東京冒険紀行

東京に的を絞った冒険記。失われつつある追憶の風景・ワンダフルな建築物・愛しの公園キャラ・物語る廃墟・入りにくいけどイイ店・御馬鹿スポットから知られざるディープスポットまで...街で見つけた素晴らしいもの面白いものを独自の視点で紹介!!!

 
Category: 多摩地域 > 小金井市  

塔屋が目を引く写真館 「常盤台写真館」

江戸時代~昭和初期までに建てられた建造物を移築復元し展示している「江戸東京たてもの園」。
その貴重な建造物を紹介するシリーズの第3弾。

常盤台写真館01
昭和初期にドイツから日本に入ってきた革新的なデザイン。言われてみればどこかドイツっぽい印象。
北西部を塔状にした木造モルタルの建物は、常盤台住宅地の中でも一際モダンだったはずだ。

常盤台写真館02
内部を見ると、1階は日本の木造家屋らしい室内。

常盤台写真館03

常盤台写真館04
外観とは打って変わって着物の人が過ごすにピッタリの雰囲気。

常盤台写真館05
そして仕事場である2階へ。

常盤台写真館06
2階の写場。

常盤台写真館07
北側に大きな摺りガラスをはめている。これは照明設備が発達していなかった当時、ムラのない自然光を取り入れるために考案されたもの。

都内にもわずかに残っている昔ながらの現役写真館。
以前紹介した三ノ輪の「梅沢写真会館」なんかもモダンな現役写真館で貴重だ。
スポンサーサイト
Category: 多摩地域 > 小金井市  

赤と白のモダンな洋館 「デ・ラランデ邸」

江戸時代~昭和初期までに建てられた建造物を移築復元し展示している「江戸東京たてもの園」。
その貴重な建造物を紹介するシリーズの第2弾。

ラランデ邸01
今回は、かつて新宿区信濃町にあった西洋式住宅「デ・ラランデ邸」。
明治時代の学者・北尾次郎が自邸として設計したと伝わる木造平屋建てで、1910年(明治43年)頃にドイツ人建築家ゲオルグ・デ・ラランデの住居となった。

ラランデ邸02
ラランデによって木造3階建てに大規模増築され、元の1階部分も大改造されたと言われている。
この赤白ツートーンの特徴的なカラーリングには、そういう経緯があるわけか。

ラランデ邸03
スレート葺きのマンサード屋根と下見板張りの外壁が特徴。

ラランデ邸04
室内は残された古写真を基にデ・ラランデ居住時(大正期)を想定した復元がなされ、1階にはカフェ「武蔵野茶房」が出店している。

ラランデ邸05

ラランデ邸06
何ともラグジュアリーな1階のインテリア。

ラランデ邸07
暖炉には聖マリアだろうか。装飾が見られ西洋館らしい。

ラランデ邸08
とてもオシャレなランプシェードの照明。
まるで貴婦人のスカートのようなエレガントでモダンなデザイン。

ラランデ邸09
1階のカフェエリア以外は、通常の見学が可能。

ラランデ邸10
カフェエリア以外は比較的質素な印象。
ただ当時の庶民の暮らしと比べると全然質素じゃないんだが。むしろ当時の庶民の暮らしぶりの方が、我々からしたら驚きの連続かもしれない。

紅白のマンサード屋根の洋館。
何とも目立つ派手な洋館は、、1956年(昭和31年)から、カルピス株式会社の創業者三島海雲の住居となった。
その事からこちらのカフェ「武蔵野茶房」ではカルピスもメニューにある。ここでカルピスを飲みながら一服なんてのもオツ。
Category: 多摩地域 > 小金井市  

戦時下に建てたモダン建築 「前川國男邸」

江戸東京博物館の分館として1993年(平成5年)にオープンした「江戸東京たてもの園」。
高い文化的価値がありながら現地保存が困難となった江戸時代~昭和初期までの建造物を移築復元し展示している。

江戸東京たてもの園41
ここの野外博物館としての白眉は、何といっても当時の普通の人々のありふれた暮らしを垣間見れる事。
お屋敷・御殿のような建物の展示は全国に数あれど、農家・下町・郊外の住宅地など、一般的な人々の生活ぶりを丸ごと留めるような展示は貴重である。

以前「江戸東京たてもの園」をまとめて紹介したが、今回再訪したのを機にシリーズとして個別に紹介する事にした。一つ一つがそれだけハイレベルで価値の高いものだと感じたからだ。

前川國男邸01
まず第一回目として「前川國男邸」を紹介。

前川國男邸02
かつて品川区上大崎にあった「前川國男邸」。
大屋根が特徴的な木造の邸宅は1942年(昭和17年)に建てられた。

前川國男邸03
こちらが正面玄関側。
戦時下のため建坪は30坪、物資不足から鉄などの使用禁止、と厳しい制限が多かったにもかかわらず、素晴らしい木造建築である。

前川國男邸04
吹き抜けのサロン。
ガラス格子の窓を持つ開放的な空間。

前川國男邸05
台所から今が見渡せる、現代に通じた造り。
2階は残念ながら見られなかった。

前川國男邸06
こちらは仕事部屋...だったかな?
黒電話にラジオなど、萌えるレトロ家電が。

前川國男邸07
浴室はバスタブとトイレが1部屋の西洋式。

前川國男邸08
寝室にはベッドがあり、なんともモダンに和洋が折衷している。

前川國男といえば当ブログでも「東京文化会館」を紹介したが、あちらも素晴らしい建物だ。
日本の近代建築の発展に尽くした氏の邸宅は、これまたさすがのモダン建築である。
Category: 多摩地域 > 小金井市  

東京レトロ建築選抜 「江戸東京たてもの園 Ⅳ」

前回に引き続き、「江戸東京たてもの園」。
今回は園内の一番奥にあたる「子宝湯」を中心に。

江戸東京たてもの園31
こちらが「子宝湯」。東京の銭湯を代表する宮造りの建物。足立区千住元町にあった銭湯だ。
北千住の方には「大黒湯」や「タカラ湯」など、今も古くからの銭湯が残っているが、内部を撮れる機会はなかなか無い。

江戸東京たてもの園32
昔ながらの、神社仏閣のような大型の唐破風。

江戸東京たてもの園33
こちらは番台。子供の時分から、いつかはここに座ってみたいと思っていたものだ。

江戸東京たてもの園34
銭湯にはつきものの体重計。こりゃアンティーク物だな。

江戸東京たてもの園35
おや、こんなトコにレトロ看板が。
千住にあった銭湯なだけに、リアルに千住の店ばかり。今も残ってる店あったりして。

江戸東京たてもの園36
男湯には、やっぱり富士がよく似合う。

江戸東京たてもの園37
女湯からも、男湯の富士の絵が見えるようになっている。
思ったより仕切りの壁が低くねぇか?俺の身長なら覗けちゃいそうな気が...しなくない。

江戸東京たてもの園38
湯船んトコにもレトロ看板。

江戸東京たてもの園39
「子宝湯」を出ると、隣りにあるのは居酒屋「鍵屋」。
1856年建築で、台東区下谷にあった庶民的な居酒屋で、震災・戦災をまぬがれた建物。

江戸東京たてもの園40
店内は1970年頃の姿に復元してある。

以上。長編だったけど、いかがでしたでしょーか。
冒険紀行で紹介した中にも移築し保存して欲しい建物が多くあるが、やはり莫大な予算をかけて移築復元するだけあって名作揃い。
いわば古き名建築物にとってのノアの箱船であり、レトロ建築物が大好物の我々にとっては見応え抜群の博物館である。
Category: 多摩地域 > 小金井市  

東京レトロ建築選抜 「江戸東京たてもの園 Ⅲ」

前回に引き続き、東ゾーンの昔の商家を紹介。...シャレじゃないよ。

江戸東京たてもの園21
今回のトップ写真は、もう見るからにソソる二軒の並びから。
左は「武居三省堂」、右が「花市生花店」。

江戸東京たてもの園22
まずは「武居三省堂」から。
神田須田町にあった文房具屋で、前面がタイル貼りの看板建築だ。

江戸東京たてもの園23
店内にはいくつもの引き出しがあり、天井にまで商品が置かれている。
このたまらなく風情ある店内は、映画「千と千尋の神隠し」の中に出てくる“釜爺(かまじい)”の部屋のモデルになったそう。あの色んな薬草入れてる引き出し。さっすが目の付けどころがいいね。

江戸東京たてもの園24
続いて神田淡路町にて花屋を営んでいた「花市生花店」。

江戸東京たてもの園25
よく見ると、ファサードの銅板に花屋らしいレリーフが施されていて凝っている。

江戸東京たてもの園26
店内はこんな感じ。素敵な花屋だ。

江戸東京たてもの園27
こちらは江戸川区小岩に建てられていた「川野商店」。出桁造りの和傘製造問屋。

江戸東京たてもの園28
こちらも出桁造りの商家「小寺醤油店」。現在の港区白金で醤油、日本酒、味噌を売っていた。

江戸東京たてもの園29
店内は昭和30年代後半の状況を再現している。

江戸東京たてもの園41
「万徳旅館」は青梅市の青梅街道沿いにあった旅館。江戸時代末期〜明治時代初期の創建当初の様子を復元している。

いや〜博物館でこんなに長く書くつもりなかったんだけどな。
続きは、東京の銭湯を代表する宮造りの「子宝湯」を中心に。
続き→
04-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

«   »

姉妹サイト
プロフィール

kshun10

Author:kshun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
519位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
200位
アクセスランキングを見る>>