東京冒険紀行

東京に的を絞った冒険記。失われつつある追憶の風景・ワンダフルな建築物・愛しの公園キャラ・物語る廃墟・入りにくいけどイイ店・御馬鹿スポットから知られざるディープスポットまで...街で見つけた素晴らしいもの面白いものを独自の視点で紹介!!!

 
Category: 23区 > 文京区  

異国情緒の路地裏 「千駄木駅周辺 後編」

前編に引き続き、「ウラ谷根千」の案内。
特に商店街や有名どころの寺院仏閣が無くたって、このエリアは見どころ多いのだ。

千駄木駅周辺11
このあたりの路地は、江戸時代から残っていると言われる。
建物の下町風情とブレンドされて、独特の魅力がある。

千駄木駅周辺12
さらに商店街を避けるようにして奥へ進むと、また魅力的な路地が。

千駄木駅周辺13
色褪せた青いトタンが、まるで異国のような雰囲気を漂わせる路地。

千駄木駅周辺14
路地を進むと、向こうの空に「日暮里駅周辺」の高層ビルが見える。
手前の古ぼけた風景とはまるで別世界。

千駄木駅周辺15
この建物は一体?窓の庇に丸みが付けられていたり。
道の感じも何か歴史がありそうな雰囲気がある。

千駄木駅周辺16
この路地の近くにある建物。
屋上に何か動物がいるぞ。

千駄木駅周辺17
ラ...ラクダ!
ラクダの理由は不明だが、どうやら何かアート作品の工房のようだ。

千駄木駅周辺18
ここから富士見坂を上れば、我々お気に入りの「諏方神社」へと繋がる。
観光ガイドに載ってるような谷根千エリアに飽きたら、この「ウラ谷根千」コースがオススメ!
スポンサーサイト
Category: 23区 > 文京区  

異国情緒の路地裏 「千駄木駅周辺 前編」

今やレトロ街並の代名詞的な存在となった谷根千。江戸時代から昭和初期の物まで、建物のレトロ加減にもバラエティーがあり、レトロ好きにはたまらないエリア。
今回は、商店街や有名どころの寺院仏閣が比較的少ない千駄木駅の路地を特集。いわば「ウラ谷根千」案内。

千駄木駅周辺01
「すずらん通り」から「谷中銀座」にかけて、独特の魅力を放つ路地がある。

千駄木駅周辺02
以前「すずらん通り」は紹介したので、平行したこの路地からスタート。

千駄木駅周辺03

千駄木駅周辺04
北側はかつて下級武士の屋敷があった路地。
今でもどこか風情がある。

千駄木駅周辺05
しばらく進むと、道はさらに細くなる。

千駄木駅周辺06
その先、古い建物に小さな入り口が。

千駄木駅周辺07

千駄木駅周辺08
その入り口を入ると、ヴェネチアのポルティコ(回廊)を髣髴させると言われる路地が。

千駄木駅周辺09
非常に雰囲気のある魅力的な路地裏で、知る人ぞ知る路地。

千駄木駅周辺10
観光ガイドには載らないような、路地の魅力を味わうコース。
後編も、異国情緒の路地が続く。

続き→
Category: 23区 > 文京区  

心に染み入る隠れ家喫茶 「喫茶こゝろ」

東大の本郷キャンパス前を走る本郷通り沿いには、昔ながらの喫茶店が点在している。
当ブログで紹介した店では「喫茶ボンナ」、「喫茶ルオー」など。

喫茶こころ01
その中でも最もディープというか、独自のカラーを漂わせているのがこちら「喫茶こゝろ」だろう。

喫茶こころ02
赤いミカドコーヒーの看板が目印。

喫茶こころ03
コーヒー350円という魅力的な価格設定。
ココアもコゝアと表記するのにもこだわりを感じる。

喫茶こころ04
開業から60年近くになるこの店は、東大闘争も見届けてきたそう。
これはきっと“こころ”に染み入る喫茶店が待っているはずだ。ちなみに店名は夏目漱石の作品名より。

喫茶こころ05
黒いガラス扉には「こころ」と明朝体(もしくは教科書体)で書かれている。
のっけから渋いなぁ。

喫茶こころ06
純喫茶らしい薄暗さに、青と緑のソファーが並んでいる店内。

喫茶こころ07

喫茶こころ08
壁にある出窓のようなショーケースには干支の置物等が置かれ、アットホームなインテリアが郷愁を誘う。

喫茶こころ09
初めて来たのに懐かしい、昭和臭プンプンな雰囲気。あら、いいですね~。
インテリアは絵画も含め、客が持ち込んだ物も多いそう。

喫茶こころ10
この日喫茶店をはしごしていた我々は、コーヒーでなくレモンスカッシュとミルクセーキを注文。
ちなみに置いてある菓子も付いてきたもの。古きよき喫茶店にほっこり。

名物メニューには「ウインナーライス目玉焼き付き」がある。ライスと赤いウインナー、キャベツ炒めの乗ったオリジナルメニュー。
界隈に点在するレトロ喫茶の中でも、ディープな店が好みならこちらがオススメである。
Category: 23区 > 文京区  

アカデミック・ダウンタウン 「東大周辺」

登録有形文化財が並ぶ東大・本郷キャンパス。当然その周辺にも、共に歴史を歩んできた街並があるわけで。
今回は本郷の東大周辺のレトロ建築物の特集。

東大周辺01
いきなり道の向こうに古そうな建物が並んでいる。
中でも左側にある2軒の看板建築が気になる。

東大周辺02
一番左にあったのは3階建ての看板建築。
模様の付いたタイルが貼られ、丸窓が施されている。

東大周辺03
この「棚澤書店」も、レトロ具合が好感触。

東大周辺04
昭和6年開業らしいが、建物は明治38年に建てられたもので有形登録文化財に指定されている。明治中期の商家の風情。

東大周辺05
西洋神殿風の装飾が特徴の「三陽電気商会」。
気になるのは、写真右にある真っ平らの建物と繋がっていること。もしかしたら「三陽電気商会」と同じ装飾が施されていたのではないだろうか。左右が対称の装飾がされていたとしたら、デザインのバランスがしっくり来る。

東大周辺06
その隣りの「南陽堂」。
こちらはシンメトリーの堂々としたデザイン。現在は貸店舗の張り紙がある。

東大周辺07
語学関連の参考書・問題集を多数出版している「株式会社郁文堂」本社。

東大周辺08
いかにも堅牢な造りのこの建物は、元々大正12年に銀行として建築されたものだと聞くと合点がいく。
関東大震災でも損傷無しだったという。

喫茶ルオー1
それから、学生街らしく喫茶店も多い。それも昔ながらの風情ある喫茶店が散在している。こちらは「喫茶ルオー」。

喫茶ボンナ1
他にも純喫茶「こころ」や「ボンナ」など、コアなファン向けの純喫茶が点在。

東大周辺09
そして名前が何ともシャレのきいた「落第横丁通り」。

東大周辺10
こちらも古い建物が残っていて風情がある。

古い建物といえば東大周辺もいいが、やはり東大のキャンパス内が凄い。
今後ゆっくりじっくり回った上で紹介したい。
Category: 23区 > 文京区  

喫茶だけどカレーの名店 「喫茶ルオー」

本郷通りの東大正門近くにある落ち着いた喫茶店。

喫茶ルオー1
こちら「喫茶ルオー」は、かつて近くで画廊喫茶として営業していて、1980年(昭和55年)に現在の場所に移転した。

喫茶ルオー2
店名の由来はフランスの宗教画家ジョルジュ・ルオーから。
看板は画材のパレットがデザインモチーフになっている。

喫茶ルオー3
こっちは...う~ん、いいキャラだ。

喫茶ルオー4

喫茶ルオー5
程よい明るさの店内は、木製のテーブルと椅子で揃えられていて、古さがいい味になっていてオシャレな雰囲気。

喫茶ルオー6
特に椅子は背もたれにコーヒーカップ型にくり抜かれ、何ともキュート。
この椅子は画廊喫茶時代より使われているそう。

喫茶ルオー7
こちらがルオーの名物メニュー「セイロン風カレーライス」。
小麦粉を使った洋風カレーで、カレー評論家を自称する(いや、単にカレー好きなだけか)俺も納得の一品。

喫茶ルオー8
カレーにはセミコーヒーが付く。

カレーは主にカレー専門店で食ってたけど、喫茶店も侮れんなぁ。
大好きなカレーも楽しめる喫茶店。今後も探しちゃおうかな~。
09-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

«   »

姉妹サイト
プロフィール

kshun10

Author:kshun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
255位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
101位
アクセスランキングを見る>>