東京冒険紀行

東京に的を絞った冒険記。失われつつある追憶の風景・ワンダフルな建築物・愛しの公園キャラ・物語る廃墟・入りにくいけどイイ店・御馬鹿スポットから知られざるディープスポットまで...街で見つけた素晴らしいもの面白いものを独自の視点で紹介!!!

 
Category: 23区 > 渋谷区  

とってもガーリー不思議の国 「舞踏の国のアリス」

さて、今回は去年の「KAWAII MONSTER CAFE」に続き、男くさい冒険紀行にそぐわないキュートでファンタジックな冒険。

舞踏の国のアリス01
こちら渋谷の「舞踏の国のアリス」という店。

舞踏の国のアリス02
“不思議の国のアリス”がテーマのコンセプトレストラン。ゴスロリファッションのスタッフが迎える、メイド喫茶の派生といったところか。
こういう店に入るの自体、我々にとっては冒険です(笑)

舞踏の国のアリス03
店は地下にあり、大事な演出部である階段アプローチ。
ファンタジーの世界へ誘うムードはバッチリ。

舞踏の国のアリス04
階段を下りきったら、ハートのエースの兵隊が待ち受けていた。

舞踏の国のアリス05
外からのチェッカーフラッグの階段は店内まで続いている。
そして漂うメルヘンチックな雰囲気。

舞踏の国のアリス06
階段から店内を眺めると、メリーゴーランドのような大きな屋根を載せた円形席が中央に配されている。
BGMもアリスの映画の曲が流れ続けている。

舞踏の国のアリス07
壁には鏡の中にアリスの国のキャラクター。

舞踏の国のアリス08
かわいいゴスロリ店員ちゃんが持ってきてくれたメニュー。
おとぎの国の時計が付いた金色のメニューである。

舞踏の国のアリス09
オリジナルカクテル。
「アリスの舞踏会」、「チャシャ猫のいたずら道案内」、「ウサギさん待って!!」など、物語にちなんだ物。

舞踏の国のアリス10
こちらはコースメニューとは別に注文したパフェ。
何とも可愛らしくデコってある。

「KAWAII MONSTER CAFE」に比べても、よりキュートでガーリーな店。
乙女が喜ぶメルヘン異空間でございましたわよ。
スポンサーサイト
Category: 23区 > 渋谷区  

青文字系ファンシー異空間 「KAWAII MONSTER CAFE 後編」

KAWAII MONSTER CAFE06
「原宿カワイイ文化」 を世界に発信するコンセプトレストラン「KAWAII MONSTER CAFE」。
前編に引き続き、圧倒的な異空間を紹介。

KAWAII MONSTER CAFE11
さて、期待のメニューが運ばれてきた。
まずは挨拶代わり。カラフルな五色のソースが添えられたフライドポテト。

KAWAII MONSTER CAFE12
こちらはソースだけでなく、麺までカラフルになっている「カラフルレインボーパスタ(ペインター)」。
七色パスタに五色のソース。ホンキートンキークレイジー。

KAWAII MONSTER CAFE13
「カラフルポイズンCAKE」。こちらはハーフサイズ。
ここまできたら、そうこなくっちゃ!なクレイジーカラーである。

KAWAII MONSTER CAFE14
これもカラフルな「カラフルポイズンパフェ・エクストリーム」。
食べると舌までカラフルになるぜベイベー。

KAWAII MONSTER CAFE15
さて、前編で紹介しきれなかった他のエリアも紹介。
こんなポップでキッチュなロックっぽいエリアもあった。キュートなキスマークに囲まれ、照明までキスマーク。

KAWAII MONSTER CAFE16
こちらは「MUSHROOM DISCO」の奥の方。

KAWAII MONSTER CAFE17
宇宙植物に囲まれ、巨大ケーキの周辺に比べると奥まっていて話しやすいエリア。

KAWAII MONSTER CAFE18
妖しい光を放つバーカウンター「Bar Experiment」。

KAWAII MONSTER CAFE19
大小のクラゲに囲まれたバーエリアで、クラゲたちは頻繁に放つ光の色を変える。

KAWAII MONSTER CAFE20
ハイテンションで楽しんで、頭クラクラする前に退散(っと言っても我々、気付いたら2時間くらい居た)。
出口ではチョっピーがお礼を言っている。

カラフルでドラッキーな店内。そしてまたカラフルなメニュー。
キワモノレストランみたいなイメージで拒絶反応を起こす人も多そうだが、スタッフやモンスターキャラも丁寧な接客だし、見た目に反してメニューも旨いし、何にしてもここまで“イキきった世界”は単純に刺激になるぜ!!!
Category: 23区 > 渋谷区  

青文字系ファンシー異空間 「KAWAII MONSTER CAFE 前編」

我々冒険隊にとってのカフェ巡りとは、休息や憩いの時間だけでなく、カフェの店内に広がる“昭和の空気”を探す旅でもある。
しかし今回紹介するカフェは、これまで紹介してきた古臭くて濃密なレトロ喫茶や純喫茶とは一線を画す。
いや、むしろ正反対と言っても過言ではない“扉の中の異空間”である。

KAWAII MONSTER CAFE01
それがこちら、2015年8月1日に原宿にオープンした「KAWAII MONSTER CAFE」。
「原宿カワイイ文化」 を世界に発信するコンセプトレストランなのである。

KAWAII MONSTER CAFE02
プロデュースしている増田セバスチャンという人。
きゃりーぱみゅぱみゅの演出や美術を担当してる人と聞けば合点がいく。

「こんな場所を冒険地とするなんて、どうした冒険紀行!」なんて声も聞こえてきそうだが、我々は何も定点観測的にレトロ喫茶を巡っているわけではない。こういった“イキきった世界”はむしろ好物なのである。
今回は変化球な冒険地としてお楽しみいただきたい!

KAWAII MONSTER CAFE03
コンセプトは“モンスターのおなかの中へ”。ではでは、モンスターに喰われて内部へ潜入!
店内にはイメージキャラクターMr. Ten thousand chopsticks(チョッピー)の舌の上を通って入る。

KAWAII MONSTER CAFE04
臓器を髣髴させる通路や各エリアへの入り口。

KAWAII MONSTER CAFE05
そこもグロではなく、あくまで“カワイイ”で。

KAWAII MONSTER CAFE06
すると現れるのは、グルグル回るケーキ型メリーゴーランド「SWEETS GO ROUND」。
敷地の中央に位置し、廻るケーキは各エリアから見えるようになっている。

KAWAII MONSTER CAFE07
客席は「MUSHROOM DISCO」、「MILK STAND」、「Bar Experiment」、「Mel-Tea ROOM」という4つのゾーンがある。
こちらはカラフルなキノコに囲まれた「MUSHROOM DISCO」。

KAWAII MONSTER CAFE08
毒々しい巨大キノコと宇宙植物の森をイメージしたという、極彩色で刺激的に彩られた世界。
完全に異世界へ迷い込んだ気分になる。

KAWAII MONSTER CAFE09
わざわざ予約してきた我々だが、当然よく分からないのでオススメの部屋でお願いし「MILK STAND」へ。
ユニコーンやウサギが頭上でミルクを飲んでいるドラッキーなエリア。

KAWAII MONSTER CAFE10
たくさんの哺乳瓶ライトが下がっている場所もある。このクレイジー感はいいね!
これも「MILK STAND」のエリア。

後編では、カラフルなメニューと他のエリアを回る!
続き→
Category: 23区 > 渋谷区  

三角形にストライプ 「ワタリウム美術館」

ワタリウム美術館1
今回は渋谷区神宮前に点在するワンダフル建築の一つ。
大通りの交差点に佇む、存在感ある異形の建物。

ワタリウム美術館2
コンテンポラリーアートを多く展示する私設美術館、「ワタリウム美術館」である。正面から見ると複雑な構造が伝わりやすい。
壁面には楽しげな顔写真が貼られていて建物の魅力がブレるが、建物に目をやると白に黒のストライプ、中央にはスリットが施されている。
建築はスイスの建築家マリオ・ボッタによる設計。1990年9月開館。

ワタリウム美術館3
屋上の円柱型塔屋には丸い穴が並ぶ。

ワタリウム美術館4
建物には美術館の他に、書店や住居なども入っている。

ワタリウム美術館5
三角形の敷地を存分に生かしたエッジーなデザイン。階段側は鋭角な敷地を強調するような形状。
開口部が交互になっているという、これまた凝ったデザイン。

ワタリウム美術館6
逆側にも三角形デザイン。

ワタリウム美術館7
下から覗き込むと、三角形の開口部がこれまたワンダフル空間。
Category: 23区 > 渋谷区  

渋谷にも戦後の飲み横 「渋谷のんべい横丁」

宮益方面ビックカメラの裏手の線路沿いに、かつての渋谷の雰囲気を保ったままのエリアがある。

渋谷のんべい横丁01
こちらが「渋谷のんべい横丁」。
戦後に他所にあった屋台が移転してきたのが成り立ちという。

渋谷のんべい横丁02

渋谷のんべい横丁03
提灯の下がったアーケードと、その後ろに垂れ下がる柳の葉。
小規模な呑み屋・小料理屋が並び、やはり下町の飲み屋街の雰囲気。

渋谷のんべい横丁04
さらに路地裏へ歩を進めると、雰囲気はさらにディープになって来る。

渋谷のんべい横丁05
飛び出した看板、垂れ下がる赤提灯。
我々の大好物が、渋谷の街に残っていたとは。

渋谷のんべい横丁07
裏手にある自転車駐輪場からは、横丁の裏側が見える。
何とも戦後の昭和な雰囲気を漂わせる建物の裏側の佇まいである。

渋谷のんべい横丁06
昨今イメージする「渋谷」という響きとはかけ離れたような空間。
魅力的なこの横丁は、やはり夜に訪れなければ。近々、夜の冒険決定!
04-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

«   »

姉妹サイト
プロフィール

kshun10

Author:kshun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
519位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
200位
アクセスランキングを見る>>