東京冒険紀行

東京に的を絞った冒険記。失われつつある追憶の風景・ワンダフルな建築物・愛しの公園キャラ・物語る廃墟・入りにくいけどイイ店・御馬鹿スポットから知られざるディープスポットまで...街で見つけた素晴らしいもの面白いものを独自の視点で紹介!!!

 
Category: 23区 > 葛飾区  

夜の暗闇一丁目 「呑んべ横丁」

京成立石にある、下町酒場の聖域「呑んべ横丁」。
以前訪れ、その衝撃を伝えるべく記事にしたが、その最後にこう締めくくっていた。
「機会があればここの真の姿、夜の姿を是非お届けしたい。」

呑んべ横丁11
そう、この度そのために夜になって京成立石を訪れたのである。
夜の呑んべ横丁、早速レポート!

呑んべ横丁12
小さいながらも昼にはあった明かり取りからの太陽の明かり。それが一切無い暗闇の路地。

呑んべ横丁13
しかしやはり、ここの夜は店舗のネオンが灯っていて明るい。呑み屋街はこうでなくっちゃ。

呑んべ横丁14
昼間と違うポイントとしては、やはり灯りがある事だ。
エリアによって様々な色に変化する。

呑んべ横丁15
明かりがあると、逆に明かりのない場所がより暗く感じる。
明暗のコントラストがネオンだけを明るく浮かび上がらせ、また幻想的。

呑んべ横丁16
色とりどりのネオンが小さくカラフルに彩っている。

呑んべ横丁17
前回も見た「アカカンバン」のペイント。右から左に書かれた文字が時代を感じる。

呑んべ横丁18
それにしても、まるでセットのようなエリアである。
これだけ狭い空間に、これだけ古い店舗がひしめき合っている。

呑んべ横丁19
両側から壁が迫る狭い通路、飛び出した沢山の看板。
漂う空気までもが、タイムスリップした感覚に陥らせる。

呑んべ横丁20
何年か前から、ここも再開発計画の候補地となっている。
この聖域もいつまで残っていられるか、全く分からない状態となっているのである。
ここが気になる方は、是非早めに訪れておくことを、
そして是非、夜に訪れることをオススメする。
スポンサーサイト
09-2014
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

«   »

姉妹サイト
プロフィール

kshun10

Author:kshun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
227位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
93位
アクセスランキングを見る>>