋を挟んで西詰(西側・浅草橋など)と東詰(東側・両国)では雰囲気が変わった。
西詰は将軍のお膝元で規制が厳しかったのに比べ、東詰は自由で様々な文化が花開いた。「もゝんじや」のような店で肉を食べることも出来た。もっとも江戸時代は肉を食することは禁止されていたので、猪肉は「山くじら」と称していたそうだが。
スポンサーサイト
01-2015
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

«   »

姉妹サイト
プロフィール

kshun10

Author:kshun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
227位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
93位
アクセスランキングを見る>>