FC2ブログ

東京冒険紀行

東京に的を絞った冒険記。失われつつある追憶の風景・ワンダフルな建築物・愛しの公園キャラ・物語る廃墟・入りにくいけどイイ店・御馬鹿スポットから知られざるディープスポットまで...街で見つけた素晴らしいもの面白いものを独自の視点で紹介!!!

 

山手線の灯台下暗し 「大塚駅周辺 前編」

久しぶりに山手線駅の周辺を冒険。
大塚駅の周辺ってのは、まだ紹介してなかったな。

大塚駅周辺01
個人的には山手線の駅の中でも、地方都市のようなローカル感を感じさせる駅前。

大塚駅周辺02
路面電車(都電荒川線)が走り、駅前のビル壁もどことなく古臭い。

大塚駅周辺03
そんな駅前の飲食店が集まっている「サンモール大塚商店街」。

大塚駅周辺04
昭和丸出しの店舗が多く、建物自体はほとんど古いままだ。

大塚駅周辺05
路地の雰囲気も丸っきり昭和。
牧歌的というか、懐かしい味わい。

大塚駅周辺06
また、大塚は味のある喫茶店も点在している。

大塚駅周辺07
一度、大塚界隈の喫茶店巡りもしてみたい。

大塚駅周辺08
古い商店建築は、どこか温泉街のような雰囲気。

大塚駅周辺09
駅前の大型パチンコ店もオリジナリティーを感じる。
こちら「ひょうたん島」。

大塚駅周辺10
フォントからカラーリングまで、昔の豊島区風情って感じだ。

後編へ続く
スポンサーサイト

かつての買い物スポット 「大一ショッピングセンター」

大一ショッピングセンター1
今回のオンボロ商店は練馬区大泉学園町にある「大一ショッピングセンター」。
大泉学園町1丁目なので、略して“大一”なのだろう。

大一ショッピングセンター2
2階部分にオレンジ色で大きく「大一ショッピングセンター」と書かれている。
1階部分は学習塾として再利用されている。

大一ショッピングセンター3
裏側を見ても、階段上の2階部分を見ても、現役ではないようである。
ちなみにこの日は月曜日。

大一ショッピングセンター4
隣には小さな長屋の店舗群があった。
こちらも、どうも...

大一ショッピングセンター5
建物も同じく古い。
おそらくショッピングセンターと共に栄え、共に朽ちたわけである。

緑の豊かな孤島団地 「旭ヶ丘団地」

清瀬市北部の丘の上にある「旭ヶ丘団地」。バス通りの向こうは、もう埼玉県の新座市になる。
旭ヶ丘団地01
最寄り駅も西武池袋線・清瀬駅と武蔵野線・新座駅のほぼ中間で、それぞれ駅から2キロ程ある。

旭ヶ丘団地02
こちらの団地、是枝裕和監督の映画『海よりもまだ深く』のロケ地となった。
なんでも監督が実際青少年時代を過ごした団地だそう。

旭ヶ丘団地03
以前お届けした「滝山団地」も同じく清瀬市の団地で、バスに乗らないと厳しい陸の孤島のような距離感。
団地の佇まいも、どこか共通する部分がある。

旭ヶ丘団地04
映画では屋内で会話するシーンも、この団地が使われたそう。
当然監督の住んでいたトコなので、イメージ通りなワケだ。

旭ヶ丘団地05
団地の萌えポイントの一つ、棟番号のタイル貼り。

旭ヶ丘団地06
団地内の商店街。
残念ながらシャッター街と化している。

旭ヶ丘団地07
構造なんかは埼玉の「松原団地」を思い出す。

旭ヶ丘団地08
現在は店舗がほとんど撤退し、老人ホーム・デイサービス等になっている。

旭ヶ丘団地09
印象的なのが、敷地内の緑の豊かさ。
大きな木々が茂っている。

旭ヶ丘団地10
芝生も綺麗に手入れされている。
人で賑わい子供が溢れていた時は、当然芝生も踏み荒らされて傷だらけだったはず。
ところが人が少なくなると自然は豊かになり、無機質なイメージの団地が美しい眺めになる。

さて、団地の正面にある商店街。実は今回こちらを目的としていったのだが、調べてみると道を挟んで商店街は新座市だという事が判明。なので日本全国冒険に書きます。
是非こちらも見てみてください。 西武商店街へ→

ホリの深い赤褐色ビル 「東京海上日動ビルディング」

今回は丸の内にある建築物、「東京海上ビルディング」の紹介。
東京海上日動ビルディング1
正確には「東京海上日動ビルディング本館」で、1974年(昭和49年)竣工。
設計はあの前川國男である。

東京海上日動ビルディング2
一見それほど変わったビルには見えないが、周囲のビルに比べカッコ良さがある。
ビルは格子状になっていて、非常に立体感のあるホリの深いデザイン。

東京海上日動ビルディング3
近代建築好きの目を引くのは、やはり赤褐色のレンガカラーだ。
加えて四角が連続するホリの深いファサードが、濃い顔好きの心をくすぐるのだ。

昭和丸出し名ホテル 「シャトーすがも」

新年号・令和元年を記念しての新シリーズ。
昭和ラブホテルトラベル!
日本全国冒険紀行に続き、ラブホテルを新たな冒険ジャンルに!
そもそもラブホテルは、それ自体がとても日本的。プライベート空間の少ない日本だからこそ生まれた文化である。
その中でもシティホテル・ビジネスホテルと大差ないホテルではなく、
趣向を凝らした、コンセプトのある、バブリーで大掛かりでラグジュアリーな、
そんな昭和的なホテルを旅していこうと思う。

巣鴨駅正面口から出てすぐ、線路をまたぐ橋の向こう。
シャトーすがも01
昭和臭プンプンのラブホテル、「シャトーすがも」はある。

シャトーすがも02
フォント、カラーリングからデザインまで、いかにも昭和な看板がいい。

シャトーすがも03
今回選んだのは303号室。
それもわざわざ掃除中だというのを待って入室。理由は後述。

シャトーすがも04
室内は、昭和的な観点で見たバブリーかつラグジュアリーな雰囲気。
70年代から80年代のテイストがいい具合にミックスされている。

シャトーすがも05
照明やインテリアなど、今の基準で見ても結構オシャレ。
ま、あくまでラブホテルとして、ではあるが。

前述の、わざわざこの部屋を選んだ理由とは。
シャトーすがも06
そう、この回転ベッドである。

シャトーすがも07
周りにはムーディーなオレンジ色の照明に囲まれている。

シャトーすがも08
回転ベッドは現役。一番左のスイッチで回転を始める。
意外にも当ブログでは(日本全国版も含め)初登場。

シャトーすがも09
頭上にはステンドグラス風の照明あり。

シャトーすがも10
点けるとムードが一変。
明るすぎるベッドはたちまちステージのごたる~。

“おばあちゃんの原宿”なイメージとは裏腹に、ラブホテルや風俗など夜の産業が充実している巣鴨。
そんな裏巣鴨の古参といえる「シャトーすがも」は、昭和丸出しの名ホテルである。
06-2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

«   »

Search
姉妹サイト
プロフィール

kshun10

Author:kshun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
ブロとも申請フォーム
 
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
141位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
52位
アクセスランキングを見る>>