東京冒険紀行

東京に的を絞った冒険記。失われつつある追憶の風景・ワンダフルな建築物・愛しの公園キャラ・物語る廃墟・入りにくいけどイイ店・御馬鹿スポットから知られざるディープスポットまで...街で見つけた素晴らしいもの面白いものを独自の視点で紹介!!!

 
Category: 23区 > 練馬区  

110年目の追憶 「カルーセル・エルドラド」

前回の「としまえん」の紹介に続き、今回は同園を代表する乗り物のひとつ「カルーセル・エルドラド」の紹介。
前編として「としまえん」全体を端的に書いたのも、これの紹介をじっくりしたかったからである。

カルーセルエルドラド01
「カルーセル・エルドラド」。
現存する遊戯機械としては日本最古。世界的に見ても最古級の、実に貴重なメリーゴーラウンドである。

カルーセルエルドラド02
1907年にドイツのミュンヘンにて当時の技術を駆使して製作されたこちら。
2010年7月には日本機械学会によって「機械遺産」として認定された。

カルーセルエルドラド03
これは歴史を物語る一枚。アメリカ合衆国の第26代大統領セオドア・ルーズベルトが、当機に搭乗している写真。

「カルーセル・エルドラド」は、ヨーロッパ各地にて開催されていたカーニバルなどで運営を行ったのち、1911年にアメリカのコニーアイランドに存在した遊園地・スティープルチェイスに寄付された。
その遊園地が閉園する際に廃棄されるところを、寸前で豊島園が買取し1971年にとしまえんで稼動開始となった。

カルーセルエルドラド04
一般的に見られるメリーゴーラウンドは、馬の模型が回転する床の上で上下運動するようになっているが、こちらはただ回転する床の上に馬の模型が設置されているだけ。

カルーセルエルドラド05
また、エレガントなデザインのゴンドラも見どころ。

カルーセルエルドラド06
今ではとても希少価値が高いアール・ヌーヴォー様式でとても有名。
中央のデザインは圧巻である。

カルーセルエルドラド07
独特の世界観は、それだけで一見の価値あり。

カルーセルエルドラド08
周りを囲む街灯?のデザインも面白い。

カルーセルエルドラド09
そして実際に搭乗してみると、模型や装飾に長い年月を感じる。
110年前の人たちと、同じ乗り物に乗っているのだ。
ちなみに修復作業中、乗り物の中からスティープルチェイスの入場券が発見された事もあるという。ロマンだ...。

カルーセルエルドラド10
随所に感じる昭和と、貴重な「カルーセル・エルドラド」。
としまえんにはステキなものがいっぱいです。
スポンサーサイト
Category: 23区 > 練馬区  

消えちゃならねぇ遊園地 「としまえん」

全国の遊園地巡りシリーズ第2弾。前回は日本全国版より「西武園ゆうえんち」をお届けしたが、今回は東京版より同じく西武鉄道系の遊園地。

としまえん01
練馬区にある「としまえん」である。
首都圏有数の規模を誇る遊園地で、個人的には西武園と同様に幾多の思い出がある。

としまえん02
駅から入り口ゲートを入ってすぐ、左手に謎の洋館がある。
やけに迫力があり、お化け屋敷のようなオーラ。

としまえん03
“木馬の会・団体 受付”と書かれているが、元々は何に使われていたのだろうか。

としまえん04
現在、園内にはマリリン・モンローのポスターが至る所に。これは「カルーセル・エルドラド」110周年を記念して今年始まったもの。
そう、今回は「カルーセル・エルドラド」をたっぷり紹介したいので、イレギュラーながら前編に「としまえん散策編」、後編に「カルーセル・エルドラド編」としてお届けする。

としまえん05
遊園地では昔から人気のアトラクションがまだまだ残っていて嬉しい一方、人気なのに無くなってしまったものも。
あの代名詞的ジェットコースター「シャトルループ」が無くなってしまったのはショック。
あと「アフリカ館」!マネキンがブッ倒れてたり腕が取れてたりしたまま運行していた名物アトラクション。あのキッチュな楽しみ方は他ではなかなか味わえない!
知らない人、すいませんね~

としまえん06
あ、「フライングカーペット」が残ってる!
「空飛ぶじゅうたん」をモチーフに唸りを上げて回転するこちら、1992年に点検作業を行っていた従業員が乗り物に挟まれ死亡する事故が発生。撤去されたと思っていたが残っていたとは。ただ現在は運休中。

としまえん07
こちらはもちろん健在、ライドスルー型おばけ屋敷「ミステリーゾーン」。

としまえん08
神社や屋敷、首吊り自殺をしている人形などが並び、名前の割りに完全和テイスト。
人形が動いたりとかのギミックは無いが、妙な不気味さがある。

としまえん09
中学・高校時あたりに仲間とはしゃいだ「アーケードゲーム」のエリア。

としまえん10
昭和テイストがそこかしこに感じられ、あの頃のままなのが嬉しい。

としまえんといえば、遊園地自体に幾度も買収・転用等の話が持ち上がっている。
公園として整備する話や、災害時の避難所として利用する話。何度も「としまえんが無くなっちゃう?」という気がしたが、今のところ営業は継続するようで一安心。是非とも長らく続いてほしいものだ。

さて、次回は「カルーセル・エルドラド」を詳しく紹介。
Category: 23区 > 練馬区  

一人になれる駅前喫茶 「喫茶アンデス」

西武池袋線・大江戸線「練馬駅」の目の前。
電車からも見えるそのビルは、信号が青なら店まで1分かからないのではないか。

喫茶アンデス01
こちら「喫茶アンデス」は、西武池袋線の駅前喫茶の中でも有名どころである。

喫茶アンデス02
アンデスの創業は昭和46年とのこと。
店は2階にあり、階段を上って入る。

喫茶アンデス03

喫茶アンデス04
純喫茶らしく薄暗いが、壁一面の大きな窓から明かりが入るので窓側の席は明るい。

喫茶アンデス05
こちらの大きな特徴がこの本棚だ。
まるで図書館のように天井まで本が並んでいる。

喫茶アンデス06
懐かしい漫画が主だが、雑誌や小説に専門的な書物も有。
それは店側からの「どうぞ長居してください」とのメッセージのよう。

喫茶アンデス07
店内は結構広い。
そして奥の方まで本棚が続いていて驚いた。

喫茶アンデス08
ランプシェードはチラシを電灯に巻いて作ったというオリジナル。
このユニークな発想が昭和的。

喫茶アンデス09
メニューはナポリタンにピザトースト、カレーにクリームソーダ。
割と豊富なフードメニューの中にも、純喫茶にあってほしいメニューはキッチリおさえている所がイイ。

喫茶アンデス10
壁にはロバート・キャパの写真が飾られていたり。
コーヒー1杯で、人目を気にせずゆったりと寛ぎたい。
喫茶店の理想形の1つである。
Category: 23区 > 練馬区  

天を見つめるタコ一匹 「豊玉公園」

練馬区役所の南にある「豊玉公園」。
豊玉公園1
今回はこちらにおわす公園の主、タコ滑り台をフィーチャー。

豊玉公園2
北千住等にあるタコ滑り台とは明らかに違うタコだ。
まず全体のフォルムや表情がよりシュールで大人向けな印象。

豊玉公園3
タコの顔が上を向いていて、口が天に突き出している。
以前雑誌で見た際には青い滑り台だったが、現在は赤がかったピンク。

豊玉公園4
前後、横から滑れるタコならではの滑り台というところは共通している。

豊玉公園5
頭部に近づくと、色がちょうど茹でダコもしくは酢蛸くらいのピンクに見えてくる。

豊玉公園6
頭の内部は結構広く、秘密基地のような趣き。
同じタコ滑り台の「堀切東公園」にある、あのメルヘンオクトパスに近い。

豊玉公園7
ちょいと離れたところにタコの脚があった。
タコの巨大さを表現する演出で、手が込んでいる。

この形のタコ滑り台は、おそらくここだけではないだろうか。
レア種のタコである。
Category: 23区 > 練馬区  

ひょんな処に小さなトロピカル 「ばなな公園」

ばなな公園1
好評の公園シリーズに、またまた個性的なのが届きました。

ばなな公園2
今回の公園は練馬区から。その名も「ばなな公園」。

ばなな公園3
その名の通り、遊具のコンセプトがバナナで統一されている。
メインの遊具は巨大バナナ。

ばなな公園4
別角度から見ると滑り台になっていて、バナナもこちら側は皮がむけている。
なかなか芸が細かい。

ばなな公園5
バナナ遊具に、

ばなな公園6
ベンチもバナナ。

動物モチーフの公園は数あれど、フルーツモチーフはレア。
周辺住民しか知らないような小さな公園だけど、個性的な公園のためならエンヤコラ!
こういうテーマを持った公園がもっと増えればいいのに。
09-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

«   »

姉妹サイト
プロフィール

kshun10

Author:kshun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
255位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
101位
アクセスランキングを見る>>