東京冒険紀行

東京に的を絞った冒険記。失われつつある追憶の風景・ワンダフルな建築物・愛しの公園キャラ・物語る廃墟・入りにくいけどイイ店・御馬鹿スポットから知られざるディープスポットまで...街で見つけた素晴らしいもの面白いものを独自の視点で紹介!!!

 
Category: 23区 > 港区  

青き富士に見守られ 「純喫茶フジ」

以前の「カトレア」に続き、オッサンの牙城「ニュー新橋ビル」より、またまた萌える喫茶店を紹介。
なんせこのビル、カオスっぷりが大好きなんだけど存続の危機に瀕しているってんだから、最近ちょくちょく通ってます。

純喫茶フジ01
今回紹介する「純喫茶フジ」は、地下飲食店街の顔的存在。
ビルの開業と同年の昭和46年にオープン。

純喫茶フジ02
電飾看板は青地に白文字。
これも富士山をイメージさせるカラーリングだ。

純喫茶フジ03
いいね、サンプル有り。

純喫茶フジ04
店内は約20坪。
広々とした空間で、純喫茶といってもどこかビジネスカラーが漂っている。

純喫茶フジ05
ロウソクを灯した燭台のようなライトで真ん中が仕切られている。

純喫茶フジ06
ゴブラン織り調のソファーと小さなテーブル。

純喫茶フジ07
天井のプチ・シャンデリアと呼びたくなる照明。
ビジネスホテルのロビーとか、こんなんありそう。

純喫茶フジ08
そしてこの店の最大の特徴は、この富士山。
現在は雲海バージョン。オープン時から設置され、数年に一度交換されるという。
4m20cmの特大パネルの富士山が店内を見守っていて、“富士山のある喫茶店”で通っている。

純喫茶フジ09
この日は海老ピラフセット。
サラダ・スープも付いて850円とは良心的。

純喫茶フジ10
コーヒーは食後に持ってきてくれる。
あ、カップ&ソーサーも青と白。オリジナルのロゴも付いている。
スポンサーサイト
Category: 23区 > 千代田区  

都心に静かな文人の宿 「山の上ホテル 後編」

前編に続き、「山の上ホテル」を紹介。
設計したウィリアム・メレル・ヴォーリズは、「大丸心斎橋店本館」を訪れて以来ファンである。

山の上ホテル11
こちらも待合室だが、喫茶スペースになっていてコーヒーなどを注文できる。

山の上ホテル12
クラシカルな大時計。

山の上ホテル13
陶器のコレクションも飾られていた。

山の上ホテル14
こちらが注文したコーヒー。
一人ずつ、違うカップ&ソーサーで提供された。

山の上ホテル15
こちらはミルクティー。エレガントですなぁ。

山の上ホテル18
ホテルには、バーや喫茶店(パーラー)などもある。
こちらはサボテン型の案内板。

山の上ホテル19
裏手の階段は、正面とはまた違う雰囲気。

山の上ホテル20
かつて出版社の密集していた神田に近いところから、作家の滞在に多く使われた。
川端康成、三島由紀夫、池波正太郎、伊集院静らの作家の定宿としても知られている。
Category: 23区 > 千代田区  

都心に静かな文人の宿 「山の上ホテル 前編」

久しぶりの東京クラシックホテルの紹介。
神田駿河台にあるクラシックホテル「山の上ホテル」。

山の上ホテル01
1936年(昭和11年)、アメリカ出身の建築家ウィリアム・メレル・ヴォーリズの設計により「佐藤新興生活館」として完成。
帝国海軍に徴用、戦後はGHQに接収されて陸軍婦人部隊の宿舎として用いられていたという。

山の上ホテル02

山の上ホテル03
ホテルとしての開業は1954年(昭和29年)、GHQの接収解除を機に創業。
GHQ接収時代にアメリカの女性兵士の間で建物の愛称になっていた「Hilltop」を、「丘の上」でなく敢えて「山の上」と意訳したことがホテル名の起源となった。

山の上ホテル04
さて、それではお邪魔してみましょう。

山の上ホテル05
入り口横には「政府登録 国際観光ホテル」と誇らしげなプレート。

山の上ホテル06

山の上ホテル07
ヴォーリズといえば、日本全国冒険紀行で紹介した「大丸心斎橋店本館」の建築家。
建物はアール・デコ調のクラシカルな内外装を残している。

山の上ホテル08
待合室は黒いソファが置かれ、落ち着いた雰囲気。

山の上ホテル09
何ともエレガントなシャンデリアである。

山の上ホテル10
窓際にはLisa Larson(リサラーソン)のライオンが置かれ、キュートなアクセントに。

後編へ→
Category: 23区 > 渋谷区  

とってもガーリー不思議の国 「舞踏の国のアリス」

さて、今回は去年の「KAWAII MONSTER CAFE」に続き、男くさい冒険紀行にそぐわないキュートでファンタジックな冒険。

舞踏の国のアリス01
こちら渋谷の「舞踏の国のアリス」という店。

舞踏の国のアリス02
“不思議の国のアリス”がテーマのコンセプトレストラン。ゴスロリファッションのスタッフが迎える、メイド喫茶の派生といったところか。
こういう店に入るの自体、我々にとっては冒険です(笑)

舞踏の国のアリス03
店は地下にあり、大事な演出部である階段アプローチ。
ファンタジーの世界へ誘うムードはバッチリ。

舞踏の国のアリス04
階段を下りきったら、ハートのエースの兵隊が待ち受けていた。

舞踏の国のアリス05
外からのチェッカーフラッグの階段は店内まで続いている。
そして漂うメルヘンチックな雰囲気。

舞踏の国のアリス06
階段から店内を眺めると、メリーゴーランドのような大きな屋根を載せた円形席が中央に配されている。
BGMもアリスの映画の曲が流れ続けている。

舞踏の国のアリス07
壁には鏡の中にアリスの国のキャラクター。

舞踏の国のアリス08
かわいいゴスロリ店員ちゃんが持ってきてくれたメニュー。
おとぎの国の時計が付いた金色のメニューである。

舞踏の国のアリス09
オリジナルカクテル。
「アリスの舞踏会」、「チャシャ猫のいたずら道案内」、「ウサギさん待って!!」など、物語にちなんだ物。

舞踏の国のアリス10
こちらはコースメニューとは別に注文したパフェ。
何とも可愛らしくデコってある。

「KAWAII MONSTER CAFE」に比べても、よりキュートでガーリーな店。
乙女が喜ぶメルヘン異空間でございましたわよ。
Category: 23区 > 中央区  

回転扉の向こう側 「トリコロール本店」

銀座で蔦の絡まった建物といえば、昨年暮れに閉店した「Bar ボルドー」と、こちらくらいなもの。

トリコロール01
こちら「トリコロール本店」は、1936年(昭和11年)に銀座に創業。
当時のモダンさを今に伝える店、昨今さらに銀座で少なくなってしまった。

トリコロール02
こちらの大きな特徴は、入り口が回転扉になっている。
これはアガる。

トリコロール03
店内はレンガと木製家具で、これまたモダン。

トリコロール04

トリコロール05
シャンデリアに暖炉。クラシックなインテリアに囲まれ、レトロでオシャレ。

トリコロール06
特に暖炉はいいね。
さすがに現役では使っていないようだが。

トリコロール07
味わい深いレンガの壁は、古びていて味わいがある。

トリコロール08
これが創業当時モノなのか、経年加工なのかは不明。

トリコロール09
さて肝心のメニューだが、ネルドリップで淹れた「アンティーク ブレンドコーヒー」は880円と銀座価格。

トリコロール10
生絞り感たっぷりの「オレンジジュース」は1200円。
ソーサーにグラスを載せた独特のスタイル。

メニューの値段は高めだが、モダンでクラシックな雰囲気は抜群。
スーツでバッチリ決めて訪れたい喫茶店である。
02-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

«   »

姉妹サイト
プロフィール

kshun10

Author:kshun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
489位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
199位
アクセスランキングを見る>>