東京冒険紀行

東京に的を絞った冒険記。失われつつある追憶の風景・ワンダフルな建築物・愛しの公園キャラ・物語る廃墟・入りにくいけどイイ店・御馬鹿スポットから知られざるディープスポットまで...街で見つけた素晴らしいもの面白いものを独自の視点で紹介!!!

 
Category: 23区 > 港区  

宵の口のアーバン公園 「イタリア公園」

東新橋一丁目。高層ビルや高層マンションが林立する立地に、とってもシャレオツな公園あるという。

イタリア公園01
“日本におけるイタリア2001年”を記念して、同国から寄贈された「イタリア公園」。
汐留地区の代表的な公園として憩いの空間になっている。

イタリア公園02
本格的なトスカーナ・ルネッサンス様式のイタリア式庭園の外観で、ハイソかつオシャレな風景。
もちろんイタリア人の設計による。

イタリア公園03
イタリア製の彫刻が、園内に12体置かれている。

イタリア公園04
これらはピエトロサンタ市のマエストロ達により製作された、本場イタリアの彫刻だそう。

イタリア公園05
背後に聳える有機的な超高層マンションが、“都会の公園”感を助長する。

さて今までの写真は、実は以前に昼間に訪れ撮影し眠らせておいた物。
「夜はロマンティックだろうな」
確信した我々は、夜の写真を撮る機会があるまで記事を温存していたのだ。

イタリア公園06
そして先日、念願の夜訪問。
もう入口から期待が高まる。

イタリア公園07
園内は暖かい照明が灯り、イタリア式庭園をセピア色に包み込む。
背後のマンション・ビルの明かりが星空の如く光る。

イタリア公園08
5本のオーダー(柱)も、夜の闇に白く浮かんで違った印象。

イタリア公園09
イタリア式庭園の特徴である軸線(ビスタ)の中心にある噴水。
噴水前にはベンチが二基あり、景色を眺めながら休憩できるようになっている。
泉という名の彫刻から流れる水の音は、まさに東京砂漠のオアシスだ。

イタリア公園10
首都高速都心環状線とモノレールに挟まれ、超高層ビルに囲われた立地。
その中において、こんなにロマンティックな気分になれる公園がある。
スポンサーサイト
Category: 23区 > 港区  

ビジネス街の炭鉱トンネル 「港町架道橋」

東京都港区海岸1丁目、浜松町駅から徒歩3分程度の場所。

港町架道橋01
ガード下に小さく怪しげな入口がポッカリと口を開けている。
こちらはJR各線の線路下を潜る歩行者用通路。

港町架道橋02
一歩足を踏み入れると、そこには驚きの別世界が待っている。

港町架道橋03
その風景は、さながら炭鉱の地下トンネルのようで、「足尾銅山」を思い起こさせる。
都内のビジネス街に、こんな場所が存在するとは。

港町架道橋04
このオレンジ色のライトがポイント高い。
渇いたようなオレンジが、辺りをセピア色に染める。

港町架道橋05
通路内の掲示板を見ると、どうやら「港町架道橋」というらしい。

港町架道橋06
反対側から見ると、また違った眺めになる。
通路の補強は途中までになっている。

港町架道橋07
こちらは海側の入り口。

港町架道橋08
こっちの入り口の方が大きく、これまた雰囲気が違う。

港町架道橋09
入り口に落書きがあり、これまた怪しさをプラス。

港町架道橋10
ここが都内有数のビジネス街とは忘れてしまう、炭鉱風の別世界。
やはりロケ地としても知られていて、テレビドラマ等に登場するようだ。
Category: 23区 > 港区  

男の子の夢が詰まったロボ公園 「さくら坂公園」

六本木ヒルズの南端に位置する「さくら坂公園」。
さくら坂公園01
セレブ感溢れる住宅街に面していて、周囲にはタワーマンションが聳え立つ立地。

さくら坂公園02
たくさんの特徴を持つこの公園。
とにかく男の子が好きそうな要素に溢れている。

さくら坂公園03
まずメインの遊具、たくさんのカラフル滑り台である。

さくら坂公園04
螺旋すべり台、波状すべり台、チューブすべり台。種類もカラーも豊富にズラリ並ぶ。
滑り台好きには夢のような光景である。

さくら坂公園05
螺旋すべり台の上にはブリキのおもちゃから着想を得たロボット型の公園キャラ。

さくら坂公園06
このロボットキャラは公園にたくさん隠れている。
スプリング遊具のロボはカラーも顔も一体ずつ違う。

さくら坂公園07
パーゴラの上にもロボット。

さくら坂公園08
極めつけは、トーテムポールのように聳え立つロボット型の塔。

さくら坂公園09
かつて子供だった大人の人たちにも楽しんでもらいたいというメッセージが込められているそう。
これに使う分のロボを、もう少し公園内に散りばめた方が良かったような気もするが。

さくら坂公園10
そしてこの公園は、乃木大将生誕の地だそうで。
六本木ヒルズに向かって高台に位置し、眺めのいい場所である。
Category: 23区 > 港区  

これぞ喫茶のナポリタン 「ティーサロン ポワ」

カトレア」、「純喫茶フジ」に続き、またまた「ニュー新橋ビル」から魅力的な喫茶店をお届け。

ティーサロンポワ1
こちら二階にある「ティーサロン ポワ」。

ティーサロンポワ2

ティーサロンポワ3
オヤジビルに似つかわしくない、ポップで可愛らしい看板や行灯。
いやいや、オッサンだってカワイイ人もいるよね(笑)

ティーサロンポワ4
店内は80席ほどと広々。
常連客が多い店だが、これなら初めての客も居づらくない。

ティーサロンポワ5
味のある木製の壁面と大理石。

ティーサロンポワ6
印象的な吊り下げ型ランプ。

ティーサロンポワ7
柔らかい間接照明が効果的に使われている。

ティーサロンポワ8
こちらの名物メニューはこのナポリタン。
玉ねぎ、ピーマン、ハム、マッシュルームという王道の内容。適度に炒めてあるのもいい。
常連客には大盛りを注文する人も多いといい、味の良さもお墨付き。

これぞ喫茶店のナポリタンといった感じの名物があるレトロ喫茶。
ニュー新橋ビルには、いい喫茶店が揃ってるなぁ。
Category: 23区 > 港区  

青き富士に見守られ 「純喫茶フジ」

以前の「カトレア」に続き、オッサンの牙城「ニュー新橋ビル」より、またまた萌える喫茶店を紹介。
なんせこのビル、カオスっぷりが大好きなんだけど存続の危機に瀕しているってんだから、最近ちょくちょく通ってます。

純喫茶フジ01
今回紹介する「純喫茶フジ」は、地下飲食店街の顔的存在。
ビルの開業と同年の昭和46年にオープン。

純喫茶フジ02
電飾看板は青地に白文字。
これも富士山をイメージさせるカラーリングだ。

純喫茶フジ03
いいね、サンプル有り。

純喫茶フジ04
店内は約20坪。
広々とした空間で、純喫茶といってもどこかビジネスカラーが漂っている。

純喫茶フジ05
ロウソクを灯した燭台のようなライトで真ん中が仕切られている。

純喫茶フジ06
ゴブラン織り調のソファーと小さなテーブル。

純喫茶フジ07
天井のプチ・シャンデリアと呼びたくなる照明。
ビジネスホテルのロビーとか、こんなんありそう。

純喫茶フジ08
そしてこの店の最大の特徴は、この富士山。
現在は雲海バージョン。オープン時から設置され、数年に一度交換されるという。
4m20cmの特大パネルの富士山が店内を見守っていて、“富士山のある喫茶店”で通っている。

純喫茶フジ09
この日は海老ピラフセット。
サラダ・スープも付いて850円とは良心的。

純喫茶フジ10
コーヒーは食後に持ってきてくれる。
あ、カップ&ソーサーも青と白。オリジナルのロゴも付いている。
11-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

«   »

姉妹サイト
プロフィール

kshun10

Author:kshun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
208位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
78位
アクセスランキングを見る>>