東京冒険紀行

東京に的を絞った冒険記。失われつつある追憶の風景・ワンダフルな建築物・愛しの公園キャラ・物語る廃墟・入りにくいけどイイ店・御馬鹿スポットから知られざるディープスポットまで...街で見つけた素晴らしいもの面白いものを独自の視点で紹介!!!

 
Category: 多摩地域 > 西東京市  

朱色のアーチの迷路 「東伏見稲荷神社」

東伏見稲荷神社1
西東京市に鎮座する「東伏見稲荷神社」。
京都の伏見稲荷大社の分霊を勧請して1929年(昭和4年)に創建。

東伏見稲荷神社2
後で知ったのだが、東伏見という地名はこの神社が出来てからついた地名。
それにあわせて西武新宿線の駅名も「上保谷駅」から「東伏見駅」に変更されたそうである。

東伏見稲荷神社3
朱色が映える美しい社殿。新東京百景の一つに選ばれている。
この日も背後の桜と緑の木々で、美しい画である。

東伏見稲荷神社4
こちらの神社、お楽しみは“お塚巡拝”。

東伏見稲荷神社5
社殿の奥に、お塚参道がある。
鳥居が並ぶ参道と、道々にお社が祀られている。

東伏見稲荷神社6
さすが京都の伏見稲荷の分霊神社。
無数に並ぶ朱色の鳥居。

東伏見稲荷神社7
お塚参道は意外と広い。
まるで朱色のアーチの迷路のような感覚で楽しい。

東伏見稲荷神社8
静かな木々の中にいると、東京にいるのをしばし忘れる。
スポンサーサイト
Category: 多摩地域 > 西東京市  

明るい昭和がそこかしこ 「ひばりが丘プラザ」

ひばりが丘プラザ1
今回は西東京市谷戸町にある「ひばりが丘プラザ」。
お察しの通り、最寄り駅は「ひばりが丘駅」でございます。

ひばりが丘プラザ2
昭和モダンなフォントがたまらんでしょ?
先に言っとくと今回、昭和好き以外の人には別にどうってことない建物かもしれません(笑)。

ひばりが丘プラザ3
可愛らしい太陽のデザインと、その上の風見鶏?。
1974年築と言う事で、まだ輝いていた昭和期の香りがする。

ひばりが丘プラザ4
1階・2階は飲食店をはじめとする様々な店舗が入っている。

ひばりが丘プラザ5
この案内板も、昭和好きのするデザイン。

ひばりが丘プラザ6
階段には、これまた萌える絵がペイントされている。
可愛らしく、かつノスタルジック。

ひばりが丘プラザ7
トイレの案内板。
この時期はきっと既製品も今ほど多くなく、建物によってオリジナルのデザインを用いていた可能性も高い。
今度トイレのマーク特集しよっかな。

建てられた1970年代はマンションが大衆化され、このクラスの共同住宅が増えていった時期。
この年代の共同住宅から、昭和モダンの欠片を探してみるのも面白いかも。
Category: 多摩地域 > 西東京市  

大きなくすの樹の下で 「珈琲館 くすの樹」

西東京の喫茶店がまたまた登場。
今回は田無より、理想的な喫茶店の一つをお届け。

くすの樹1
こちら「珈琲館 くすの樹」。大きな切妻屋根が北欧の雰囲気。
西東京の喫茶店らしく建物・駐車場も広々。

くすの樹2
看板には“世界のコーヒー”と、コーヒー好きが惹かれるワードが。

くすの樹3
敷地には、店名どおり大きなくすの木がある。
この家の先祖が植えたもので樹齢1000年以上になるという(案内板より)。

くすの樹4
また建物には切妻屋根の棟と続き、煉瓦造りのシャトーがある。
ムーミン谷にありそうな可愛らしいフォルムだ。

くすの樹5
シャトーにも席はあるが、この日は店内を見渡せる2階席へ。

くすの樹6
山小屋風のムーディーな空間。

くすの樹7
高い天井に温かい照明、そして金色のファンが回っている。

看板にもあったがコーヒーのメニューは豊富で、焙煎前に寝かせた蔵出しコーヒーやぷるるん食感の本葛コーヒー等、個性的なこーひーが味わえる。
04-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

«   »

姉妹サイト
プロフィール

kshun10

Author:kshun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
519位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
200位
アクセスランキングを見る>>