東京冒険紀行

東京に的を絞った冒険記。失われつつある追憶の風景・ワンダフルな建築物・愛しの公園キャラ・物語る廃墟・入りにくいけどイイ店・御馬鹿スポットから知られざるディープスポットまで...街で見つけた素晴らしいもの面白いものを独自の視点で紹介!!!

 
Category: シリーズ物 > 失われた風景  

失われた風景⑧

街の風景は移り変わりが早い。都内では尚の事だが、目まぐるしく変わりゆく風景の中で、失われ忘れ去られる風景。
久々の「失われた風景」シリーズ。今回も大物の建築物が姿を消した。

両国公会堂2
以前、“危うきドームの近代建築”として紹介した「両国公会堂」。
1926年(大正12年)に起きた関東大震災後の復興事業の一環として建てられた物。

両国公会堂3
とてもモダンで歴史的にも貴重な復興事業の建物だったが、

両国公会堂9
あ!無い!

両国公会堂10
なんと、あのモダン建築があっという間に更地になっていた。
せめて最後に内部の一般公開なんかやってくれればなぁ。
全然知らなかったからビックリ。いやぁ残念です。
スポンサーサイト
Category: シリーズ物 > 失われた風景  

失われた風景⑦

街の風景は移り変わりが早い。都内では尚の事だが、目まぐるしく変わりゆく風景の中で、失われ忘れ去られる風景。
滞り気味だったシリーズを消化できた今月、その最後を飾るのは「失われた風景」シリーズ。今回は、レトロ建築好きには有名と思われるスポット。残念ながら全て解体・更地となったので、知ってる人は「あーついにか~」と思うんじゃないかな。

海洋ビルヂング0
まずこちら、銀座の「海洋ビルヂング」。

海洋ビルヂング1
前回の当コーナーで「解体か?」と書いたが、

海洋ビルヂング11
やはり解体され現在は駐車場に。


道玄坂看板建築1
続いて「道玄坂看板建築」。
こちらも解体を待つような寂しい姿を晒しつつ、比較的長く放置されていた。

渋谷看板建築11

渋谷看板建築12
つい先日解体され、こちらも現在駐車場になっている。


隅田川駅11

隅田川駅12
最後に、日本貨物鉄道(JR貨物)の駅「隅田川駅」にあったセメントサイロ。

隅田川駅13
こちらも日比谷線の車窓から見ていて「あっ!」。23区内では珍しいセメントサイロは、いつの間にか更地になっていた。

隅田川駅14
元々跡地活用の事業主が決まり次第、解体という話だったので、進展があったんでしょう。
Category: シリーズ物 > 失われた風景  

失われた風景⑥

街の風景は移り変わりが早い。都内では尚の事だが、目まぐるしく変わりゆく風景の中で、失われ忘れ去られる風景。
今回はあまり知られていないと思われるレトロ建築物を。

両山堂印刷所1
両山堂印刷所
こちらは1915年創業の食品ラベル印刷会社。

両山堂印刷所6
石造りの工場と、和洋折衷の事務所。ステキな建物だったが、

両山堂印刷所11
店舗の部分を残して

両山堂印刷所12
いつの間にか解体されていた。


岩本町3
岩本町」の看板建築
以前、看板建築ストリートとして紹介した軒並び。

岩本町看板建築1
一番左の海老原商店を除いて撤去されてしまった。
立地のいい場所なので、古い建物はさぞ肩身が狭い思いをするんだろうが、いや残念。

岩本町看板建築2
隣の解体によりむき出しになった側面。


海洋ビルヂング0
最後はこちら。「銀座」で紹介した「海洋ビルヂング」。
元々外壁の落下防止にネットが張られていたが、

海洋ビルヂング1
現在内部を撤去中で、窓の中はがらんどう。

海洋ビルヂング2

海洋ビルヂング3
これも解体されるのか、はたまた修復工事なのか。この日だけでは分からなかった。
Category: シリーズ物 > 失われた風景  

失われた風景⑤

街の風景は移り変わりが早い。都内では尚の事だが、目まぐるしく変わりゆく風景の中で、失われ忘れ去られる風景。
今回は、改築・改装されたレトロ建物の特集。補修が必要だった建物から、景気の良さから改築したものまで事情は様々だと思うが、以前に紹介した建物の過去と現在を紹介。

堺屋酒店ビル1
上野の歓楽街「仲町通り」にある、大正末期に建てられた3階建てのビル。“歓楽街に鶴”として紹介した「堺屋酒店ビル」。
ネットが張られていて明らかに要・補修という感じだったが、

堺屋酒店ビル6
こんな風に綺麗に改装されていた。

堺屋酒店ビル7
ディテールはそのままに、外壁タイルにはアレンジを加え、同色のツートーンになっている。
これはこれでいい出来ではないでしょうか。

湯島駅周辺03
こちらは「湯島駅周辺」で紹介した建物。
レリーフで飾られた味のある看板建築だったが、

湯島駅周辺12
残念ながら最近外壁が覆われてしまった。庇も取り去られ完全に住居となったようだ。

北千住-09
こちらは北千住「宿場通り」にある「かどやの槍かけだんご」。
手書きの看板が雰囲気ある平屋の店舗は、

槍かけだんご
なんともご立派な3階建てビルに変わっていた。デデ~ン!
和のコンセプトではあるものの、これは激変である。
Category: シリーズ物 > 失われた風景  

失われた風景④

街の風景は移り変わりが早い。都内では尚の事だが、目まぐるしく変わりゆく風景の中で、失われ忘れ去られる風景。
今回は遂に絶滅した「同潤会アパート」。最後の生き残りだった「上野下アパートメント」。

上野下アパート01
同潤会アパートは、歴史的建築物として取り壊しに際して代官山・青山などでは保存運動も起こった。しかし立地条件が良い場所が多く、老朽化に伴う建物の劣化の著しさなどから保存は困難として、順次建て替えが進められていた。
最後に残っていたのがこの「上野下アパートメント」だった。

上野下アパート03
2月のレポートで、思い切って建物内も冒険しておいて良かった。
あれが本当に最後の姿となってしまった。

上野下アパート11

上野下アパート12
2013年5月、遂に解体作業が着工され、全ての同潤会アパートが姿を消す事となったのである。こちらは工事着工時。

上野下アパート15

上野下アパート14
そして、8月に再訪した際の写真。建物は...消えてしまった...。

同潤会青山アパート
ちなみに、表参道ヒルズにおいて東端の1棟が青山アパートの外観が忠実に再現され、「同潤館」として商業施設の一部となっている。再現ではあるが、同潤会アパートを語り継ぐ数少ない建物である。
07-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

«   »

姉妹サイト
プロフィール

kshun10

Author:kshun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
449位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
165位
アクセスランキングを見る>>