東京冒険紀行

東京に的を絞った冒険記。失われつつある追憶の風景・ワンダフルな建築物・愛しの公園キャラ・物語る廃墟・入りにくいけどイイ店・御馬鹿スポットから知られざるディープスポットまで...街で見つけた素晴らしいもの面白いものを独自の視点で紹介!!!

 
Category: 多摩地域 > 東久留米市  

初登場のスターハウス 「ひばりが丘団地」

今回は久しぶりに団地シリーズ。
東久留米市に立地する日本住宅公団の造成した公団住宅。

ひばりが丘団地01
こちら「ひばりが丘団地」。1959年(昭和34年)に航空金属製造所の跡地に造成された。造成当時は日本住宅公団最大の公団住宅で、マンモス団地の走りだった。

ひばりが丘団地02
ただ近年住棟の老朽化が進んだために建て替えが行われていて、冒険紀行的でない風景が広がっている。

ひばりが丘団地03
部分的に「おっ!」と思う物はあるが、期待したほどではない。
後に建設された公団住宅の手本となったと言われる「ひばりが丘団地」だけに、もっと昭和の団地ブームの本質に迫るような取れ高を期待していたのだが。

ひばりが丘団地04
そんな「ひばりが丘団地」にも数少ない見どころがある。全国でも軒並み解体され、今や絶滅危惧種となっているスターハウスである。
当時4棟あった内の1棟のスターハウス(53号棟)が改修・保存されている。

ひばりが丘団地05
スターハウスはレトロ団地の象徴的な建物の一つで、上空から見るとY字型をしている。
複雑な形状であるため多くのコストがかかる上、大量生産に向かないため徐々に衰退していった。

ひばりが丘団地06
現在は管理事務所になっているのだが、日曜だったこの日は休館のため入れず。中央の階段など見たかったんだけど残念。
スターハウスが当ブログに初登場という事を考えれば、まぁ外観だけでも良しとするか。

ひばりが丘団地07
ついでに周辺を歩くと、団地の北側に何とも昭和な商店街が現れた。

ひばりが丘団地08
「ふれあいの通りPiPi」は、おそらく“ひばりが丘”の雲雀がモチーフ。

ひばりが丘団地09

ひばりが丘団地10
ひばりが丘団地の住民御用達(だった)だろう。
現在は人通りもほどんどなく、寂しい通りとなっている。
スポンサーサイト
09-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

«   »

姉妹サイト
プロフィール

kshun10

Author:kshun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
255位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
101位
アクセスランキングを見る>>