東京冒険紀行

東京に的を絞った冒険記。失われつつある追憶の風景・ワンダフルな建築物・愛しの公園キャラ・物語る廃墟・入りにくいけどイイ店・御馬鹿スポットから知られざるディープスポットまで...街で見つけた素晴らしいもの面白いものを独自の視点で紹介!!!

 
Category: 多摩地域 > 小金井市  

東京レトロ建築選抜 「江戸東京たてもの園 Ⅲ」

前回に引き続き、東ゾーンの昔の商家を紹介。...シャレじゃないよ。

江戸東京たてもの園21
今回のトップ写真は、もう見るからにソソる二軒の並びから。
左は「武居三省堂」、右が「花市生花店」。

江戸東京たてもの園22
まずは「武居三省堂」から。
神田須田町にあった文房具屋で、前面がタイル貼りの看板建築だ。

江戸東京たてもの園23
店内にはいくつもの引き出しがあり、天井にまで商品が置かれている。
このたまらなく風情ある店内は、映画「千と千尋の神隠し」の中に出てくる“釜爺(かまじい)”の部屋のモデルになったそう。あの色んな薬草入れてる引き出し。さっすが目の付けどころがいいね。

江戸東京たてもの園24
続いて神田淡路町にて花屋を営んでいた「花市生花店」。

江戸東京たてもの園25
よく見ると、ファサードの銅板に花屋らしいレリーフが施されていて凝っている。

江戸東京たてもの園26
店内はこんな感じ。素敵な花屋だ。

江戸東京たてもの園27
こちらは江戸川区小岩に建てられていた「川野商店」。出桁造りの和傘製造問屋。

江戸東京たてもの園28
こちらも出桁造りの商家「小寺醤油店」。現在の港区白金で醤油、日本酒、味噌を売っていた。

江戸東京たてもの園29
店内は昭和30年代後半の状況を再現している。

江戸東京たてもの園41
「万徳旅館」は青梅市の青梅街道沿いにあった旅館。江戸時代末期〜明治時代初期の創建当初の様子を復元している。

いや〜博物館でこんなに長く書くつもりなかったんだけどな。
続きは、東京の銭湯を代表する宮造りの「子宝湯」を中心に。
続き→
スポンサーサイト
11-2012
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

«   »

姉妹サイト
プロフィール

kshun10

Author:kshun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
510位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
193位
アクセスランキングを見る>>