東京冒険紀行

東京に的を絞った冒険記。失われつつある追憶の風景・ワンダフルな建築物・愛しの公園キャラ・物語る廃墟・入りにくいけどイイ店・御馬鹿スポットから知られざるディープスポットまで...街で見つけた素晴らしいもの面白いものを独自の視点で紹介!!!

 
Category: 23区 > 品川区  

品川富士で歴史浪漫 「品川神社 後編」

品川神社11
前編の富士塚に続き、後編は本殿とその奥へ。

品川神社12
こちら本殿は、立派だが普通なので解説は割愛。

品川神社13
境内には神楽殿もある。

品川神社14
そして本殿の脇に鳥居が連なっている。
これ、好きなんだよな~。導かれるように奥へ。

品川神社15

品川神社16
すると奥にあったのは「阿那稲荷社」。

品川神社17
内部は赤提灯が灯され、薄暗くて何とも雰囲気ある空間が。

品川神社18
どうやら小さな別の神社が3つ並んでいるようだ。

品川神社19
そして正面でなく傍らに「阿那稲荷社」はあった。

品川神社20
中にはたくさんのキツネ...もといお稲荷さんが集まっている。
富士塚以外にこんな見どころがあったとは。

こちらの神社。
富士塚と、この雰囲気ある「阿那稲荷社」がオススメ。
スポンサーサイト
Category: 23区 > 品川区  

品川富士で歴史浪漫 「品川神社 前編」

東京十社のひとつでもある北品川の「品川神社」。
富士塚(品川富士) が有名な神社である。

品川神社01
最寄り駅は新馬場(しんばんば)駅。
駅前にある「品川神社」は、写真左側の富士塚が通りからも見える。

品川神社02
境内入り口の階段前にある、門柱に龍の細工が施された石鳥居「双龍鳥居」。

品川神社03
正面右側にある「降り龍」。
うう、くだり竜~。

品川神社04
神社への階段。

品川神社05
それでは勿体つけずに、いきなり富士塚にいっちゃいますか。

品川神社06

品川神社07
ちなみにこちら都内最大の、高さ約15mの富士塚。

品川神社08
富士塚自体も高いのだが、神社も高台にあるため結構ヒヤリ!な高さ。

品川神社09
そして頂上からの眺望は壮観。
品川の街を一望でき、海岸線や街並から歴史を垣間見る事ができる。

品川神社10
富士塚の傍にある浅間神社。
こっちは言ってしまえばごく普通。

前半に富士塚を持ってきたって事は、他にも見どころ多しという事!
後編へ→
Category: 23区 > 品川区  

北にはかつての品川在り 「北品川駅周辺 後編」

北品川駅周辺10
前編に続き、北品川の冒険。
手前の北品川と向こうの品川。新旧の品川を一望できるエリア。

北品川駅周辺11

北品川駅周辺12
そこは漁船と屋形船が停泊し、船宿が並んでいる。
品川駅の周辺では見られなくなった、港町の風景。

北品川駅周辺13
この辺りはまだ再開発の手は伸びておらず、古い建物が並んでいる。

北品川駅周辺14
交差点にあった銅板葺きの建物。

北品川駅周辺15
かつては老舗うなぎ屋だったが、現在は建物の古さを生かした「居残り連」として再生。

北品川駅周辺16
「居残り連」の斜向かいに建つ巨大な「都営北品川アパート」。

北品川駅周辺17
見るからに古い佇まいだが、それもそのはず昭和41年築。

北品川駅周辺18
建築当初は集合住宅としてかなり巨大なものだったはずだ。
高層マンションが珍しくない現在の品川においても、かなり目立つその威容。

北品川駅周辺19
こちらは品川宿の北端に位置する八ツ山橋。
1872年(明治5年)に架けられた日本初の跨線橋で、現在は1985年(昭和60年)に架け替えられた4代目の橋。

北品川駅周辺20
橋の袂には、歴史を物語るモニュメントとしてかつての親柱が飾られている。
石柱は2代目の親柱、鉄柱は3代目の親柱である。

品川と言うと、我々も再開発のイメージが強くて今まで候補に挙がらなかった冒険地だが、いやはや捨てたもんじゃない。
ターミナル駅の次の駅には、やっぱり何かがあるもんだね。
Category: 23区 > 品川区  

北にはかつての品川在り 「北品川駅周辺 前編」

品川駅周辺は再開発され、ビルが林立する街並になっている。
ディープな街並を探すなら、断然今回の「北品川駅周辺」である。

北品川駅周辺01
京急線の「北品川駅」。やはり品川駅とは違って駅前ターミナルなど無く、下町の駅っぽい佇まい。
写真右の「珈琲・軽食 この路」が気になるが、この時は残念ながら閉まっていた。

北品川駅周辺02
駅からすぐの場所で発見した理容店「ミッキー」。

北品川駅周辺03
誰もが思わず吹き出してしまうであろう、ステキなネズミのイラスト。
謎の「愛」など、ツッコミどころの多い店である。

北品川駅周辺04
駅東側には商店街「北品川本通商店街」がある。
ここが旧東海道であり、古い建物も多く見られる。

北品川駅周辺05
ただ古い店舗が元気に活躍中!な雰囲気ではない。

北品川駅周辺06
ここで傑作の看板建築を発見。こちら「星野金物店」である。
銅板葺きとスクラッチタイルのツートーンが美しい。

北品川駅周辺07
さらに銅板は亀甲模様を施していたり、窓ガラスにも菱形の装飾が施されていたり。

北品川駅周辺08
入口上には星野金物店と右から左に書かれている。店舗として現役なのも貴重。
まさかこんな看板建築の傑作を発見できるとは。

北品川駅周辺09
路地裏に植物に覆われたオンボロの蔵。
一応現在も倉庫として使われているようだ。

北品川駅周辺10
商店街からもう少し奥へ行くと、かつての運河がある。
向こうに見える品川駅方面の高層ビル地帯との新旧コントラストがハッキリしている。

後編へ→
Category: 23区 > 品川区  

大井町路地裏ブギウギ 「東小路飲食店街」

前回紹介したように、「大井町駅周辺」もかつての姿からだいぶ様変わりしている。

東小路飲食店街01
闇市の雰囲気が最も味わえるのは、こちら「東小路飲食店街」だろう。
かつては駅周辺に広がっていた闇市も、区画整理で残るエリアはここくらい。

東小路飲食店街02
雰囲気はモロに我々好みの闇市由来の昭和の飲み横。
これだよこれ!

東小路飲食店街03
人がすれ違うのがやっとの道幅。
ゴチャゴチャした看板や迫り来る提灯。

東小路飲食店街04
今も人気の飲み屋街とあって、「立石」とかのようにオンボロ感は無い。

東小路飲食店街05
ただ、ちょこちょこある裏路地の怪しさはさすが。
昔の路地裏には、こういった妖怪でも棲んでそうな怪しさがあったものだ。

東小路飲食店街06
安い定食屋等も多く、昼の時間が近づくとオッサン連中を中心に結構賑わっている。
2本の通りが平行してある構造で、どちらの通りも人気店は開店前から列が出来るほどである。

東小路飲食店街07
東小路飲食店街を抜けるとある「平和小路」。エリア的には同一といっていい。
通りは先ほどよりさらに細くなっている。

東小路飲食店街08
こちらには入ってすぐ一際目立つ大きな看板が目にとまる。

東小路飲食店街09
「お食事は大井一 うまい・やすい」という名物店「ブルドック」。
大盛りメニューの人気店で、外観から昭和臭プンプンである。

東小路飲食店街10
古い民家を再利用した新しい飲み屋などもあり、こちらも寂れた様子は無い。
夜になるときっと賑わいそうである。

かなり闇市っぽい雰囲気を留めていてハイレベルな飲食店街。この抗菌されていない雰囲気は駅前とは正反対といっていい。
今後こういったエリアがいつまで、そしてどの位残っていくのだろうか。
04-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

«   »

姉妹サイト
プロフィール

kshun10

Author:kshun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
519位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
200位
アクセスランキングを見る>>