東京冒険紀行

東京に的を絞った冒険記。失われつつある追憶の風景・ワンダフルな建築物・愛しの公園キャラ・物語る廃墟・入りにくいけどイイ店・御馬鹿スポットから知られざるディープスポットまで...街で見つけた素晴らしいもの面白いものを独自の視点で紹介!!!

 
Category: 23区 > 中央区  

回転扉の向こう側 「トリコロール本店」

銀座で蔦の絡まった建物といえば、昨年暮れに閉店した「Bar ボルドー」と、こちらくらいなもの。

トリコロール01
こちら「トリコロール本店」は、1936年(昭和11年)に銀座に創業。
当時のモダンさを今に伝える店、昨今さらに銀座で少なくなってしまった。

トリコロール02
こちらの大きな特徴は、入り口が回転扉になっている。
これはアガる。

トリコロール03
店内はレンガと木製家具で、これまたモダン。

トリコロール04

トリコロール05
シャンデリアに暖炉。クラシックなインテリアに囲まれ、レトロでオシャレ。

トリコロール06
特に暖炉はいいね。
さすがに現役では使っていないようだが。

トリコロール07
味わい深いレンガの壁は、古びていて味わいがある。

トリコロール08
これが創業当時モノなのか、経年加工なのかは不明。

トリコロール09
さて肝心のメニューだが、ネルドリップで淹れた「アンティーク ブレンドコーヒー」は880円と銀座価格。

トリコロール10
生絞り感たっぷりの「オレンジジュース」は1200円。
ソーサーにグラスを載せた独特のスタイル。

メニューの値段は高めだが、モダンでクラシックな雰囲気は抜群。
スーツでバッチリ決めて訪れたい喫茶店である。
スポンサーサイト
Category: 23区 > 新宿区  

新都心で異彩を放つ三角塔 「新宿住友ビル 後編」

新宿住友ビル01
前編に続き、新都心の三角ビル「新宿住友ビル」の冒険。

新宿住友ビル11
三角ビルなだけに、フロアには通常のビルではありえない不思議な視界が広がる。

新宿住友ビル12
三角の角にはそれぞれ管制塔みたいなものが付いている。
これもまたレトロスペーシーな雰囲気を助長する。

新宿住友ビル13
前述の通り中央部が吹き抜けの構造。つまり周辺部のみのフロアとなっている。
上層階から下を覗く。すると1階から見上げた美しい光景とは打って変わって、冷たく吸い込まれそうな不気味な光景が。
アニメ『未来少年コナン』に登場するインダストリアの三角塔を彷彿させる。

新宿住友ビル14
フロアにある避難経路の案内。
なるほど確かに正三角形のようだが、正確には三角形の頂点を削った平行六角形なんだな。

新宿住友ビル15
階段は、あっと驚く朱色の壁。
無味乾燥な最新型のビルと違って、色々仕掛けが施されてて面白い。

新宿住友ビル16
前編で登場したスペーシーな照明が固まってるエリアも。

新宿住友ビル17
お、展望ロビーがあったぞ。

新宿住友ビル18
眩しい日差しを浴びた三角塔から都心を見下ろす。

新宿住友ビル19
澄んだ冬の空が、都心の向こうの山々まで見せてくれる。

こちらのビル。特徴的な外観からかフィクションでの登場も多い。
『ウルトラマンレオ』では破壊・爆発させられ、映画『ゴジラ』でもゴジラにぶっ壊され。
また、大長編ドラえもん『のび太と鉄人兵団』では鏡面世界でしずかがザンダグロスの攻撃ボタンを誤って押してビルを破壊。その被害にあったのもこのビルだそうだ。
なぜかフィクションでは憂き目にあっている。
Category: 23区 > 新宿区  

新都心で異彩を放つ三角塔 「新宿住友ビル 前編」

今回の冒険は、新宿新都心の一角にある超高層ビル、「新宿住友ビルディング」。
新宿高層ビル街の草分け的存在である。

新宿住友ビル01
外観が正三角形に見える特徴的な構造で、三角ビルとも呼ばれる。

新宿住友ビル02
入り口すぐのエントランス。大きな吹き抜けに、エレベーターホールなどの天井も高い。

新宿住友ビル03
エスカレーターもどことなく近未来的な雰囲気が漂う。

新宿住友ビル04
そして大きな見どころ。エントランスから見上げると、中央部が吹きぬけなのである。

新宿住友ビル05
上に向かって青いグラデーションになっていて、宝石のような美しい光景が。

新宿住友ビル06
さて、早速エレベーターで地上200mの展望レストラン街(48階~52階)へ。

新宿住友ビル07
ミラーになっている階数サインがスペーシー。

新宿住友ビル08
さらに照明もスペーシーでモダン。

新宿住友ビル09
上層階の世界を意識して、宇宙的な別世界を演出したのだろうか。

続き→
Category: 23区 > 台東区  

今宵は蟲を喰らう!! 「故郷味」

皆さん、あけましておめでとうございます。
2017年を占う大事な1発目の記事は、チャレンジ料理ジャンルに該当するであろう上野の店より。

故郷味01
こちら中国東北地方の郷土料理の店「故郷味(フルサトアジ)」。
漢方たっぷりの薬膳料理やスパイシーな四川料理がウリ。

故郷味02
この日は心強いことに中国人の冒険メンバーと共に来店。
現地の言葉でやり取りしてもらって、我々日本人が驚くような料理を頼んでもらった。

故郷味03
まずは「蚕蛹串」。カイコの串焼き。

故郷味04
これはビジュアルも衝撃的。皮は噛みにくく中身はブヨッ。癖のあるレバーといった感じ。
栄養たっぷりなんだって。

故郷味05
「鶏頭串」。呼んで字の如く、鶏の頭の串焼き。

故郷味06
日本の焼き鳥には無い、頭が4つ刺さった串焼きは、歯でこそげる様にして食らう。

故郷味07
一つ取り出してみると、断面図を見ているようでパンチ効いている。

故郷味08
でもちゃんと平らげましたよ~。

故郷味09
そして我々がメインディッシュに選んだのはこちら「干編蚕蛹」。
カイコと干した唐辛子のパリパリ炒め。

故郷味10
取り分けた画も、これはパンチ効いてるね~。
これを平らげた時点で、一人カイコを10匹は食らったことに気がついた。

虫はたんぱく質豊富らしいから、プロテインなんかよりこっちもいいかも。
いや、でも普段は喰わないだろうけどね...。
Category: 未分類  

2016年振返

いやぁ~もう今年も終わりますね。年々早くなってくる月日の経過に、人生の儚さを知る。そんな心持です。
2016振返1
お気づきの読者諸兄もおられるかと思いますが、今年は何度も記事が滞る事がありました。今までそんな事はなかったのに。
ちょいとエクスキューズさせてください!実は今年途中から休日が格段に減ってしまったのです。冒険に出かける機会が減ってしまったのは言うまでも無く。
それ以外でも色々と環境が変わって、今年は変化の年でした。いや、でもペースは落ちても続けますよ。冒険紀行は!

三角地帯17
さて、減ったとは言いながらも今年も充実した冒険。
まず年明けに行った三軒茶屋「三角地帯」。聖域のごとく残されたタイムスリップエリアに、思わず息を呑んだ。

都営桐ヶ丘団地12
団地シリーズも充実しました。「都営桐ヶ丘団地」の哀愁漂う姿に、団地文化の栄枯盛衰を見た。

KAWAII MONSTER CAFE06
喫茶店シリーズでは、「KAWAII MONSTER CAFE」なんて変り種も。
今話題のみたいなスポットを紹介するのはおそらく初めてだったと思うが、異色ながら面白い記事に。

奥多摩工業氷川工場05
そして「奥多摩工業氷川工場」。駅から見えるその姿には興奮。冒険らしい冒険でした。

前々から行きたかった冒険地に、いくつも行けたのも今年の収穫だった。
さて、来年はどんな年になるのでしょうか。それではみなさん、よいお年を。
01-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

«   »

姉妹サイト
プロフィール

kshun10

Author:kshun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
146位
アクセスランキングを見る>>